153エピソード

【一首一会の出会い】毎日一首、四季折々の和歌の朗読と解説をします。八代集を主な出典にしながら古代歌謡の万葉集から江戸や明治の俳句俳諧まで、さらに源氏物語などの古典文学や絵画、芸能と幅広い視野をもって日本の古典文化・文学を楽しく分かりやすく鑑賞しようという企てです。あなたと和歌の素晴らしい出会いになることを願っています。令和和歌所の和歌DJうっちーとろっこがお送りします。(令和和歌所:https://wakadokoro.com/)

「ラジオ和歌マニア♪」毎日一首、古典和歌の朗読と解説をお送りします 令和和歌所

    • 教育

【一首一会の出会い】毎日一首、四季折々の和歌の朗読と解説をします。八代集を主な出典にしながら古代歌謡の万葉集から江戸や明治の俳句俳諧まで、さらに源氏物語などの古典文学や絵画、芸能と幅広い視野をもって日本の古典文化・文学を楽しく分かりやすく鑑賞しようという企てです。あなたと和歌の素晴らしい出会いになることを願っています。令和和歌所の和歌DJうっちーとろっこがお送りします。(令和和歌所:https://wakadokoro.com/)

    『一首一会』(三月三十日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月三十日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月三十日)「桜咲く遠山鳥のしだり尾のながながし日もあかぬいろかな」(後鳥羽院)

    • 2分
    『一首一会』(三月二十九日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十九日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十九日)「ももしきの大宮人はいとまあれや桜かざして今日も暮らしつ」(山部赤人)

    • 2分
    『一首一会』(三月二十八日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十八日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十八日) 「別れをば山の桜にまかせてむ留む留めじは花のまにまに」(幽仙)

    • 2分
    『一首一会』(三月二十七日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十七日)古典和歌の朗読と解説

    「山もとの鳥の声々あけそめて花もむらむら色ぞみえゆく」(永福門院)

    • 2分
    『一首一会』(三月二十六日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十六日)古典和歌の朗読と解説

    「吉野山梢の花を見し日より心は身にもそはずなりにき」(西行)

    • 2分
    『一首一会』(三月二十五日)古典和歌の朗読と解説

    『一首一会』(三月二十五日)古典和歌の朗読と解説

    「山桜咲きそめしよりひさかたの雲井にみゆる滝の白糸」(源俊頼)

    • 2分

カスタマーレビュー

uzutori

楽しいです

内田さんの軽快な語り口が聴きやすく、楽しい番組です。国語の教科書に載ってるような有名な和歌もちょくちょく登場するので、いい入門になります。

教育のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています