84本のエピソード

この子らしい育ち方とは? 自分らしい母親像とは? 我が家らしい子育てとは? さまざまな価値観に触れることは、今しかないコドモとの時間をより良く楽しく豊かに そして、時には疑問や迷いから抜け出すためのヒントになるはず。「コドモノ ハナシ、」は、考え、探し、語り続ける、音声マガジンです。
Instagram https://www.instagram.com/kodomono_hanashi/?hl=ja
*メッセージはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。
https://lit.link/magazinekodomonohanashi

子育て・音声マガジン「コドモノ ハナシ、‪」‬ 子育て・音声マガジン「コドモノハナシ、」

    • キッズ/ファミリー
    • 4.5 • 4件の評価

この子らしい育ち方とは? 自分らしい母親像とは? 我が家らしい子育てとは? さまざまな価値観に触れることは、今しかないコドモとの時間をより良く楽しく豊かに そして、時には疑問や迷いから抜け出すためのヒントになるはず。「コドモノ ハナシ、」は、考え、探し、語り続ける、音声マガジンです。
Instagram https://www.instagram.com/kodomono_hanashi/?hl=ja
*メッセージはこちらのフォームよりお気軽にどうぞ。
https://lit.link/magazinekodomonohanashi

    【vol.81】わたし達の“推し”共有会! 〜映画・番組/本 編〜

    【vol.81】わたし達の“推し”共有会! 〜映画・番組/本 編〜

    遅くなりましたが2022年初回の配信です!

    冬休み中に観た映画・番組、本について、リスナーのみなさんからお寄せいただいたおすすめをご紹介します!

    話題のディズニー映画「ミラベルと魔法だらけの家」から、今この時代だからこそ子どもと一緒に読みたい多様性や個性をテーマに描かれた絵本、家事のモチベーションをあげてくれる母向けの本や番組もピックアップしました。



    おすすめしてくださった皆さま、ありがとうございました!

    番組内でご紹介できなかったものもありますので、追ってストーリーズでシェアせていただきます!





    <映画>

    「ミラベルと魔法だらけの家」

    「リトル・ガール」 @senlisfilms



    <番組>

    「クィア・アイ」(Netflix) @queereye

    「Konmari 人生がときめく片付けの魔法」(Netflix) @mariekondo_jp

    「THE HOME EDIT」(Netflix) @thehomeedit





    <本>

    「ピンクーにじのでるばしょ」(ワールドライブラリー)

    「きょうがはじまる」(BL出版)

    「世界を変えた100人の女の子の物語」(河出書房新社)

    「自分を信じた100人の男の子の物語」(河出書房新社)

    「いつものごはんは、きほんの10品あればいい」著:寿木けい(小学館) 

    「地球」文・絵:加古里子(福音館書店)

    「つきよのおんがくかい」文:山下洋輔 絵:柚木沙弥郎(福音館書店)

    • 16分
    【Vol.80】“わたしの子育て論” 一番大事にしているのは、子どもが安心できる環境作り/くらすこと 藤田ゆみさん

    【Vol.80】“わたしの子育て論” 一番大事にしているのは、子どもが安心できる環境作り/くらすこと 藤田ゆみさん

    担当編集者/赤木真弓

    12月のテーマは「わたしの子育て論」。正解のない子育てだからこそ、さまざまな壁にぶち当たる度に悩み考えて、親自身も成長していけるもの。いろいろな人の話を聞いて共感したり、いいなと思ったところは取り入れることで、自分らしい子育てが見つかるのかもしれないですね。今回のゲスト「くらすこと」を主宰する藤田ゆみさんは、4歳から19歳まで育てる5人のお母さん。思春期に入ったお子さんたちの子育てを振り返って感じること、現在進行形で続く子育て、お子さんたちとの接し方、子育てで大切にしていることなど伺いました。



    主なお話内容

    ・5人の子どもたちとの暮らし

    ・より良い食に教育、頑張りすぎていた、長男・長女の子育て

    ・学校に行くのは当たり前? 不登校から見えた大切なこと

    ・子どもと自分自身が信頼できる大人を見つけること

    ・自分の気持ち言葉にできる、環境づくり

    ・子どもは親を見ている?

    ・子どもと向き合うために、心がけていること



    ゲスト紹介

    藤田ゆみ(ふじた・ゆみ)

    「わたし自身のものさしをみつける」をテーマに活動する、『くらすこと』主宰。『くらすことの本』編集長。2015年より活動の拠点を東京から福岡に。オンラインストア、食、体、子育て、暮らしにまつわるワークショップの企画や本の出版、カフェと雑貨の店など幅広く活動。著書に『子どもと一緒にスローに暮らす おかあさんの本』(アノニマ・スタジオ)。2男3女、5人の母。学校に行くのがしんどい子どもや不登校の親たちのためのお茶会も定期的に行っている。



    インスタグラム:@kurasukoto @fujiyuming

    くらすこと:https://www.kurasukoto.com

    ツイッター:https://twitter.com/kurasukoto

    • 37分
    【vol.79】 “わたしの子育て論” 子を育てるのではなく、人間関係を育てる/桜林直子さん

    【vol.79】 “わたしの子育て論” 子を育てるのではなく、人間関係を育てる/桜林直子さん

    担当編集者/西尾さやか

    12月のテーマは、「わたしの子育て論」。この子らしい育ち方とは? 自分らしい母親像とは? 我が家らしい子育てとは?
    一年の締めくくりは、番組のコンセプトに立ち戻ってお届けします。
    子育てにおいて、つまずくポイント、もやもやを抱えるポイントは人それぞれですが、自分以外の誰かの考えに触れることで、自分らしいあり方に軌道修正したり、新しい自分らしさに出会えることもあるのではないでしょうか。
    今回は、オリジナルの“考え方”を綴ったnoteが、共感と支持を集めている桜林直子さんにお話をうかがいました。


    主なお話内容
    ・クッキー屋さんになりたくてなったわけではない!?
    ・シングルマザーだから、時間がないから、お金がないから...、にならないために
    ・娘さんのあーちんさんは、小学生にして「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載をスタート
    ・生まれ持っている“原液”を、親は邪魔してはいけない
    ・「あなたのことが知りたい」という気持ちを伝え続ける
    ・自分が将来を考えるのが苦手な子どもだったから...
    ・親子関係ではなく、人間関係を育ててきた


    ゲスト紹介
    桜林直子(さくらばやし・なおこ)
    1978年生まれ、東京都出身。
    都立高校を卒業後、製菓専門学校へ進学。卒業後、都内の洋菓子店にて、菓子製造以外のすべての業務に携わる。2002年に結婚・出産をし、ほどなくシングルマザーに。12年の会社員生活を経て、2011年に独立し「SAC
    about cookies」を開店。現在は自店の運営のほか、店舗や企業のアドバイザーなども行なっている。noteにてコラム、エッセイなどを投稿。2018年「セブンルール」出演。

    note https://note.com/sac_ring/
    twitter https://twitter.com/sac_ring
    instagram https://www.instagram.com/sac_ring/?hl=ja

    SAC about cookies sac-about-cookies.com

    • 32分
    【vol.78】“わたしの子育て論”がむしゃらに歩いてきた子育て道を振り返って:後編 /ゲスト文筆家・大平一枝さん

    【vol.78】“わたしの子育て論”がむしゃらに歩いてきた子育て道を振り返って:後編 /ゲスト文筆家・大平一枝さん

    担当編集者/藤沢あかり

    12月のテーマは、「わたしの子育て論」。子育ての先輩に、その暮らしを振り返っていただきながら、いまだから感じることをお聞きしました。先輩たちの言葉は、慌ただしく過ぎていく毎日のなかで、ちょっと立ち止まる句読点になるかもしれません。文筆家の大平一枝さんは2人のお子さんが成人し、いまだから感じることとは。後編では通り過ぎた子育て期があったからこそ見える、いまの景色についてお聞きしています。
    がむしゃらに走り抜けた2021年もあと少し。今年の自分をいたわりながら、のんびりお聴きくださいね。
    主なお話内容
    ・いま、子育てをやり直せるなら
    ・自分でできないことは、家族を巻き込んで
    ・かわいい子には旅をさせよ?
    ・「息抜き」をがんばりすぎないで
    ・子育てとともに変わっていくママ友との関係


    ゲスト紹介
    大平一枝(おおだいら・かずえ)
    文筆家。大量生産、大量消費の社会からこぼれおちるもの・こと・価値観をテーマに 執筆活動を続ける。おもな連載に「東京の台所 2」朝日新聞デジタル[&w])、 「あ、それ忘れてました(汗)」(北欧、暮らしの道具店)、「トンネルから抜けら れますように」(『かぞくのじかん』/婦人之友社)など多数。最新エッセ イ集に『ただしい暮らし、なんてなかった。』(平凡社)。 26歳と 22歳の母。


    Website「暮らしの柄」:https://kurashi-no-gara.com
    Instagram:https://www.instagram.com/oodaira1027/?hl=ja
    Twitter:https://twitter.com/kazueoodaira

    • 19分
    【vol.77】 “わたしの子育て論”がむしゃらに歩いてきた子育て道を振り返って:前編 /文筆家・大平一枝さん

    【vol.77】 “わたしの子育て論”がむしゃらに歩いてきた子育て道を振り返って:前編 /文筆家・大平一枝さん

    担当編集者/藤沢あかり

    12月のテーマは、「わたしの子育て論」。子育ての先輩に、その暮らしを振り返っていただきながら、いまだから感じることをお聞きしました。先輩たちの言葉は、慌ただしく過ぎていく毎日のなかで、ちょっと立ち止まる句読点になるかもしれません。文筆家の大平一枝さんは2人のお子さんが成人し、いまだから感じることとは。前編では、あっという間に過ぎてしまった子育て期のエピソードを伺います。
    がむしゃらに走り抜けた2021年もあと少し。今年一年がんばった自分をいたわりながら、のんびりお聴きくださいね。


    主なお話内容
    ・子育てしながら働く日々、時間のやりくり
    ・「子育てはあっという間」って、ほんとう?
    ・子育てのカウントダウンが始まる!?
    ・24時間、まじめな子育てなんて無理
    ・息子の結婚式で感じた、子育ての後悔


    ゲスト紹介
    大平一枝(おおだいら・かずえ)
    文筆家。大量生産、大量消費の社会からこぼれおちるもの・こと・価値観をテーマに 執筆活動を続ける。おもな連載に「東京の台所 2」朝日新聞デジタル[&w])、 「あ、それ忘れてました(汗)」(北欧、暮らしの道具店)、「トンネルから抜けら れますように」(『かぞくのじかん』/婦人之友社)など多数。最新エッセ イ集に『ただしい暮らし、なんてなかった。』(平凡社)。 26歳と 22歳の母。


    Website「暮らしの柄」:https://kurashi-no-gara.com
    Instagram:https://kurashi-no-gara.com
    Twitter:https://twitter.com/kazueoodaira

    • 19分
    【vol.76】子育てのちいさなモヤモヤ、ちょっとだけスッキリ…!?

    【vol.76】子育てのちいさなモヤモヤ、ちょっとだけスッキリ…!?

    担当編集者/西尾さやか、藤沢あかり、赤木真弓

    おおきな問題ではないけれど、でもやっぱりモヤモヤ…、そんなお悩みにうんうんわかる~と頷いたり、我が家なら~と頭を捻ってみたりしています。
    携帯を持たせる?持たせない?、ルールを守れないなら、スマートフォン貸与契約書を活用!?、スーパーで買う買わない問題は、視点を変えて解決?など、即スッキリ!とはいきませんが、リスナーのみなさまからの有り難いアドバイスも交えつつお届けします。

    [モヤモヤリスト]
    ・同じ分譲地のお子さんがみんなスマホを持ち始めました。合わせたほうがいいのでしょうか。
    ・ペット飼って飼って問題...!
    ・スーパーなどでの、買う買わない問題。みなさんの基準やなだめ方知りたいですー!
    ・子どもの友達が毎週遊びに来ます。見守りやおやつ出したりなど何かと時間を取られてます…
    ・公園でのお菓子交換にモヤモヤ。おやつの量が多くなってしまうのでやめたいけど言い出せず…
    ・興味がいろいろで習い事をたくさん楽しんでいて嬉しい♡が、その出費がかなりの額に...
    ・自分の楽しいと子どもの楽しいをどうリンクさせるのかが難しいです。
    ・3人兄弟なのですがとにかく夜寝ません、注意してもはしゃぐので、騒音など気になりつらいです。
    ・歌手になりたいと急に言い出したのですが、音痴です。それでも背中を押すのが親でしょうか…
    *データエラーによりクロージングトークが途中で切れています。すみません!

    • 33分

カスタマーレビュー

4.5/5
4件の評価

4件の評価

じだね

一緒に考えながら楽しませて頂いてます!

私は保育や教育に興味があり拝聴してるのですが、実際に子育てをされている方達リアルなお話しが聴けるので個人的にとてもタメになるpodcastです。
今後も楽しみにしています!

キッズ/ファミリーのトップPodcast

Sesame Street
ABC KIDS listen
HIRO
ABC11-WTVD
Wondery
Kids Candle

その他のおすすめ

北欧、暮らしの道具店
北欧、暮らしの道具店
TBS RADIO
長谷川 潤
ELLE Japan
VOGUE JAPAN