17本のエピソード

ラッパーでクリエイティブディレクターのTaiTanによるPodcast🚛
「流通」とはなにかを解きほぐしながら、ゲストたちと⾃由連想形式で「空論」を展開する、新感覚の「放⾔ビジネスプログラム」です。
流通にまつわる既存のルールを変えてきたゲームチェンジャーをゲストにお迎えして、ヒット商品誕⽣の舞台裏から新システム浸透の背景まで、「企て」のすべてに迫っていきます。毎週月曜日朝5時に配信。


ご意見やご感想、お問い合わせは
ryutsukuron@gmail.com 


チャンネル登録、Xのフォローお願いします!
https://twitter.com/ryutsukuron

▼出演:
TaiTan https://twitter.com/tai_tan

▼ヴィジュアル:
バーバパパ https://twitter.com/ajotto

▼サウンドロゴ:
Franz K Endo  https://twitter.com/pellocy

▼ディレクター/アシスタントディレクター:
瀬川雄⾄(⼗六⼩節)/島袋響(⼗六⼩節)

▼プロデューサー:
⼩⼭⽥悠哉(集英社)

▼制作・配信:
shueisha vox

流通空‪論‬ shueisha vox

    • ビジネス
    • 4.8 • 34件の評価

ラッパーでクリエイティブディレクターのTaiTanによるPodcast🚛
「流通」とはなにかを解きほぐしながら、ゲストたちと⾃由連想形式で「空論」を展開する、新感覚の「放⾔ビジネスプログラム」です。
流通にまつわる既存のルールを変えてきたゲームチェンジャーをゲストにお迎えして、ヒット商品誕⽣の舞台裏から新システム浸透の背景まで、「企て」のすべてに迫っていきます。毎週月曜日朝5時に配信。


ご意見やご感想、お問い合わせは
ryutsukuron@gmail.com 


チャンネル登録、Xのフォローお願いします!
https://twitter.com/ryutsukuron

▼出演:
TaiTan https://twitter.com/tai_tan

▼ヴィジュアル:
バーバパパ https://twitter.com/ajotto

▼サウンドロゴ:
Franz K Endo  https://twitter.com/pellocy

▼ディレクター/アシスタントディレクター:
瀬川雄⾄(⼗六⼩節)/島袋響(⼗六⼩節)

▼プロデューサー:
⼩⼭⽥悠哉(集英社)

▼制作・配信:
shueisha vox

    #16 “退屈は犯罪”なのか? つまらないってやばい(オモコロ・原宿さん後編) 

    #16 “退屈は犯罪”なのか? つまらないってやばい(オモコロ・原宿さん後編) 

    ▼番組概要 

     

    ゲストは前回に引き続き、オモコロ編集長の原宿さん! 

     

    後編では、某ストリーミングサービスのコピー「退屈は犯罪です」への怒りに発し、「つまらなさ」について語り合っています。みんながおもしろいことしすぎで、おもしろくあらねばという圧が充満した社会における「つまらなさ」の効用とは……。 

     

    ▼今回の内容 

     

    みうらじゅん的なるもの/つまらなさが大事/ラッセンの再評価/つまらないに介入しておもしろくする/おもしろくならねばという圧/みんながおもしろいことをしすぎ/事務がおもしろさを下支えする/企画面白マンのペラさ/信頼できる人の条件/つまらないはやばい/東出昌大の山小屋に何を差し入れるか/情報よりくだらなさを求める/途中がおもしろい/オモコロを続けているワケ/過程や途中に居続けられる場所/家に子ども部屋がない/ホラーで大バズを連発/思い通りあたったら怖い/オルタナコンビニ計画 

     

    (用語解説) 

    04:36 『ラッセンとは何だったのか?』…アーティストの原田裕規氏が編著で、2024年にフィルムアート社より増補改訂版が刊行。(https://www.filmart.co.jp/books/978-4-8459-2322-9/) 

     

    08:10 『ゲンロン戦記』…2010年に新たな知的空間の構築を目指して「ゲンロン」を立ち上げた哲学者・東浩紀氏の苦闘の様子が克明に描かれた名著。2020年に中央公論社より刊行。(https://www.chuko.co.jp/special/genron/) 

     

    11:33 『ブルデュー『ディスタンクシオン』 2020年12月 (NHK100分de名著)』…担当は社会学者で『断片的なものの社会学』『東京の生活史』などで知られる岸政彦氏。(https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/104_distinction/index.html) 

     

    13:32 菓子盆選手権…「オモコロ」の人気企画。テキストとYouTubeで発表された。(https://omocoro.jp/kiji/73490/) 

     

    ▼ 

    ご意見やご感想、お問い合わせは 

    ryutsukuron@gmail.com  

    #流通空論 

      

    ▼ 

    チャンネル登録、Xのフォローお願いします! 

    https://twitter.com/ryutsukuron 

      

    ▼出演: 

    TaiTan https://x.com/tai_tan 

     

    ▼ゲスト: 

    原宿(オモコロ編集長) 

    https://twitter.com/haraajukku

    • 29分
    #15 目標は寄席演芸? オモコロ編集長と考える“続けることの功罪”(原宿さん前編)

    #15 目標は寄席演芸? オモコロ編集長と考える“続けることの功罪”(原宿さん前編)

    ▼番組概要

     

    今回は、2010年に制作会社バーグハンバーグバーグの創業メンバーに加入し、2012年にオモコロの2代目編集長に就任した原宿さんをゲストにお迎えしました。

     

    バズ記事を連発し、最近ではホラーコンテンツやYouTubeも盛んなウェブメディアの最先端を走り続けるオモコロですが、原宿さんは「オモコロって知ってますか?」と不安がり……。最終的に話は「続けることの面白さと怖さ」まで広がりますが、人生100年時代に仕事を楽しむヒントがそこにあった!?

     

    ▼今回の内容

     

    オモコロってすごくないですか?/15年選手/編集方針はない/バズったら損/ネットの餌食にならないバランスの取り方/体内インターネット濃度/ファンが1000人いれば食える説/続けるって怖くね/中年の危機/自走だとやめられない/飽きることと体力の限界/不滅の法灯/逆にやったほうが面白い/100歳までネットメディアにいる/目標は寄席演芸/見れて眼福/投げ銭が空を舞う/師匠/演者とお客がゆるしあう

     

     

    (用語補足)

     

    08:26 悪口ってなぜこんなにも面白い? ラッパー・TaiTanと作家・品田遊が語り合う「人格脱出論」【前編】…CREA WEBに掲載されたオモコロのメンバー、ダ・ヴィンチ・恐山(作家名義は品田遊)さんとの全2回の対談。(https://crea.bunshun.jp/articles/-/45172#goog_rewarded)

     

    12:09 二階堂地獄ゴルフ…『カイジ』や『アカギ』などで知られる福本伸行さんの最新作で、現在「モーニング」で連載中

     



    ご意見やご感想、お問い合わせは

    ryutsukuron@gmail.com 

    #流通空論

     



    チャンネル登録、Xのフォローお願いします!

    https://twitter.com/ryutsukuron

     

    ▼出演:

    TaiTan https://x.com/tai_tan

     

    ▼ゲスト:

    原宿(オモコロ編集長) 
    https://x.com/haraajukku

    • 29分
    #14 「だっておいしいじゃない理論」がバズメニュー連発の秘密?(ドムドム・藤崎忍さん後編)

    #14 「だっておいしいじゃない理論」がバズメニュー連発の秘密?(ドムドム・藤崎忍さん後編)

    ▼番組概要 

     

    ゲストは前回に引き続き、株式会社ドムドムフードサービス代表取締役社長の藤崎忍さん! 

     

    後編では、復活後のドムドムを支える、オリジナリティあふれる限定商品と、どむぞうくんアイテム&アパレルコラボについて深掘り。他のチェーン店にはない話題の作り方の共通点は、まさかの「受け身で提案を断らない」ことにあった?… 

     

    ▼今回の内容 

     

    従業員のキャリアを作るのは僭越/やりたいことはやらせる/責任の所在は全部私/できないことの共有とできることへのリスペクト/卵焼きはみんな好き/だっておいしいじゃない理論/テイクアウトとハンバーガー/他社を意識しない/どむぞうくんはなぜ愛でられるのか/コラボはやりたいことに乗っていく/一応経営者なんで/拠り所はいつも人/オルタナコンビニ計画 

     

    (用語解説) 

     

    07:05 手作り厚焼きたまごバーガー…店内で一から調理されたふわふわ熱々の玉子焼きを、バンズで挟んで話題に。2017年よりグランドメニューとして販売を開始 

     

    09:26 丸ごと!!カレイバーガー…「丸ごと!!」シリーズとして、2021年9月より期間限定で販売。中骨は取って丁寧に下処理したカレイ丸々1匹を、バンズに挟んでいる 

     

    09:35 丸ごと!!カマンベールバーガー…没メニューとしてTV番組の企画で紹介されたのをきっかけに、2018年に期間限定で商品化。バンズではなくカマンベールチーズで、ビーフパテなどの具材を挟んでいる 

     

    09:55 甘みそ エビフライバーガー…バンズからはみ出る16cmのビッグサイズエビフライを3本挟んだ衝撃的なビジュアルが話題に。2024年に期間限定として販売開始 

     

    13:10 Lucky Rocky Chicken…ロイヤルフードサービス株式会社が運営する、バターミルクフライドチキンが名物のファストフードショップ。2021年5月に武蔵小山でオープンし、現在4店舗を展開している 

     

    16:11  シロップ.(Syrup.)…株式会社フェリシモが運営するファッションブランド。ドムドムとは2023年にコラボして、スウェットやハンカチスカーフ、時計など多くのアイテムを発表した 

     

    ▼ 

    ご意見やご感想、お問い合わせは 

    ryutsukuron@gmail.com  

    #流通空論 

      

    ▼ 

    チャンネル登録、Xのフォローお願いします! 

    https://twitter.com/ryutsukuron 

      

    ▼出演: 

    TaiTan https://x.com/tai_tan 

     

    ▼ゲスト: 

    藤崎忍(株式会社ドムドムフードサービス代表取締役社長) 

    https://x.com/dom_fujisaki 

    • 26分
    #13 愛され守られてきた、「ドムドム」ブランドの育み方(藤崎忍さん前編)

    #13 愛され守られてきた、「ドムドム」ブランドの育み方(藤崎忍さん前編)

    ▼番組概要 

     

    今回は、「39歳まで専業主婦→SHIBUYA109のアパレル店長→居酒屋開業→ドムドムでわずか9ヶ月で社長」という異色すぎるキャリアで、メディア引っ張りだこの株式会社ドムドムフードサービス代表取締役社長の藤崎忍さんをゲストにお迎えしました。

     

    事業譲渡された時には、最大で400ほどあった店舗が36になっていたドムドムを、いかに「愛され守られるブランド」として育んできたのか。そこには109で働いていた時から変わらないお客さんへの向き合い方がありました。 

     

    ▼今回の内容 

     

    異色すぎる経歴/夫は地方議員/目の前のことだけやってた/V字回復というより低空飛行/日本で1番古いバーガーチェーン/スタートは36店舗/信頼関係の構築/ライバルの売り上げは100倍/思い出の中にあった/まず売り上げありきではない/転機はコロナ禍のマスク販売/歩幅は変わらない/かわいくないですか?/優しく丁寧にファーストフードの常識を逸脱/オンリーワンの店舗づくり/出店場所のおもしろさ 

     

    (用語補足) 

    16:07 ドムドムハンバーガーPLUS 銀座店…東京・銀座に新業態として2022年にオープン。黒毛和牛100%パティを使ったプレミアムバーガーをメインに、定番商品や期間限定メニューも販売している 

     

    16:55 カレー屋ドムドム…2021年に東京・銀座に2ヶ月間限定で出店し、連日行列が絶えなかった。バーガーの仕込み段階で出る端材の牛すじ肉を使用した「和牛すじ肉カレー」を販売した 

     

    18:40 丸ごと!!カニバーガー…2019年10月に初めて販売され、SNSで大バズ。高級食材であるソフトシェルクラブが丸ごと挟まった衝撃的なビジュアルとカニのうまみがつまった美味しさで大人気商品に。銀座店では通常メニュー、他店では期間限定メニューとして販売している 

     

    18:42 カツカレーバーガー…老舗洋食レストラン「銀座スイス」の名物メニューのカツカレーをハンバーガーで再現した銀座店の人気メニュー 

     

    ▼ 

    ご意見やご感想、お問い合わせは 

    ryutsukuron@gmail.com  

    #流通空論 

      

    ▼ 

    チャンネル登録、Xのフォローお願いします! 

    https://twitter.com/ryutsukuron 

      

    ▼出演: 

    TaiTan https://x.com/tai_tan 

     

    ▼ゲスト: 

    藤崎忍(株式会社ドムドムフードサービス代表取締役社長) 

    https://x.com/dom_fujisaki

    • 25分
    #12 日記の時代はくるのか。なぜ文フリは盛り上がるのか(内沼晋太郎さん後編)

    #12 日記の時代はくるのか。なぜ文フリは盛り上がるのか(内沼晋太郎さん後編)

    ▼番組概要 

     

    ゲストは前回に引き続き、ブック・コーディネーターの内沼晋太郎さん! 

     

    後編では、新しい書店の在り方として「企業が本屋を作る」ということ、内沼さんがかねてより発言していた「日記の時代が来る」の真意、そして先日も大盛り上がりだった「文フリ」の面白さなど、書籍流通の最前線と出版の未来を語り合う、全ての本好き必聴回! 

     

    ▼今回の内容 

     

    音楽作りと雑誌作りの挫折/届ける側がブルーオーシャンだった/企業が本屋を作る/書店もメディア/インフルエンサーからポップアップへ/外様だから思える/オンラインで本を売る/大喜利プラットフォーム/ツッコまれ待ちの企画の強さ/日記の時代/もう一般論やメソッドは本にいらない?/文フリの盛り上がり/年がら年中やっている/人がいないところで一番を取る/ZINEが文庫入り/オルタナコンビニ計画 

     

    (用語補足) 

     

    05:42 透明書店…法人・個人事業主向けの、事務管理を効率化するためのクラウドサービスを開発、運営するfreee株式会社が2023年に東京・蔵前にオープンした書店。スモールビジネスを深く理解するというミッションが掲げられている 

     

    09:24 圧と密…書籍『奇奇怪怪』の刊行を記念して、代官山蔦屋書店で開催されたポップアップ。約3000冊の同書を用いたオブジェが制作され、1か月間展示された 

     

    10:37 ジェントルモンスター…韓国発のアイウェアブランド。国内初の旗艦店が2024年3月に東京・青山にオープンした。正面入口に置かれた3体の巨大な顔面のインスタレーション「ジャイアントヘッド・キネティック・オブジェ」がとにかく印象的 

     

    10:44 『これからの本屋読本』…内沼さんの著作。2018年にNHK出版より刊行(https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000817412018.html) 

     

    12:04 けんご…書籍紹介TikTokクリエイター。2021年に筒井康隆の『残像に口紅を』を紹介したところ、30年前の小説にもかかわらず、約4ヶ月間で計11万5千部の重版がかけられるなど大きな話題に 

     

    18:04 文フリ(文学フリマ) …小説・短歌・俳句・詩・評論・エッセイ・ZINEなど、さまざまなジャンルの文学が集まるイベントとして、2006年にスタート。現在、九州〜北海道までの全国8箇所で、年間9回開催している 

     

    18:35 日記屋 月日…日記専門店として、2020年に東京・下北沢の「BONUS TRACK」内にオープン。日記本・ZINEの販売のほか、年2回開催する「日記祭」や、日記好きが集まるオンラインコミュニティ「日記屋月日会」、ファシリテーターと一緒に日記をつけるワークショップ「日記をつける三ヶ月」などを運営している 

     

    19:38 「新潮」2021年3月号…永久保存大特集「創る人52人の『2020コロナ禍』日記リレー」のこと。錚々たる執筆陣によってリレー形式で日記が綴られた。 

     

    20:47 「読書の日記」シリーズ…東京・初台ほか2店舗あるブックカフェ「fuzkue」店主の阿久津隆さんによる日記本で、NUMABOOKSより現在6冊刊行されている( https://numabooks.thebase.in/items/82672689 ) 

     

    21:41 『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』 …小説家・滝口悠生さんの著作。2019年にNUMABOOKSより刊行された(https://numabooks.thebase.in/items/25153498) 

     

    30:49 『さびしさについて』…写真家、エッセイスト・植本一子さんと滝口悠生さんの往復書簡。2024

    • 34分
    #11 「本屋 B&B」「VALUE BOOKS」が挑む、出版流通の改革(内沼晋太郎さん前編)

    #11 「本屋 B&B」「VALUE BOOKS」が挑む、出版流通の改革(内沼晋太郎さん前編)

    ▼番組概要 

     

    今回は、2012年に下北沢の新刊書店「本屋B&B」、2017年に出版社「NUMABOOKS出版部」の開業ほか、数々の本と読者を繋ぐ仕事をしてきたブック・コーディネーターの内沼晋太郎さんをゲストにお迎えしました。 

     

    21世紀に入って定期的に喧伝される「本屋があぶない論」はなぜ起こるのかを出発点に、書店や読書の現在地を"流通"の観点から、縦横無尽に語ってもらいました。 

     

    ▼今回の内容 

     

    東京と長野の2拠点生活/本屋が危ないぞ/本屋とイノベーション/フィンランドはオーディオブックがアツい/国民性より覇権/アルファベットとひらがな・カタカナ・漢字/読書は裁量権が全部読者に/「B&B」成功のワケ/毎日が好き/シェア型書面が増えている/本屋に憧れる/大きな出版業界と小さな出版界隈/直取引で流通経路を作る/SNSの活用法/本のことなら内沼さんに聞く 

     

     

    (用語補足) 

     

    02:24 VALUE BOOKS…本の買取と販売を行うオンライン書店として、2007年に長野県上田市を拠点に創業。2023年1月の段階で会員数は25万人を突破。実店舗や移動型書店など、本の流通の新しい形を提案している 

     

    05:36 薄利多売…ひとつの商品の利益を少なくして大量に売り、利益が上がるようにする商法 

     

    06:20 再販制度…正式には再販売価格維持制度と呼ばれる。出版社は、書籍や雑誌の定価を自社で決めることができる。これにより書店などで定価販売が可能となる制度。独占禁止法で禁止されている制度だが、出版物や音楽CDなどの著作物は文化普及の観点から例外的に認められている 

     

    11:43 本屋 B&B…ビールが飲めて毎日イベントを開催する新刊書店として2012年に下北沢で開業。2度の移転を経て、現在は商業スペース「BONUS TRACK」内で営業している 

     

    22:09 724の世界 2023…小説家・吉本ばななさんによる2023年の日記を書籍化。直取引、5冊単位での買切(返品不可) と、新しい流通網を模索した意欲作でもある 

     

    25:47 本チャンネル…内沼さんがホストとなって本にまつわるあらゆることを扱うYouTube・Podcastとして、2023年12月にスタート(https://www.youtube.com/@the-book-channel) 

     

    ▼ 

    ご意見やご感想、お問い合わせは 

    ryutsukuron@gmail.com  

    #流通空論 

      

    ▼ 

    チャンネル登録、Xのフォローお願いします! 

    https://twitter.com/ryutsukuron 

      

    ▼出演: 

    TaiTan https://x.com/tai_tan 

     

    ▼ゲスト: 

    内沼晋太郎(ブック・コーディネーター) 

    https://x.com/numabooks

    • 27分

カスタマーレビュー

4.8/5
34件の評価

34件の評価

ビジネスのトップPodcast

ハイパー起業ラジオ
尾原和啓 / けんすう
聴く講談社現代新書
kodansha
レイニー先生の今日から役立つ英会話
PitPa, Inc.
元証券マンしんさんのちょっと気になる今日の経済ニュース
元証券マン 投資アドバイザー しんさん
REINAの「マネーのとびら」(日経電子版マネーのまなび)
日本経済新聞社 マネーのまなび
海外ではたらく私たち20’s
BIAS

その他のおすすめ

奇奇怪怪
TaiTan/玉置周啓
聞くCINRA
CINRA
岸政彦の20分休み
聴くテレ朝
味な副音声 ~voice of food~
SPINEAR
TABI SHIRO ~足を運んで、見て、聴いて〜
SHIRO × Chronicle
上坂あゆ美の「私より先に丁寧に暮らすな」
上坂あゆ美