7エピソード

世界の電気自動車ニュースを毎週の金曜日に紹介します。英語圏の電気自動車(EV)トップ・ニュースをピックアップして日本語で紹介します。さらに、キーワード、トッピクス、トレンドも解説します。そして、関連トッピクの再生可能エネルギー、エネルギー効率等も紹介します。

週刊EVニュース 週刊EVニュース

    • 技術ニュース
    • 4.6 • 12件の評価

世界の電気自動車ニュースを毎週の金曜日に紹介します。英語圏の電気自動車(EV)トップ・ニュースをピックアップして日本語で紹介します。さらに、キーワード、トッピクス、トレンドも解説します。そして、関連トッピクの再生可能エネルギー、エネルギー効率等も紹介します。

    EUの排気ガス削減、アウディが150kW充電スピード、450kW充電の事件成功、世界初ソーラーカー、ボーリング社の発表

    EUの排気ガス削減、アウディが150kW充電スピード、450kW充電の事件成功、世界初ソーラーカー、ボーリング社の発表

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月21日、エピソード7番です。


    番組休憩のお知らせ:当番組は年末年始休ませて頂きます。今回のエピソードは今年の最後です。次回は1月中旬になる予定です。


    今週のニュースは:
    ※ EU:2030年迄、新車の排気ガスを37.5%ダウン
    ※ アウディイートロンが150kWで充電可能
    ※ ドイツ:450kW充電を実現、100キロの走行距離は3分
    ※ オランダ:世界初ソーラーカーは2020年に発売予定
    ※ 米国:ボーリングカンパニーのイベント


    週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。このポッドキャストはアップルポッドキャスト、スポトイファイ、グーグルポッドキャストなどの人気ポドキャストアプリで聴取可能です。または、evnews.jpでも聴取できます。


    それでは、始めましょう。


    ※ EU:2030年迄、新車の排気ガスを37.5%削減


    最初のニュースはヨーロッパです。EUが2030年まで新車の自動車の排気ガスを37.5%削減することが決まりました。自動車生産量は多いドイツは30%の削減を狙ってたが、他の国は40%の削減を希望しました。妥協として、37.5%の削減が決定しました。37.5%の削減について、車メーカーのフリート全体に対するターゲットです。排気ガスの多い車を販売したら、電気自動車などの排気ガスのない車も出荷必要になります。


    この新しい目標数値の影響により電気自動車がEUで2030年まで大幅に増えると言われています。


    ドイツの自動車業界が新基準に対して大きく反発しました。「非現実だ!」等を言われました。ただし、「全く足らない基準だ!」と環境保護団体からさらに厳しい基準を要求しました。確かにそうです。温暖化がどんどん進んでいるので、さらに厳しい基準は必要ですね。


    DW: EU strikes deal to slash emissions for new cars
    https://www.dw.com/en/eu-strikes-deal-to-slash-emissions-for-new-cars/a-46779612
    Guardian: Carmakers criticise 'unrealistic' EU plan to slash vehicle emissions
    https://www.theguardian.com/business/2018/dec/18/carmakers-criticise-unrealistic-eu-plan-slash-vehicle-emissions


    ※ アウディイートロンが150kWで充電可能


    近いうちに発売されるアウディのe-tronは非常に早い充電スピードを実現された。アウディの電気自動車のSUVは150kWまでの充電速度を対応しています。ヨーロッパの急速充電機器メーカーがe-tronを実験的に充電してみた結果、バッテリーの30%から80%充電の間、安定的に150kWの充電スピードを実現出来ました。このスピードはイートロンのバッテリーを0%から80%まで可能となりました。ところで、テスラのモデルXの最高充電速度は約120kW、2018年の日産リーフは約40kWしか充電できないです。


    今後、さらに早い充電スピードが実現されます。


    InsideEVs: Audi e-tron Electric SUV Charges At Sustained 150-kW Rate
    https://insideevs.com/audi-e-tron-charges-at-sustained-150-kw-rate/
    Electrek: Audi e-tron achieves 155 kW fast-charge rate with impressive full cycle
    https://electrek.co/2018/12/18/audi-e-tron-155-kw-fast-charge-rate/


    ※ ドイツ:450kW充電を実現、100キロの走行距離は3分


    次のニュースはドイツです。BMW、ポ

    • 15分
    ダイムラーの巨大なEV電池投資、LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定、現代自動車グループのEV販売台数は急増、毎週テスラのモデル3の3000台以上が輸入される予定、カリフォル

    ダイムラーの巨大なEV電池投資、LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定、現代自動車グループのEV販売台数は急増、毎週テスラのモデル3の3000台以上が輸入される予定、カリフォル

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月14日、エピソード6番です。


    今週のニュースは:
    ※ ドイツ:ダイムラーの巨大なEV電池投資:2030年まで2.5兆円分の調達
    ※ 韓国:LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定
    ※ 韓国:現代自動車グループのEV販売台数は急増
    ※ ベルギー:来年2月以降、毎週テスラのモデル3の3000台以上が輸入される予定
    ※ 米国:カリフォルニア州内のEV販売台数が50万台を突発
    ※ 中国:11月の新車販売数が14%下落、NEV販売数は38%上昇
    ※ 社説:軽トラックのEVが必要


    週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。このポッドキャストはアップルポッドキャスト、スポトイファイ、キャストボックスなどの人気ポドキャストアプリで聴取可能です。または、evnews.jpでも聴取できます。


    それでは、始めましょう。


    ※ ダイムラーの巨大なEV電池投資:2030年まで2.5兆円分の調達


    最初のニュースはドイツからです。ドイツ大手自動車メーカー、ダイムラー社が2030年まで約2.5兆円分のEV電池セルの調達を11日に発表しました。今回の購入予定はバッテリーのセル部分に関する発表です。一台の電気自動車のバッテリーパックに複数のセルが必要です。さらに、バッテリーパックの為に同社は約1300億円を8ヶ所のバッテリーパック工場ネットワークを世界中構築する予定です。


    2022までダイムラーが全ポートフォリオの車を電動化します。これは純粋な電気自動車からマイルドハイブリッドまで、全種類の自動車を含みます。130種類の乗用車になる予定です。また、バン・トラック・バスの電気自動車も予定しています。


    Daimler: Daimler buys battery cells in a total volume of 20 billion euros
    https://www.daimler.com/innovation/case/electric/battery-cells.html
    EV News Daily: Daimler Drops 20 Billion Euros On Battery Cells
    https://www.evnewsdaily.com/2018/12/12/12-dec-2018-daimler-drops-a-cool-20bn-on-batteries-self-service-tesla-rental-and-california-races-past-500k-evs/
    The Driven: Daimler prepares for EV revolution with $A31bn battery order
    https://thedriven.io/2018/12/12/daimler-prepares-for-ev-revolution-with-a31bn-battery-order/


    ※ LGのEV電池事業は2018年第4四半期に初黒字予定


    次のニュースもバッテリー関連です。英国EV News Dailyの報道によると韓国バッテリー大手LGの電気自動車電池事業は今年の第4四半期で黒字化されます。今までの初めての利益になります。韓国の市場アナリストによると予測より早く電気自動車用電池の需要が増加しました為に事業の黒字化が今回の四半期で実現できる見込みです。


    本来、LGのEV車載電池事業は長期的なプロジェクトになる予定でした。将来は大きな利益は期待されたが、予想より遥かに早めに黒字化されたとのことです。


    EV News Daily: LG Chem’s Ev Battery Business Expected To Become Profitable In Q4
    https://www.evnewsdaily.com/2018/12/12/12-dec-2018-daimler-drops-a-cool-20bn-on-batteries-self-service-tesla-rental-and-california-races-past-500k-evs/
    Just-Auto: LG Chem's EV battery business expected to become profitable in Q4
    https://www.just-auto.com/news/lg-chems-ev-battery-business-expected-to-become-profitable-in-q4_id1

    • 16分
    11月の米国販売台数は44,148台、モデル3はヨーロッパ販売開始、VWの最後のガソリンエンジン、60kWhリーフ、カリフォルニアの太陽光発電の義務化

    11月の米国販売台数は44,148台、モデル3はヨーロッパ販売開始、VWの最後のガソリンエンジン、60kWhリーフ、カリフォルニアの太陽光発電の義務化

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年12月7日、エピソード5番です。週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。このポッドキャストはアップルポッドキャスト、スポトイファイ、キャストボックスなどの人気ポドキャストアプリで聴取可能です。または、evnews.jpでも聴取できます。


    それでは、始めましょう。


    今週のニュースは:
    ・ 米国11月プラグイン電気自動車の販売数が史上2番目多い44,148台
    ・ テスラ社のモデル3注文サイトがヨーロッパで開始、2月から納車予定、WLTP走行距離は544キロも
    ・ フォルクスワーゲン社の最後の内燃機関プラトフォームは2026に発売
    ・ 60kWh日産リーフの発表は1月8日、ラスベガスのCESで、アクティブ温度管理は?
    ・ 米国カリフォルニア州:2020年1月1日から全ての新築自宅の屋根に太陽光発電システムを義務化


    ※ 米国11月プラグイン電気自動車の販売数が史上2番目多い44,148台


    米国のInsideEVs、月間電気自動車の販売台数データにより、2018年11月が2番目多い販売台数になりました。今年の11月販売台数は44,148台になって、昨年の同じ11月は17.178台でした。一年で電気自動車の販売台数が257%上昇しました。2018年1月から11月までのモデルごとのトップ10ランキングについて、


    1 テスラモデル3 114,532
    2 トヨタプリウスプライム 24,836
    3 テスラモデルS 22,495
    4 テスラモデルX 22,000
    5 シボレーヴォルト 18,648
    6 シボレーボルトEV 16,907
    7 ホンダクラリティPHEV 15,424
    8 日産リーフ 13,048
    9 BMW 530e 7,301
    10 フォードフュージョンエネルギー 7,284


    また、11月の月間メーカーランキングについて、
    1 テスラ 24,600
    2 GM 6,968
    3 BMW 2,314
    4 トヨタ 2,312
    5 ホンダ 1,903
    6 フォード 1,132
    7 日産 1,128


    11月にテスラのモデル3は年間10万台の販売台数を超えて、大きいな話題を及んでいます。日本や他国の右ハンドル国では2019年中旬に販売開始の予定です。


    InsideEVs: November 2018 Narrowly Misses Top All-Time Month For U.S. EV Sales
    https://insideevs.com/november-2018-u-s-ev-sales-recap/


    ※ テスラ社のモデル3注文サイトがヨーロッパで開始、2月から納車予定、WLTP走行距離は544キロも


    次のニュースはテスラの海外展開です。今週、11月5日にテスラ社がウェブ上の注文をヨーロッパでスタートしました。フランス、スウェーデン、ノルウェー、ドイツ、オランダ、スペイン等の販売開始が英国の電気自動車ポッドキャストが確認されました。いずれの国は、まだ、左ハンドルのバージオンです。日本と同様の右ハンドルの英国では販売はまだスタートしていません。

販売タイプはヂューアルモーター、つまりAWDタイプ、のロングレンジとパーフォマンスの2つのモデルです。ヨローッパの走行距離の新基準はWLTPです。デューアルモータータイプの走行距離は今回WLTPで544キロ、パーフォマンスタイプは530キロです。両方とも非常に長い走行距離です。


    日本もWLTP基準を今年の秋以降導入しました。来年の発売予定のモデル3も同様な走行距離になるでしょう。


    モデル3のヨーロッパ納車は2月から開始する予定で

    • 15分
    ロスオートーショー、アウディとリヴィアン、GMが工場の操業休止とEVの未来に投資、太陽光のコストはなぜ99%下落、ドイツメーカー対テスラ、テスラとパナソニックの蜜の関係

    ロスオートーショー、アウディとリヴィアン、GMが工場の操業休止とEVの未来に投資、太陽光のコストはなぜ99%下落、ドイツメーカー対テスラ、テスラとパナソニックの蜜の関係

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、2018年11月30日、エピソード4番です。週刊EVニュースは日本初、日本唯一の電気自動車ニュース番組です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。このポッドキャストはアップルポッドキャスト、スポトイファイ、キャストボックスなどの人気ポドキャストアプリで聴取可能です。または、evnews.jpでも聴取できます。


    それでは、始めましょう。


    今週のニュースは:
    ・ ロスアンジェルスオートーショーのEV発表:リヴィアンとアウディ
    ・ GM社が5つの工場を操業休止へ、電気自動車と自動運転への投資
    ・ マサチューセッツ工科大:太陽光発電モジュールのコストは99%下落して来た要因
    ・ テスラ社単体の週間製造台数はドイツ自動車メーカー全社の3倍以上
    ・ テスラとパナソニック:電池コストが世界一番安い、パナの車載電池の開発機能を米国に移管


    ※ ロスアンジェルスオートーショーのEV発表:リヴィアンとアウディ


    まず、今日はロスアンゼルスオートーショーの開始です。ロスの展示会は毎回EV発表が多く、今回も期待をハズレっていません。現時点までの発表を紹介します:


    1、 米リヴィアンオートモーティブが新車2モデルを発表しました。両方とも共通のスケートボード型バッテリーと四輪駆動システムがあります。そして、バッテリーサイズも同じです。「R1T」は5人乗りピックアップトラックタイプです。「R1S」は7人乗りのSUVタイプです。両方とも3つのバッテリーオプションがあり、1回充電すると走行距離が長く、最大600キロ以上です。加速も感動的、0から100キロは3秒。両タイプは約750万円の価格で、発売は2020年の後半予定です。いずれも大きいな話題を及んでいます。リヴィアン社はミシガン州本社の企業です。工場は元三菱自動車のイリノイ州の工場を買って、製造拠点になります


    Los Angeles Times: L.A. Auto Show: The Elon Musk of electric pickup trucks? Meet Rivian’s R.J. Scaringe
    https://www.latimes.com/business/autos/la-fi-hy-rivian-profile-20181128-story.html
    EV News Daily: Rivian R1S Electric SUV...
    https://www.evnewsdaily.com/2018/11/29/29-nov-2018-rivian-r1s-electric-suv-chargepoint-raises-240m-and-2020-lincoln-aviator-with-plug-in-power/


    2、アウディのイートロンGTコンセプトも発表されました。この車は「コンセプト」と言われていますが、アウディ社によると殆ど製造に近い状態です。同じVWグループのポルシェタイカンのプラトフォームをベースにしています。パーフォマンス的に0から100キロは約3.5秒、早いですね。WLTPの一回充電の走行距離は約400キロですが、WLTPの基準は少し甘いので、現実に350キロではないかと思います。充電システムはポルシェタイカンと同様800ボルトの高速充電システム、350kw高速充電機を使用すると80%充電が20分以内でできます。さらに、11kwの無線充電システムも付いっているそうです。充電ケーブルなしで自宅のガラージ一晩でフル充電可能です。発売は2020年の予定、価格はまだ決定していません。ところで、アウディのイートロンシリーズのスペルは「e-tron」、ずべて小文字です。メディアの中によく大文字で書い

    • 15分
    EVのパイオニアのゴーン氏の退任、VWの5兆円のEVへの投資、カナダの州が100%EVへの法案、テスラの160億キロ、色々なEVの頭字語

    EVのパイオニアのゴーン氏の退任、VWの5兆円のEVへの投資、カナダの州が100%EVへの法案、テスラの160億キロ、色々なEVの頭字語

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、エピソード3番です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    週刊EVニュースのウェブサイトはevnews.jpです。そこでコンタクトのページがあります。何かのご質問などございましたら、いつでも書き込んでご連絡下さい。皆さんのフィードバックを楽しみにお待ちしております。


    週刊EVニュースは毎週金曜日にアップします。是非、Apple Podcastsや好きーなポッドキャストアプリで購読して下さい。今週、SpotifyやStitcherも週刊EVニュースの配信を開始しました。それでは、始めましょう。


    今週のニュースは:
    ・EVのパイオニア、カルロス・ゴーン氏が逮捕、日産の会長の解任
    ・フォルクスワーゲン社が2025迄50モデル以上の完全電気自動車モデル、2023年末迄5兆円以上投資計画
    ・カナダのブリティッシュコロンビア州:2040迄ガソリン・ディーゼル車の新車販売を廃止、新法案は来年春に制定予定
    ・テスラ社の運転実績が100億マイル(160億キロ)を突発
    ・解説:色々なEV関連の頭字語


    ※ EVのパイオニア、カルロス・ゴーン氏が逮捕、日産の会長の解任


    今週の最大自動車業界のニュースはカルロス・ゴーン氏の逮捕と日産の会長の解任です。こちらのポッドキャストではゴーン氏の逮捕に渡る行動について語るつもりではありません。でも、ゴーン氏は日産とルノーで大改革を行いました。つまり、電気自動車の革命をより早く注目して、ルノー日産三菱グループを業界のEVリーダーにした実績が大きいと思います。2010年と2011年にゴーン氏が巨額の投資をして、EVの工場、バッテリーの工場を日本とフランスで作って、誰より早くEVのマス生産を開始しました。日産のリーフ、ルノーのゾーイー…両方の車がEVのベストセラーになりました。当時、幅広く批判を受けたのに、ゴーン氏が
    電気自動車への突入について強いリーダーシップで行きました。


    Automotive News: Ghosn focuses alliance on EV assault
    http://www.autonews.com/article/20171112/OEM02/171119927/ghosn-focuses-alliance-on-ev-assault?AID=/20171112/OEM02/171119927


    ※ フォルクスワーゲン社が2025迄50モデル以上の電気自動車モデル、2023年末迄5兆円以上投資計画


    フォルクスワーゲン社が先日、大きいな記者会見を行いました、そして、巨大なニュースを発表しました。主に2025年までVW社は50モデル以上の純粋な電気自動車を発売することが大ニュースでした。そして、EV改革を実現する為、同社が2023年まで5兆円以上の大金の投資計画を発表しました。投資するエリアは電動化されたモビリティ、モビリティ関連サービス、自動運転、そして、ディジタル化と発表でした。


    EV News Daily: Recap on VW Plans
    https://www.evnewsdaily.com/2018/11/22/22-nov-2018-hyundai-turns-up-kona-ev-production-chinese-claim-solid-state-battery-success-and-the-hidden-subsidies-in-oil-industry/
    Bloomberg: VW to Spend $50 Billion on New Tech to Take On Rivals
    https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-11-16/vw-ups-spending-on-new-tech-by-11-billion-to-speed-overhaul


    ※ カナダのブリティッシュコロンビア州:2040迄ガソリン・ディーゼル車の新車販売を廃止、新法案は来年春に制定予定


    次のニュースはカナダのブリティッシュコロンビア州の新

    • 15分
    5000万台のEV、マツダの廃棄ガス問題、モデル3の日本デビューがショッピングモール、ラザード報告書、IEA報告書、

    5000万台のEV、マツダの廃棄ガス問題、モデル3の日本デビューがショッピングモール、ラザード報告書、IEA報告書、

    こんにちは!こちらは週刊EVニュース、エピソード2番です。私は軽井沢に住んでるケビン・マヤソンです。世界の電気自動ニュースを紹介します。そして、自分なりに解説したいと思います。


    このポッドキャストは毎週金曜日にアップします。是非、Apple Podcastsや好きーなポッドキャストアプリで購読して下さい。それでは、始めましょう。


    今週のニュースは:
    ・フォルクスワーゲンのトップは2020以降、5000万台分の電気自動車を?テスラより半額?
    ・マツダはEUに高額罰金、廃棄ガス問題。急遽EVを
    ・大人気テスラModel3日本初公開とショッピングモール内での販売展開、2019年後半国内発売
    ・ラザードの最新リポート:太陽光と風力は石炭火力・原発より安い!
    ・米カリフォルニア州:新車販売の10%はEVとPHEV
    ・テスラは来年、S&P500に入る予測
    ・IEA: EV急増の為に自動車の石油利用は2020年代中旬にピーク
    ・IEA:太陽光発電の世界導入量は風力、水力、石炭を超えて行く
    ・英国がPHEVの補助金を廃止、PHEVは今後売れるでしょうか?


    ※フォルクスワーゲンのトップは2020以降、5000万台分の電気自動車を?テスラより半額?


    フォルクスワーゲン社CEO:2020年から「5000万台のEVを作れます」、「テスラの半額のEVを作れます」などの発言は大きいな波紋を及びました。同社は数年前から「ディーゼルゲート」問題、つまり、ディーゼル車の排気ガス量の隠蔽問題の為にVWに対して巨大な罰金が各国は請求され、VWの電気自動車開発は加速されました。


    この「5000万台」発言に疑問も浮かんでいます。要するに、「2020年以降」と言われても具体的なスケジュールはありませんでした。そして「テスラの半額」発言の信憑生も疑問を呼んでいます。テスラ社もどんどんコストダウンしていますので、いつの時点のどのモデルの半額は不明確でした。つまり、VW社の発言は急拡大している競争相手のテスラ社に対する懸念が現れたと思います。

このような発言はVWだけではありません。他社の大手自動車メーカーも似てるような発言もあります。皆さんはどう思いますでしょうか?


    紹介したニュースのリンクなどの関連情報をショーノーツに入れておきます。


    EV News Daily: 13 Nov 2018 | VW: We Could Build 50 Million EVs…https://www.evnewsdaily.com/2018/11/13/13-nov-2018-vw-we-could-build-50-million-evs-electric-school-buses-and-gm-says-theyll-lead-ev-industry-within-decade/



    ※マツダはEUに高額罰金、廃棄ガス問題。急遽EVを


    次のニュースは日本のマツダです。長年、電気自動車の必要性を否定したマツダ社が急に方向転換してEVを作ることになりました。何があったでしょうか?実はどんどん厳しくなって来たEUの廃棄ガス基準の為に排気ガスが多すぎるマツダ社が膨大な罰金を払わないといけないようになりました。要するにマツダのガソリンやディーゼル技術でも環境に優しくありません。今年でもマツダ社がEUの罰金の為に100億円のプール金を用意しています。


    今後、マツダが全ての車を2030年まで電動化して行くと発表されました。かなり遅いと言われています。


    Automotive News Europe: Mazda plans electric push to avoid EU emissions penalties
    http://europe.autonews.com/article/20181108/ANE/181109788/mazda-plans-electric-push-to-avoid-eu-emission-penalties


    CarBuzz: Mazda

    • 15分

カスタマーレビュー

4.6/5
12件の評価

12件の評価

なおたかんご

グローバルでの自動車産業の潮流がわかります

日本の自動車産業に関するニュースは閉鎖的なものだと気付かされました。
たまたま投稿者のバーに立ち寄って、会話をしましたが非常に博識な方でした。
コンテンツに対しても信憑性があります。
グローバル規模での自動車産業のトレンドを教えてもらえます。
聞いていて、興味のあるトピックを自分でリンクに飛んで確認できるのも非常に良いと思いました。

ギガワット

EV Newsいいですね!

日本発信のEVに関するpodcastは今までなかったので、期待しています!
世界の潮流はEVを加速させています。
日本では、水素自動車や、ハイブリット、プラグインハイブリットといったようなエコカーがありますが、ヨーロッパでは2030年代にハイブリットを含めガソリン自動車が販売禁止になる事が知られています。
また、EVは人を運ぶモビリティーの手段だけではなく、エネルギーを運んだり蓄えたりするエネルギーグリットの一部の役割を果たします。
このような最新動向グローバル視点から紹介するこのpodcastには大変期待しています。

技術ニュースのトップPodcast