21本のエピソード

Social Transformationを推進してきたミュージックセキュリティーズがおくる「PLANET SOCIAL」
この番組は、「私たちの小さな行動は世界を変える」をテーマに、より良い未来に向けた価値ある情報をお届けしていきます。

◆#SPOTLIGHT◆では、その道のスペシャリストや未来に向かってチャレンジする全ての人にスポットライトを当てて、旬なトピックについての解説や、熱い想いやプランについてのストーリーなどをお話し頂きます。

◆SECURITE NEWS◆では、ミュージックセキュリティーズが運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」のファンドについて、事業の魅力や大切にされていることなど、コンパクトにご紹介致します。

PLANET SOCIAL ミュージックセキュリティーズ

    • ビジネス
    • 4.7 • 3件の評価

Social Transformationを推進してきたミュージックセキュリティーズがおくる「PLANET SOCIAL」
この番組は、「私たちの小さな行動は世界を変える」をテーマに、より良い未来に向けた価値ある情報をお届けしていきます。

◆#SPOTLIGHT◆では、その道のスペシャリストや未来に向かってチャレンジする全ての人にスポットライトを当てて、旬なトピックについての解説や、熱い想いやプランについてのストーリーなどをお話し頂きます。

◆SECURITE NEWS◆では、ミュージックセキュリティーズが運営するインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」のファンドについて、事業の魅力や大切にされていることなど、コンパクトにご紹介致します。

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/16〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/16〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/16〉
    今回は伝統の製法を守りながら、被災地の陸前高田で前進を続ける、創業1807年の歴史ある醤油醸造蔵、八木澤商店についてご紹介します。
    ファンドの資金調達の目的だった味噌工場で、いよいよ味噌の仕込みが始まりました。
    年明けには、新工場から味噌の出荷が始められそうです。
    震災直後に家業を継いだ八木澤商店の河野通洋社長は、発酵をテーマに地域を復興したいと考え実践してきました。
    被災し移転を余儀なくされましたが、今回再び、新工場を200年以上前からあった場所に建て直したのも、地元の暮らしに当たり前のようにしみ込んでいた味噌や醤油の香りを取り戻したかったからだと話します。
    出資者の皆様のおかげで、10年ぶりに大豆の香りが集落に広がっています。
    ご興味のある方はファンド概要をご覧ください。

    ファンド名:「八木澤商店新社屋/味噌工場建設ファンド」
    https://www.securite.jp/fund/detail/6842

    ********************

    一口       ¥32,400

    募集総額     ¥30,000,000

    事業者      株式会社八木澤商店

    募集期間     2021年3月11日~2022年3月11日

    分野       食品製造、酒、飲食店

    ********************

    • 3分
    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/9〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/9〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/9〉今回は『畜産の未来を見守るシステム開発ファンド2』についてご紹介します。
    本ファンドの事業者であるファーマーズサポート株式会社は、毎年減少し続ける農業人口を問題視し、その解決の糸口となるべく取り組みをしています。
    この農業分野における課題を解決するには生産性向上が不可欠と考え、AIやIoTなどの技術を駆使し、農家の皆さまの日々の労力を軽減します。
    今回ファンドで募集する資金は、「AIカメラで子牛、肥育牛の見守りを実現する新システム」の開発資金に使用します。
    出資者の皆様には、同社が開発した分娩予兆検知システム「MOOVIE」と2021年秋に発売予定の発情行動検知システムの売上高の一部を分配させていただきます。
    畜産農家だけでなく牛にも優しいシステムの開発で、農業分野全体の未来を明るくする事業です。
    ファンドについては概要をご覧ください。

    ファンド名:「畜産の未来を見守るシステム開発ファンド2」
    https://www.securite.jp/fund/detail/7268

    ********************

    一口      ¥30,000
    募集総額    ¥12,000,000
    事業者     ファーマーズサポート株式会社
    募集期間    2021年9月30日~2021年11月30日
    分野      農業・畜産・林業、IT・アプリ
    特典
    出資金額に応じて、分娩予兆検知システム「MOOVIE」購入時に以下キャッシュバックを実施致します。
    【出資金額の3%(ゲートウェイBOX1台あたり最大1万5千円)】

    • 3分
    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/2〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/2〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/10/2〉今回はこの10月に愛媛県松山市にある松山三越地下1階にオープンする「THE CENTRAL MARKET」についてご紹介します。
    「THE CENTRAL MARKET」は、従来のスーパーマーケット、デパ地下、産直市とは違う新しい形の「食のセレクトマーケット」です。
    食のプロたちが日本各地を回り厳選した、安全安心な旬の食材を陳列。
    旬の今だからこそお客さまに食べてほしい、生産者がわが子のように大切につくった産品への大きな情熱や魅力を知ってほしい、そんな想いのこもった食材と出会えます。
    また、「THE CENTRAL MARKET」は、「本当の豊かさ、本当のおいしさとは何か」を生産者と販売者、そして生活者が共に考え学ぶ場でもあります。
    生産者と直接コミュニケーションが取れるポップアップのイベントを行うなど、生産者・製造加工者・販売者、生活者すべてが参加でき、作り手の想いやこだわりが伝わり、安心安全で体にやさしい食について、共に考え実践していく場を提供していきます。
    そして、生産から消費まで「三位一体」となり「共存共栄」できる仕組みを作り、それぞれの日常生活が楽しく、健康に向かうことを目指します。
    マーケットのプロデュースは東京都で10店舗を展開する人気スーパーマーケット「福島屋」の創業者・福島徹氏。
    デザインプロデュースは、愛媛を中心に様々なプロジェクトを手掛けてきた地元・松山のクリエイティブスタジオ「NINO」。
    両者がタッグを組み、新しい形の「食のセレクトマーケット」を提案します。
    ファンドについてはこちらをご覧ください。

    ファンド名:『本当のおいしさを伝えるマーケットファンド』

    https://www.securite.jp/fund/detail/7215

    ********************

    一口    ¥54,000
    募集総額  ¥99,000,000
    事業者   株式会社THE CENTRAL MARKET
    募集期間  2021年9月27日~2022年9月30日
    分野    小売
    特典
    ・1口につき、THE CENTRAL MARKETにて利用可能な2,000円クーポン、またはECサイトで利用可能な1,000円クーポンのいずれかをお選びいただき、ご提供いたします。
    ※会計期間開始後にクーポンコードをご案内します。
    ※ECサイトは現在準備中です。
    ・5口以上ご出資いただいた方には、上記のクーポン券に加え、3,000円分のギフトボックスを送付いたします。
    ※会計期間中に送付予定です。

    ********************

    • 2分
    #3(後編) Spotlight〈国連パレスチナ難民救済機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉

    #3(後編) Spotlight〈国連パレスチナ難民救済機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉

    #3(後編) Spotlight〈国連パレスチナ難民救済機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉

     5月に起きたガザの紛争や新型コロナウイルスの感染状況など、パレスチナの現状について、UNRWAの保険局長を務めていらっしゃる清田明宏さんにお話を伺いました。
    ********************
    ◆UNRWAの財政
    ◆予算不足のリスク
    ◆UNRWAの課題・重要視していること
    ◆日本からの支援は何に振り分けられるのか
    ◆国際協力の意義
    ◆パレスチナ情勢の行方
    ********************
    ■清田明宏 2010年より国連パレスチナ難民救済機関UNRWA保険局長。国際協力機構(JICA)のイエメン結核対策プロジェクトや、世界保健機関(WHO)の中近東結核対策、三大感染症の責任者などを歴任。2015年第18回秩父宮妃記念結核予防国際協力功労賞受賞。 著書「天井のない監獄 ガザの声を聴け!」「ガザ 戦争しか知らない子供たち」

    • 11分
    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/9/25〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/9/25〉

    ◆SECURITE NEWS◆〈2021/9/25〉今回は洗練されたポータブル釣り竿『FIELDOM』を手掛ける株式会社木村屋についてご紹介します。
    釣り竿製造の会社として約半世紀前に創業した木村屋。
    カーボン材料を素材とする純国産一貫生産にこだわり、自社ブランドからOEMまで幅広く製造しており、全国の釣り好きの方から支持されています。
    新ブランド「FIELDOM」は、木村屋が長年培ってきた軽くて扱いやすくて丈夫な釣り竿を、更に洗練されたデザインでアウトドアライフにふさわしい商品に磨き上げたものです。
    男性はもちろん、女性の方、お子様でも扱いやすい全長2.7メートルという、長くも短くもない、渓流釣りに最適な長さに仕上げ、初心者でも使いやすいようにユーザビリティ(使い勝手)を徹底的に追及しました。
    是非、木村屋のこれまでの技術が結集された高品質の釣り竿を、お手に取って頂けたら幸いです。

    ファンドについてはこちらから概要をご覧ください
    『和歌山発 純国産ポータブル釣り竿ファンド』
    https://www.securite.jp/fund/detail/6797

    ********************
    一口      ¥21,600
    募集総額    ¥3,340,000
    事業者     株式会社木村屋
    募集期間    2021年2月25日~2022年4月30日
    分野      製造
    特典
    1口につき、オンラインショップ竿平でのお買い物の際に3,000円割引。
    ※税込3,000円以上の全商品対象
    ※注文時に備考欄に出資者である旨明記いただくことで適用いたします
    ※有効期間は会計期間開始日2021年5月1日から会計期間終了日2024年4月30日まで
    (注1) 特典は、営業者の都合により内容が変更される場合や実施ができなくなる場合もあることをご留意ください。
    (注2) 特典の詳細につきましては、募集終了以降、別途ご連絡いたします。
    ********************

    • 2分
    #3(前編) Spotlight〈国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉

    #3(前編) Spotlight〈国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉

    #3(前編)Spotlight〈国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWAの活動とガザの今/Guest: 清田明宏医師〉
    5月に起きたガザの紛争や新型コロナウイルスの感染状況などパレスチナの現状について、UNRWAの保険局長、清田明宏医師にお話を伺いました。

    ********************

    ◆UNRWAの活動について
    ◆2021年5月のガザの空爆での被害と現状
    ◆パレスチナの新型コロナウイルスの感染状況
    ◆ガザの人々の声
    ◆アメリカやイスラエルの影響
    ◆パレスチナ難民の置かれる環境の問題とは
    ◆UNRWAに着任してからの印象的な出来事とは
    ◆活動の原動力

    ********************

    UNRWAの寄付プロジェクトの概要はこちらをご覧ください
    https://www.securite.jp/unrwa

    ********************

    ■清田明宏 2010年より国連パレスチナ難民救済事業機関UNRWA保険局長。国際協力機構(JICA)のイエメン結核対策プロジェクトや、世界保健機関(WHO)の中近東結核対策、三大感染症の責任者などを歴任。2015年第18回秩父宮妃記念結核予防国際協力功労賞受賞。
    著書「天井のない監獄 ガザの声を聴け!」「ガザ 戦争しか知らない子供たち」

    • 25分

カスタマーレビュー

4.7/5
3件の評価

3件の評価

ビジネスのトップPodcast