70本のエピソード

広島市西区庚午北にある、自家焙煎のコーヒー豆屋MOUNT COFFEEがお送りする、声のコーヒー通信です。コーヒー豆が繋いでくれた、たくさんの出会いを、ぜひみなさんとシェアできたら嬉しいです☕️

RADIO YAMABON MOUNT COFFEE

    • コメディ
    • 4.9 • 9件の評価

広島市西区庚午北にある、自家焙煎のコーヒー豆屋MOUNT COFFEEがお送りする、声のコーヒー通信です。コーヒー豆が繋いでくれた、たくさんの出会いを、ぜひみなさんとシェアできたら嬉しいです☕️

    DRIP TRIP通信vol.24【2022年 12月】Peru編

    DRIP TRIP通信vol.24【2022年 12月】Peru編

    DRIP TRIP通信vol.24【2022年 12月】Peru編

    世界各国の豆を毎月1回、定期発送。マウントコーヒーがお届けする、コーヒーの定期便「DRIP TRIP」。毎月変わる豆の産地や農園について、あーだこーだとお喋りします。お相手は「海の向こうコーヒー」の山本こと「ヒロ山本」。

    今年最後のDRIP TRIP、南米最後の国はペルーです!

    ペルーは南米の中でも大好きなコーヒーの一つです。マウントコーヒーではいつも中煎りで販売していますが今回はしっかりペルーの甘さを残しつついつもより少し深く焙煎してみました。

    ペルーでは小農家さんを中心に高品質の豆が育てられています。今回の豆もファン マンチャイ サントスさんが奥さんのホセファさんと7人の子供たちで切り盛りしている小規模な農園の豆になります。ファンさんは収穫後の乾燥方法にも力を入れておりコーヒー豆の品質向上に情熱を注いでいます。そしてこの豆のもう一つの特徴が栽培地の標高の高さです。標高の高さは明るくクリーンな酸味や甘みにつながっています。

    彼らが属する、アプロカシ農協はペルー最北部のカハマルカ州のサンイグナシオ地区とハエン地区で活動する生産者組合です。1999年に鉱山採掘による環境破壊に対抗するために、住民が結成した団体がルーツとなっています。その翌年の2000年にコーヒーの生産組合として活動を開始しました。環境破壊に反対するために生まれたこともあり、この組合では環境保全と農家の生活環境の改善の両立を目指すプロジェクトを展開しています。



     コーヒーから見えてくるいろんな世界をお楽しみください。
    MOUNT COFFEE 定期便「DRIP TRIP」
    ↓ https://mount-coffee.myshopify.com/collections/drip-trip

    • 42分
    RADIO YAMABON (Trailer)

    RADIO YAMABON (Trailer)

    • 59秒
    RADIO YAMABON vol. 39 guest:写真家 仁科勝介さん(かつおくん)

    RADIO YAMABON vol. 39 guest:写真家 仁科勝介さん(かつおくん)

    RADIO YAMABON vol. 39 guest:写真家 仁科勝介さん(かつおくん)

    RADIO YAMABON 39回目のゲストは、「かつおくん」というニックネームで愛させる若き写真家の仁科勝介さん。

    夏に岐阜で行われた映画『逆光」のイベントでご縁をいただき、今回、来広のチャンスにお話を伺うことができました。

    現在26歳のかつおくん。大学時代に計画・敢行した「日本 市町村一周の旅」や、旅をきっかけにドドドー!と動いた仕事の話。

    後半は、11月に自費出版で作った新しい写真集『どこで暮らしても』についてもたっぷりうかがいました。



    訪ねる町の「暮らし」を撮りたい。そんな思いで眼差しを向けられた写真には、かつおくんの写真家としての姿勢や「暮らし」に対する思いが溢れています。

    改めて、「写真」というアート表現の面白さや奥深さを感じつつ、何よりかつおくんの人柄に惹き込まれる1時間半のインタビューでした。



    かつおくんの写真集、ぜひ!チェックしてみてくださいー!


    Thank you!!!! かつおくん!>>> 仁科勝介 web site

    『どこで暮らしても』写真集>>> web site

    連載中!「もう一度旅に出る前に」>>> note site

    ほぼ日!「神田の写真。」>>> ほぼ日 site

    • 1 時間38分
    RADIO YAMABON vol. 38 guest:ニドム ・ミンタラマガジン 河野時人さん

    RADIO YAMABON vol. 38 guest:ニドム ・ミンタラマガジン 河野時人さん

    RADIO YAMABON vol.38 今回は、KURUKRUで行われたみと展’ 22での出店に合わせ、 大分県由布市でお菓子やコーヒーを作っている「ニドム」の河野時人(ハルト)さんにインタビューしました! ハルトさんは、ラジオミンタラというpodcastを配信していたり、 紙媒体「ミンタラマガジン」を発行していたりと、共通点多め! おしゃべりする前から強い共感を抱きつつ、今回は、せっかくの別府滞在ということでゆっくりお話聞くことができました この「ミンタラマガジン」をたんにフリーペーパーとして世に送り出しているのではなく、「自由価格」=ドネーション形式をとっていることが一番気になっていたポイント⭐︎ もちろんRADIOでもそのことについて聞きましたよ〜! 食べ物を作ってお客さまに提供する。その対価としてお金を支払ってもらう。そんな当たり前みたいなやりとりを一旦置いておいて、 「自分たちが届けたいものを届ける」「受け手に委ねる」という手法で作ったマガジン。 それは、金銭のやり取りだけでは感じきれない「キャッチボール感」と、少し背筋を正してもらうような感覚もあり。 ハルトさんは実験的にという表現をされていたけれど、同じ作り手であり届け手として、めちゃくちゃリスペクト&ハッとさせられました。 「ミンタラマガジン」、ハルトさんや制作クルーの思いがむぎゅうっと詰まっておりますよ MOUNT COFFEE、MOUNT COFFEE standに、まだ少し在庫あります!気になる方、ぜひ受け取ってくださいませ! とまあ、嬉しい出会いだったハルトさんとのトークが1時間で終わるはずもなく、、 なんと今回、この続編をラジオミンタラでオンエアするというコラボ配信をやってますー!



    Check it out!!!>>> ラジオミンタラ on Spotify

    THANK YOU!!!! >>>ニドム HOPEPAGE 

    • 59分
    DRIP TRIP通信vol.23【2022年 11月】Colombia編

    DRIP TRIP通信vol.23【2022年 11月】Colombia編

    DRIP TRIP通信vol.23【2022年 11月】Colombia編

    世界各国の豆を毎月1回、定期発送。マウントコーヒーがお届けする、コーヒーの定期便「DRIP TRIP」。毎月変わる豆の産地や農園について、あーだこーだとお喋りします。お相手は「海の向こうコーヒー」の山本こと「ヒロ山本」。 2022年11月は、コロンビア・アソグラン農協です。

    南米といえばこの国は外せません。南北に広がる広大な山脈の麓にそれぞれの産地が広がっています。その地域によって味わいの特徴も違います。

    最近マウントコーヒーでは南部にあるウィラ地域の豆を使っていますが今回のDRIP TRIPでは北部にあるシエラネバダ地域の豆を選んでみました。はなやかな香りや酸味を特徴とする南部の豆に比べると、甘みがあり軽めのボディで柔らかい印象です。

    今回のコーヒーを作っているアソグラン農協は古くから伝統的な有機農法で良質なコーヒー作りに取り組んでいます。彼らは持続可能なコーヒー栽培を通じて環境保全や改善を実現するという志のもと集まりました。

    生計をコーヒーの栽培だけに頼らずシェードツリーとして植えられているグアモの木を利用してハチミツを作り、重要な収入源としています。

    農薬があるところでは生息できず、植物の受粉を助けるミツバチは、生息数がその地域の環境の豊かさの表す環境指標生物と言われます。

    彼らは自然に近い状態で複数の作物を栽培することにより持続的な生産を実現し、森林を再生させる農法(アグロフォレストリー)に取り組んでいます。

    現在では加盟する農園のすべてがJASだけでなく、アメリカの有機認証NOPやヨーロッパの有機認証EOSを取得しています。

    そんな、コロンビア北部の伝統的な農法で作られるコーヒーを味わって見てください。



     コーヒーから見えてくるいろんな世界をお楽しみください。 

    MOUNT COFFEE 定期便「DRIP TRIP」 ↓ 

    https://mount-coffee.myshopify.com/collections/drip-trip

    • 28分
    RADIO YAMABON vol.37: ブックキュレーター 今田順さん

    RADIO YAMABON vol.37: ブックキュレーター 今田順さん

    今回は、広島を拠点に、ブックキュレーターとして活躍する今田順さんをお迎えしてトークしました!


    現在広島PARCOで開催中の(〜10/24)ブックイベント「BOOK PARK CLUB」を手がけている今田さん。

    広島出身の今田さんは、大学を機に東京へ上京、学生時代に出会ったカフェ「クルミドコーヒー」で、カフェ、出版、地域との商品開発などなど、「カフェ」「本」「まち」のご経験を積まれ、2020年春に広島に戻ってこられました。



    MOUNT  COFFEEでも、フリーペーパーやpodcastなど、そして書籍の取り扱いなど、ほそぼそ〜っとメディアを持っているのですが、クリミドコーヒーさんはずっと前から実践されており、羨望の眼差しで見つめていた存在でした。

    今田さんがどんな出会いと経験を経て、広島に戻ってこられたか。そして、現在広島でチャレンジされていることについても!

    店主・山本、正直に“ジェラシー”公開してのインタビューとなっております笑!


    「そろばんとファンタジー」。「カフェはメディア」。気になるワードがいっぱいですよっ。

    本の未来も、カフェの未来も、そして広島の未来も楽しみになる、そんなインタビューとなりました!!


    今田さん、ありがとうございました!!


    BOOK PARK CLUB instagram

    • 59分

カスタマーレビュー

4.9/5
9件の評価

9件の評価

デイジー。

作業中に聴いてます!

インスタライブより作業中に流して聴けるので良いですー。シンプルに楽しい!

コメディのトップPodcast

TBS RADIO
TBS RADIO
TBS RADIO
TBS RADIO
TBSラジオ
TBS RADIO

その他のおすすめ

SPINEAR
ニッポン放送
RADIO MINTAR
COFFEE PARK
TRIPLEONE