297本のエピソード

海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています。

https://www.contentslab.net/

インターネットビジネスってそういうことだったのか【起業について学べる番組‪】‬ コンテンツラボ 河野竜夫

    • ビジネス
    • 3.9 • 45件の評価

海外在住者のインターネットビジネスコンサルティングを行うコンテンツラボ代表の河野竜夫が、ビジネス、起業、マーケティングはもちろん、自分らしいライフスタイルなどについてお話しています。

https://www.contentslab.net/

    ”いいかっこうしい”の経営をやめるべきこれだけの理由【605回】

    ”いいかっこうしい”の経営をやめるべきこれだけの理由【605回】

    2022年のビジネストレンワードで目立つのはなんといってもこれ。

    SDGS。

    「持続可能な、より良い世界にしましょう。」みたいなの。

    マーケティングで言えば、

    推しエコノミーに代表されるように、

    物質的価値ではなくて体験価値や共感価値の重要さが、さらに主張されました。

    その証拠じゃないけれど、例えばアメリカのミュージシャンの女性が作ったブランド

    「フェンティビューティー」は「いろんな肌の色の人にあう化粧品があっても良いはずだ。」ということで、

    白人以外の人の肌の色にも合うってコンセプトで始まったブランドです。

    多くの人の大きな共感を呼び大人気になったりしてます。

    あとインフルエンサーが開発した服、靴、食品、化粧品など人気が出たものには必ずといっていいくらい。

    ストーリーや参加する、応援するって体験価値、共感価値があるからこそ売れてるものが目立ちます。

    つまり、売る側にも何か物やサービスだけではない別の価値を提供する必要性あると

    迫られてるとも言えますね。

    「世の中を良くする。」とか、「誰かを喜ばせる。」とかそういうの。

    お客さんであったり、従業員であったり、地球だったり。

    たとえ、本音では地球のことも、自分とは関係ない人のことも、

    実はどうでもいいとしても、表面的にはそういう”ふり”をしなければならないムードですよね。

    つまり「かっこう」をつけないといけないんです。

    •スタッフの幸せを最大化するために何かしなければ。

    •取引先に対する責任も果たさなければ。

    •ユーザーから共感を得る為にSNSで影響力をつけなければ。

    •SNSで金儲けの為と悟られてはいけない!

    •シングルマザーの方を積極的に在宅勤務で採用して助けたい。

    こんな感じ?

    ただもし、この潮流に流されそうだと思ってるとしたら、

    少しだけ立ち止まって欲しいんです。

    なぜなら、僕らがそんなふうに考えてると、ビジネスがダメになるから。

    世の中をより良くしようとしてはいけないてことを言ってるんではないし、

    共感される人になろうとしてはいけないと言ってるわけではないのです。

    そうしようと、かっこつけてるとダメだってことを、言いたいんです。

    カッコつけてると、まったく儲からないし、ビジネルを閉じるくらいまでダメージを受けることさえあるからなんです。

    意味わかんないすよね?

    ということで、今日は世界を良くする。共感される。のを意識すればするほど、

    ダメになる理由をもう少し説明しますね。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    >>いますぐ無料で視聴する<<

    • 35分
    新年恒例|あなたの目標が達成しない5つの理由【604回】

    新年恒例|あなたの目標が達成しない5つの理由【604回】

    あけましておめでとうございます。

    さて、配信をはじめてから12年ほど。

    毎年、新年1回目の配信は「目標達成をするコツ」をお送りしてきました。

    特に目標達成ネタを大切にしているわけでもないのですが、

    なんとなく、このパターンをやめられなくなっただけです。(笑)

    なので、今年も12回目の目標達成の方法論についてお話します。

    もちろん、僕自身の考えも毎年リニューアルされていくんで、

    今年も過去11回とは違う視点になってます。

    では早速始めましょう。

    ちなみに、、、

    目標を毎年どんどんクリアしていってる人ってどれくらいいます?

    「え?目標は順調に毎年達成してますが?何か?」

    なんて人は、

    たぶんこれを見てないと思うんですよね。

    きっとほとんどの人は順調に達成してないはず。

    理由もわかってると思います。

    ・行動してない。

    ・目標を書いてない。

    ・期限決めてない。

    ・他、自己啓発で言われてるようなアレコレやってない。

    などなど。

    ま。それはそうなんだけど”それだけの単純な理由で”ここまで多くの人が

    目標達成しないって変ですよね?

    僕は、もっともっと奥行きというか、深みのある理由が別にあると考えるようになりました。

    僕自身の目標達成度合いも、まだまだお粗末なものですが、

    ”コンサルティング”という仕事柄、非常に多くの「目標」を持っている人の、

    達成した瞬間や、達成しないストレスを目の前で見聞きしてきました。

    その経験での気づきは、いろんな角度の目標達成しない理由があって、

    それぞれに、なかなか深みがあってやっかいだなと確信してます。

    ということで、今日は特にビジネスにおける目標が達成しない、いろんな角度の理由を解説することで、

    目標達成の秘訣をひもといてみますね。

    紐解いていきます。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    >>いますぐ無料で視聴する<<

    • 46分
    2021年儲かったビジネスはコレ【603回】

    2021年儲かったビジネスはコレ【603回】

    今年最後の配信になります。

    2021年も経済が停滞した1年だったと言われたりしてますが、

    儲かったビジネスはめっちゃ儲かってました。

    単に、儲かってるプレイヤーが変わっただけだったって話ですね。

    ちなみに・・・何をもって儲かってるビジネスとするのか?

    上場企業なら決算が出ますので数字で儲かったか儲かってないか判断できますが、

    未上場や、零細企業の場合は掴みづらいですよね。

    YouTubeとかブログやSNSで本人が「絶好調」って宣言しているものを儲かってると判断するか?

    でも、これだと根拠が乏しい。

    できれば、ちゃんとした根拠をもって儲かってるものはこれだなって知りたいところです。

    もちろんamazonの販売データ、楽天のランキング、なんかもありますが、

    今日は、それとはちょっと違う根拠で、今年儲かったビジネスをいくつかお話します。

    儲かったものは何か?を把握するコツも同時にお話しますね。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    >>いますぐ無料で視聴する<<

    • 32分
    商品やビジネスをパクられた時にできる3つのこと【602回】

    商品やビジネスをパクられた時にできる3つのこと【602回】

    平凡な人がビジネスで成果を出すには、売れてることと同じことをするのが大前提。

    僕はこう考えてますし、そう言ってきました。

    でも、自分が完全にパクられたり真似されたりした当事者になると嫌なもんです(笑)

    よくあるケースがこの2つ。

    自分が日本市場の独占販売権をもって販売してるのだけど、

    他国とかのネットショップや店から購入してガンガンに転売されてる。

    自分がやってるサービスをWebサイトもマーケティングもほぼそのまま真似されてガンガンに露出されてる。

    そして、一番やるせないのが、パクられた相手が’知り合い”だったりするケース。

    見ず知らずの人が、自ら儲かるものをつきとめた結果、その模倣相手が自分だったってことじゃなくて、

    あなたから、そのビジネスがうまくいってることを聞いたから、真似したわけです。

    ちなみに、こういうケースで真似した相手がドキドキしたり、心苦しく思ってることはなくて、

    真似された人の心が乱されてることが多いんですよね。

    もちろん、こんな時の正解は気にしないことです。

    真似されても勝つビジネスにすることです。

    でもね、なにせ僕らは凡庸な人間ですから、

    普通に腹たつし、不安になるし、気になるし、悔しいいです。

    ということで今日は真似されたときにできることを、お話します。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    >>いますぐ無料で視聴する<<

    • 36分
    毎日忙しいのに売上が増えない人の特徴【601回】

    毎日忙しいのに売上が増えない人の特徴【601回】

    先日めでたいことがありました。

    クライアントさんが、初めてわずか半年で売上を拡大した会社を売却したんです。

    急成長に必要なことを確実に実行した結果でした。

    実にお見事。

    こんなワクワクする話の一方で、

    一生懸命やってるけど、成長が止まってるとか、衰退してる人も多かったりします、

    ある程度の規模にはなったのだけど、そこから伸びてないとか、

    新規ビジネスを立ち上げてそっちを成長させたいのに、全然だったりです。

    お金も使ってます。

    組織化もしてます。

    でも伸びてないんですよね。

    もちろん、商材やタイミングといった運の要素もありますし、理由は様々ですが、

    けっこうな確率で共通項があると僕は思ってます。

    なぜなら、僕も、僕のクライアントさんもハマりがちだから。

    僕は新規事業でよくこの共通項にはまります。

    ということで、今日は売上が伸び悩む人のある共通項をお話ししますね。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    海外在住の起業家がこんな時代でもネットを使って売上を5倍*にした方法

    インターネットビジネス売上アップ実践ガイドブック

    今すぐ無料で読む

    *2021年時点。ordercompany社販売実績データ

    • 36分
    最高の商品を低価格で販売したらダメな意外な理由【600回】

    最高の商品を低価格で販売したらダメな意外な理由【600回】

    正直、僕はムカっときてました。

    何事にも動じない善き人でいたいとは思っているし、ムカッときても人に言うことはたぶんほとんどありません。

    ても、今日はトピックにからむことなんで、”人間だもの”ってことで聞いてください。

    何がムカついたかっていうとですね。

    悪口にです。

    あ。たいてい僕がムカつくのは、僕自身やクライアントさんの手がけるビジネスやサービスで、

    理不尽な悪口やクレームを受けてる時。

    今回はオーダースーツ販売のECの話です。

    広告を出していたんですね。

    そこで訴求していたポイントは2点。

    最高級の生地で、低価格なこと。

    ヘッドラインはこれです。

    「高級生地のオーダースーツがすべて29800円」

    ちなみに。これ本当なんです。

    人件費の安いベトナムで縫製しているし、直営工場、直販ですから必然的に安いんです。

    生地もドーンと大量購入してるわけじゃないから、大量生産はできないけど、

    そのぶん仕入れを工夫できるので高級生地を安くできるんですよね。

    商品も全部29800円でした。

    他社比較でも後ろめたいことはなんにもないわけです。

    同じ品質の商品なら圧倒的に安い。

    でもね。広告に悪口言う人とかが結構いたんですよね。

    あ、別にさ、「この商品は最悪でした。本当お前えらやめたほうあいいよ。」

    とか、本当の”感想”ならいいんです。真摯に受け止めて改善するだけなので。

    やるせないのは、印象論。

    特に目立つ悪口が、

    「海外で製造しているものなんて、高級なわけがない。笑わせやがる。誰が買うかっての!」

    こんなの。わざわざ書き込まれたりするんですよね(笑)

    まー、逆の立場で自分が暇だったり、粗悪なサービスでひどい目にあったことがあったりすれば、

    そう思う気持ちはわかる。わかるんだけどね。

    なんともまー、誤解だとすれば、やるせないわけです。

    もちろん、こんなのは本当に些細なことで、多くのお客さんは良い評価をしてくれています。

    99.999%くらいは良い評価か、普通に受け入れてくださってます。

    だから、ムカついても、一瞬で忘れるし、書いてる人の問題だと思ってスルーしてました。

    でも、この悪口、本当はスルーするべきじゃなかったと後で気づかされました。

    スルーしてはいけないくらい経営上重要なサインだったんですよね。

    それは、ある瞬間から明らかに悪口がなくなったことで判明しました。

    答えを先に言いますね。

    最高級のものを、低価格で販売したらダメだったんです。

    しかも結構意外な理由でした。つまり経営上利益が圧縮されるとか、広告が出しにくいとかそう言うことじゃないって意味です。

    ということで、今日は良いものを低価格で販売したらダメな意外な理由をお話しします。

     

    今日もYouTube動画とPodcast音声と文章版でどうぞ。

    番組無料登録はこちらから

    今すぐ聴くにはこちら












    >>いますぐ無料で視聴する<<

    • 29分

カスタマーレビュー

3.9/5
45件の評価

45件の評価

飛騨 昇

起業家ビジネスについて学べます

初心者にわかり易く、内容を信じてしまいます。
しかし、Podcast以外の例えばOnline講座的なものや彼が主催する勉強会に参加するとPodcastでは分からない河野氏を知ることができると思います。
それを踏まえてPodcastを聞くと、起業について学ぶというより小規模ビジネスの起業家に対してのビジネスを学ぶ事ができると思います。

梅さぶろう

自慢話とポップノイズ

ビジネス関連の話はとても勉強になります。
ただ、サーフィン自慢とサラリーマン時代の自慢、あとハワイで1ヵ月間家族で過ごす夏休み自慢が気に入りません。最近は、番組中か3回は発生する強烈なポップノイズを楽しみにしています。本当にビックリしますから、ぜひ実際に聞いてみてください。

from wkym

楽しいし、勉強になります!

自分にとって、ビジネスと人生の教科書のひとつだと思っています。
これからもずっと続けてほしいです。

ビジネスのトップPodcast

ラジオNIKKEI
日本経済新聞社 マネーのまなび
SPINEAR
ニッポン放送
PitPa, Inc.
mookmookradio ムックムックラジオ

その他のおすすめ

石原明(経営コンサルタント)
副業アカデミー
アイウエオフィス
若新雄純、円道一樹
ラジオNIKKEI