23本のエピソード

技術の小難しい話はおいておいて、「生き様」に焦点をあてていろんなエンジニアにお話を伺う、というコンセプトの雑談ポッドキャストです。

ソフトウェアエンジニアという職業は今や売り手市場で、パソコンとネットがあればどこでも仕事ができ、国や言語を超えて通用し、ブログやオープンソースで発信することでプレゼンスも向上しやすく、「生き方の選択肢が多い」職業のひとつです。エンジニアにもそうでないみなさまにも、人生の可能性を感じてワクワクしていただけるような内容にしたいと思います。

エンジニアと人‪生‬ 堤 修一

    • テクノロジー
    • 4.0 • 10件の評価

技術の小難しい話はおいておいて、「生き様」に焦点をあてていろんなエンジニアにお話を伺う、というコンセプトの雑談ポッドキャストです。

ソフトウェアエンジニアという職業は今や売り手市場で、パソコンとネットがあればどこでも仕事ができ、国や言語を超えて通用し、ブログやオープンソースで発信することでプレゼンスも向上しやすく、「生き方の選択肢が多い」職業のひとつです。エンジニアにもそうでないみなさまにも、人生の可能性を感じてワクワクしていただけるような内容にしたいと思います。

    #022 (後編)Facebook本社ではたらくiOSエンジニア(ゲスト:川邉氏)

    #022 (後編)Facebook本社ではたらくiOSエンジニア(ゲスト:川邉氏)

    Facebook HQで働くiOSエンジニア、川邉氏にお仕事の内容や労働環境、発信活動についてお話を伺いました。

    - Facebookに入社できた理由は?
    - 川邉流英語学習法
    - 堤のアメリカ就労までの軌跡は再現性はあるか?
    - 著書「よくわかるAuto Layout」
    - 発信はもうやらないんですか?
    - 逆になんで発信してます?堤さん
    - サロンという発信活動の位置付け
    - 時給脳を治したい
    - アメリカでのハッカソンの話
    - サロンの値付けとマーケティング
    - なぜ発信を続けられるのか

    ・川邉氏のTwitter
    https://twitter.com/ykawanabe_jp

    -----------------

    ・アメリカの会社で三ヶ月仕事して必要だと思った英語力
    https://blog.ykawanabe.com/entry/2016/01/18/004556

    ・エンジニアと人生サロン
    https://community.camp-fire.jp/projects/view/280040

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    • 39分
    #021 Facebook本社ではたらくiOSエンジニア(ゲスト:川邉氏)前編

    #021 Facebook本社ではたらくiOSエンジニア(ゲスト:川邉氏)前編

    Facebook HQで働くiOSエンジニア、川邉氏にお仕事の内容や労働環境、発信活動についてお話を伺いました。

    00:00 シリコンバレーより/自己紹介
    04:14 新卒フリーランス
    04:50 労働環境が最高という話
    09:27 自粛生活
    13:00 Facebookでの仕事
    15:00 キャリアパス / Individual contributor
    18:30 成果を取りに行く
    20:05 クロスファンクション
    23:30 日本のエンジニアの技術力
    23:50 Facebookに入社できた理由は?
    (後編に続く)

    ・川邉氏のTwitter
    https://twitter.com/ykawanabe_jp

    ・アメリカの会社で三ヶ月仕事して必要だと思った英語力
    https://blog.ykawanabe.com/entry/2016/01/18/004556

    ・エンジニアと人生サロン
    https://community.camp-fire.jp/projects/view/280040

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    • 23分
    #020 会社員でもない、受託フリーランスでもない生き方(ゲスト:我妻氏)

    #020 会社員でもない、受託フリーランスでもない生き方(ゲスト:我妻氏)

    プログラマが自らの技術でごはんを食べる手段といえば、会社員/受託系フリーランス/自ら起業あるいはサービスをつくって一発当てる、といったところが一般的に思いつく手段かと思いますが、我妻さんはAI研究をライフワークとし、その過程で得た知見をオンライン講座や書籍に転換することで収益を得られています。時間の切り売りではないそのビジネスモデルが魅力的かつ新しく感じたので、そのあたりについて伺いました。

    00:00 我妻さん自己紹介
    02:10 オンライン講座へのコロナの影響
    03:20 はじめてオンライン講座をつくろうとした段階からうまくいくイメージはあったのか?
    04:15 オンライン講座・書籍・講演の収益の割合は?
    07:40 本のコンセプトや企画は我妻さんの方から出版社に提案するのか?
    ディープラーニングは競合が多い中で、どのようにコンセプトを決めた?
    09:40 「入門者向けの解説」談義
    11:40 複雑なサンプルとシンプルなサンプル
    13:10 開発案件はもうやらない?
    15:00 コンスタントにオンライン講座の作成や書籍執筆を行っているように見えるが、コツや心がけていることはあるのか?
    自分でペース配分できる中で、どうやって目標やスケジュールを決めているのか?
    18:30 Udemy運営は動画編集等は手伝ってくれるのか?すべて自分?
    20:00 自分の研究はどういうタイミングで進めているのか。コース開発との配分は?
    21:00 我妻さんの1日のスケジュール/仕事とプライベートの配分
    23:30 時間の切り売りビジネスとつくったものの価値を売るビジネス
    25:30 ヒットしたコース
    27:30 オンライン講座のメンテナンスコスト(サポート・アップデート)はどれぐらい?
    一度出したオンライン講座は不労所得的なのか?
    30:00 需要が長続きする講座とそうでない講座
    31:30 講師・執筆者として成功したポイントは何だと思いますか?
    34:00 動画の内容のレビュアー/査読者は入れていますか?
    専門的な内容なので間違いが怖かったりしませんか?
    35:40 本やオンライン講座を個人で出そうとは思わないのですか?
    39:30 YouTuberとしての我妻さん
    41:00 興味がディープになっていくにつれ、発信力が下がっていくジレンマ
    43:40 書籍執筆にどれぐらい時間をかけますか?

    ---------------

    ・我妻さんの最新著書:
    「はじめてのディープラーニング2 Pythonで実装する再帰型ニューラルネットワーク, VAE, GAN」
    https://amzn.to/2yEt6js

    ・オンライン講座: https://sai-lab.co.jp/onlinecourse/
    ・著書: https://sai-lab.co.jp/book/
    ・YouTube: https://youtube.com/channel/UCT_HwlT8bgYrpKrEvw0jH7Q…

    ---------------

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    • 58分
    #019 100日間、写経を続けた話(ゲスト:服部氏)

    #019 100日間、写経を続けた話(ゲスト:服部氏)

    プログラムの写経を100日間続けるという偉業を達成した服部氏に、なぜ続けることができたのか、途中やめたくなったり別のことをやりたくなったりしなかったのか、といったことを伺いました。

    0:00 服部さん自己紹介
    1:24 毎日何時間ぐらいやってたのか?
    4:40 本業が忙しいときは?
    6:00 ボツが続いたときの対処
    8:15 どれを写経するか「選ぶ」のに時間かからなかったか?
    10:30 この100日間の修行の先に何を見ていたのか?
    17:10 途中で「これを本当に続けるべきなのか」という迷いはなかったか
    22:40 反応が少ないことは気にならなかったのか?
    27:30 毎日のオペレーションが煩雑になってでもわざわざOSSにした理由:半年前の自分が見たら泣いて喜ぶ発信を
    29:00 今回の取り組みをみて仕事に繋がったりはしたか?
    30:00 仕事にならないハッカソンとか出続けるモチベーションは?
    37:50 ブレークスルーを感じた日 Day 27
    41:30 ブレークスルーを感じた日 Day 46
    43:15 ブレークスルーを感じた日 Day 63

    ・100日間連続Metalシェーダー実装 #hundred_days_msl_challenge
    https://twitter.com/hashtag/hundred_days_msl_challenge

    ・服部氏のTwitter
    https://twitter.com/shmdevelop

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    ・サムネデザイン:いまがわヤッキー
    https://twitter.com/i_magawa

    • 51分
    #018 シニアエンジニアのキャリアチェンジ(ゲスト:gfx氏)

    #018 シニアエンジニアのキャリアチェンジ(ゲスト:gfx氏)

    ゲストにgfx氏(@__gfx__)をお迎えし、キャリア、正社員とフリーランス、育児etc.についてお話しを伺いました。

    0:00 転職で技術領域をガラッと変えていろいろリセットされた
    4:30 低レイヤーの仕事の中でもフロントエンドの経験が活きた話
    6:40 信頼と実績貯金
    8:40 新しい技術を「なにもわからん」状態から勉強することについて
    10:00 正社員の羨ましい点
    14:00 優秀な若者達とどう対峙するか
    16:20 今後のキャリアの展望
    22:10 育児について

    ・gfx氏のTwitter
    https://twitter.com/messages/69298459-81367551

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    • 26分
    #017 技術顧問業の悩み(ゲスト:gfx氏)

    #017 技術顧問業の悩み(ゲスト:gfx氏)

    ゲストにgfx氏(@__gfx__)をお迎えし、技術顧問業や、育児で可処分時間が逼迫する中での発信活動についてお話を伺いました。

    0:00 本日のテーマ
    1:37 技術顧問向いてないかも?
    3:30 技術顧問業のさまざまなパターン
    8:39 企業向け講習
    10:45 リターンが回収できなくなってしまった
    15:58 登壇の是非

    ・gfx氏のTwitter
    https://twitter.com/messages/69298459-81367551

    ・TypeScript再入門 ― 「がんばらないTypeScript」で、JavaScriptを“柔らかい”静的型付き言語に
    https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2019/04/16/103000

    ・堤のTwitter
    https://twitter.com/shu223

    ・堤のnote
    https://note.com/shu223/m/m8f787c6b326a

    • 19分

カスタマーレビュー

4.0/5
10件の評価

10件の評価

山田ニコラス太郎

音声について

再生速度はPodcastアプリ内で変更できるので1xの音声で配信していただけると嬉しいです
音声もシャカシャカ感が気になるので良い収録機材を使うと気持ちよく聞けそうだなと思いました

geta1972

フィラーウケる

とある会でのCTOさんのフィラーが癖が強すぎて聞きながら笑ってしまいました。
変な話癖が付いている方なのですね。
編集で取ってあげてもいいのに

テクノロジーのトップPodcast

ゆるコンピュータ科学ラジオ
Tatsuhiko Miyagawa
伊藤穰一
Qiita / PitPa, Inc.
dentora
ワンボタンの声制作委員会

その他のおすすめ