100本のエピソード

「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。

■番組のフォロー、評価をお願いします!

※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。

■産経Podcast おすすめの番組

①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。
・Spotifyで聴く(リンク)
・ApplePodcastで聴く(リンク)
・Amazon Musicで聴く(リンク)

②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。
・Spotifyで聴く(リンク)
・ApplePodcastで聴く(リンク)
・Amazon Musicで聴く(リンク)

■番組SNSでは最新情報をお届け
・X(旧Twitter)

■産経Podcast 公式ウェブサイト
・https://sankeipodcast.com/

■産経Podcastとは。
新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の記者陣が厳選。
ニュース解説、ドキュメンタリー、歴史、エンタメ、インタビューなどオリジナル音声コンテンツをお楽しみください。 

■アンケートフォームはこちら(リンク)

シネマプレビュー 映画の最新情報を毎週お届‪け‬ 産経Podcast

    • テレビ番組/映画
    • 3.9 • 58件の評価

「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。

■番組のフォロー、評価をお願いします!

※下記文中のリンクが機能しない場合は、各エピソードの概要欄をご利用ください。同文・同リンクを掲載しています。

■産経Podcast おすすめの番組

①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。
・Spotifyで聴く(リンク)
・ApplePodcastで聴く(リンク)
・Amazon Musicで聴く(リンク)

②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。
・Spotifyで聴く(リンク)
・ApplePodcastで聴く(リンク)
・Amazon Musicで聴く(リンク)

■番組SNSでは最新情報をお届け
・X(旧Twitter)

■産経Podcast 公式ウェブサイト
・https://sankeipodcast.com/

■産経Podcastとは。
新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の記者陣が厳選。
ニュース解説、ドキュメンタリー、歴史、エンタメ、インタビューなどオリジナル音声コンテンツをお楽しみください。 

■アンケートフォームはこちら(リンク)

    「異人たち」「プリシラ」「No.10」「ザ・タワー」

    「異人たち」「プリシラ」「No.10」「ザ・タワー」

    ■サムネ画像は:映画「プリシラ」©The Apartment S.r.l All Rights Reserved 2023■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「異人たち」原作は山本周五郎賞を受賞した山田太一の小説「異人たちとの夏」で、昭和63年に大林宣彦監督が映画化。本作は再映画化となるが、監督・脚本を手掛けたアンドリュー・ヘイが現代の英国に舞台を移し、大胆に脚色している。ロンドンのタワーマンション。ほとんどの部屋が事務所として使われているのか、夜になると人の気配が消える。ここに一人で暮らす40代のゲイの脚本家、アダム(アンドリュー・スコット)は、同じマンションに住む謎めいた青年、ハリー(ポール・メスカル)と出会う...■「プリシラ」エルビス・プレスリーの元妻、プリシラ・プレスリーの回想録を、「ロスト・イン・トランスレーション」などのソフィア・コッポラ監督が映画化した。エルビスは14歳のプリシラを邸宅に迎え学校に行かせるなどし、21歳になるのを待って結婚した。コッポラ監督は、異次元の環境に飛び込んだ10代の少女の孤独や疎外感、自立を繊細に描く...■「No.10」アレックス・ファン・ヴァーメルダム監督による、極めてクセの強い意欲作。久々に度肝を抜かれた。主人公は、舞台公演に向けて稽古中の俳優、ギュンター(トム・デュイスペレール)。彼は共演女優と不倫関係に。それを知った女優の夫である演出家は、ギュンターに脚本の改変など陰湿な復讐を図るが…■「ザ・タワー」闇に閉ざされた空間を舞台に、ギョーム・ニクルー監督が人間の本質を冷徹に描いたSFパニック作品。仏のとあるマンションが突然、漆黒の闇に包まれる。闇に触れると、その部分が刃物で切り落とされたように消失。外部との連絡も取れず、食料もとぼしい中、住民たちの生き残りをかけた抗争が始まる...■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)■番組SNSでは最新情報をお届け・X(旧Twitter) ■産経Podcast 公式ウェブサイト・https://sankeipodcast.com/■産経Podcastとは。新聞紙面では伝えき

    • 6分
    「アイアンクロー」「パスト ライブス/再会」「インフィニティ・プール」「リトル・エッラ」

    「アイアンクロー」「パスト ライブス/再会」「インフィニティ・プール」「リトル・エッラ」

    ■サムネ画像は:映画「リトル・エッラ」© 2022 Snowcloud Films AB & Filmbin AS■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「アイアンクロー」強力な握力で対戦相手の顔面を締め上げる必殺技「アイアンクロー(鉄の爪)」を生み出し、一世を風靡した米国のレスラー、フリッツ・フォン・エリック(1929~97年)。本作はフリッツとレスラーとなった4人の息子たちの栄光と挫折を、真実に基づき描いた。フォン・エリック家は長男を幼い頃に亡くすなど悲劇に度々見舞われ、「スポーツ界のケネディ家」と呼ばれてきた。一体、何があったのか。■「パスト ライブス/再会」時間と距離に阻まれ、結ばれなかった男女の24年ぶりの再会を描く恋愛劇。新人のセリーヌ・ソン監督が抑制された演出で、大きな感情のうねりを描き出す。ニューヨーク在住の韓国系移民、ノラ(グレタ・リー)は、ソウルの幼なじみ、ヘソン(ユ・テオ)と12年ぶりにインターネット上で再会。オンライン通話を重ねて心を寄せ合うが、実際に会うことはなかった。さらに12年後、ヘソンはノラを忘れられず、彼女の結婚を知りながらニューヨークへと会いに行く。■「インフィニティ・プール」ブランドン・クローネンバーグ監督による奇妙な味わいのスリラー作品。高級リゾートの孤島を訪れた作家、ジェームズ(アレクサンダー・スカルスガルド)と妻。2人は禁止された敷地外へと出かけ、現地の住民を事故死させてしまう。死刑を宣告されたジェームズだが、警察は多額の費用と交換で、おぞましい〝解決策〟を提案する。■「リトル・エッラ」友達を作るのが苦手な少女エッラの唯一の仲良しは叔父のトミー。両親の休暇中、大好きなトミーと1週間過ごすことに。そんな中、オランダからトミーの恋人スティーブがやって来る。邪魔者のスティーブを追い出すため、エッラはいたずら作戦を開始する。■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)■番組SNSでは最新情報をお届け・X(旧Twitter) ■産経Podcast 公式ウェブサイ

    • 6分
    「オッペンハイマー」「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」「美と殺戮のすべて」「ゴッドランド/GODLAND」

    「オッペンハイマー」「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」「美と殺戮のすべて」「ゴッドランド/GODLAND」

    ■サムネ画像は:映画「オッペンハイマー」© Universal Pictures. All Rights Reserved.■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「オッペンハイマー」第二次世界大戦下、世界初となる原子爆弾の開発を成功させ、〝原爆の父〟と呼ばれたロバート・オッペンハイマー(1904~67年)の人間像を描く。被爆地、広島や長崎の惨状が描かれていないなどの批判もあり、日本公開がなかなか決まらなかった。確かに原爆の惨状は直接描かれていない。しかし劇中、オッペンハイマーが、歓喜に沸く米国人の顔の肉が核爆発で剝がれていくという幻影をみるシーンが登場する‥■「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」「ゴーストバスターズ/アフターライフ」(2021年)の続編。前作で自分がゴーストバスターズ創設者の孫だと知り、世界を危機から救った少女、フィービー(マッケンナ・グレイス)。今作では母、兄らとニューヨークでゴーストバスターズを再始動させている。そして、世界を凍結させる最強のゴーストが眠りから覚める‥■「美と殺戮のすべて」1970~80年代のゲイカルチャーを記録した作品などで知られる写真家、ナン・ゴールディンに、ローラ・ポイトラス監督が迫ったドキュメンタリー作品。ベネチア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)受賞。■「ゴッドランド/GODLAND」理想を胸に異文化に飛び込むが、傲慢さから自滅する青年を描く。フリーヌル・パルマソン監督作品。19世紀、デンマーク人牧師のルーカス(エリオット・クロセット・ホーヴ)は、布教のため植民地アイスランドへ赴任。だが、過酷な自然と、地元住民との軋轢で精神を病んでいく‥■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)■番組SNSでは最新情報をお届け・X(旧Twitter) ■産経Podcast 公式ウェブサイト・https://sankeipodcast.com/■産経Podcastとは。新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の記者陣が厳選。ニュース解説、ドキュメンタリー、歴史、エンタメ、インタビューなどオリジナル音声コンテンツをお楽しみくだ

    • 6分
    「コール・ジェーン-女性たちの秘密の電話-」「ペナルティループ」「四月になれば彼女は」「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒(おしり)よ」

    「コール・ジェーン-女性たちの秘密の電話-」「ペナルティループ」「四月になれば彼女は」「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒(おしり)よ」

    ■サムネ画像は:映画「四月になれば彼女は」ⓒ2024「四月になれば彼女は」製作委員会■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「コール・ジェーン-女性たちの秘密の電話-」中絶の権利が認められていなかった1968年の米シカゴで、妊娠が心臓病を悪化させると診断された弁護士の妻、ジョイ(エリザベス・バンクス)が、非合法に中絶を手助けする団体「ジェーン」と出合う。地味といえば地味な映画だが、ここで描かれる女性の連帯、シスターフッドは、現代の日本でも大きな意味を持つのではないかと気づいたので紹介したい...■「ペナルティループ」SFの一種で、繰り返す時間の中に閉じ込められる「ループもの」の作品。荒木伸二監督が新たな設定を持ち込み、不思議な味わいのサスペンスとなった。恋人の唯(山下リオ)を殺された岩森(若葉竜也)は、職場に現れた犯人、溝口(伊勢谷友介)を殺害。翌朝、岩森が目覚ざめると日付はなぜか昨日のまま。岩森は戸惑いつつ、再び現れた溝口に襲いかかり…■「四月になれば彼女は」映画プロデューサーで作家の川村元気が佐藤健(たける)をイメージして書いたという小説を、その佐藤の主演で映画化。佐藤との本格的共演はこれが初めてという長澤まさみ、そして森七菜が出演する話題作だ。恋愛映画としては、やや異色、かつ分かりづらい展開かもしれないが、産経新聞のインタビューで長澤は「現代人は愛することに不器用になりましたが、これは愛するとはどういうことかという問題に向き合う映画です」と語った...■「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒(おしり)よ」その名の通りお尻のような顔の名探偵の活躍を描き、シリーズ発行部数1千万部の児童書が原作。NHK Eテレで放送中のアニメの映画化だ。プロローグ的な短編との2本立てで、短編はまさに子供向けだが、本編はおしりたんていの秘めたロマンスを描き、どうしてなかなか大人の心をつかむ堂々たるラブストーリーになっている。■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amaz

    • 6分
    「FLY!/フライ!」「デューン 砂の惑星PART2」「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」「ビニールハウス」

    「FLY!/フライ!」「デューン 砂の惑星PART2」「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」「ビニールハウス」

    ■サムネ画像は:映画「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」©若松プロダクション■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「FLY!/フライ!」米国のアニメーション制作会社「イルミネーション・エンターテインメント」といえば、「ミニオンズ」「怪盗グルー」などのオリジナル作品や「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」で大ヒットを飛ばしてきた。 同社の最新作は、渡り鳥なのに一度も〝渡り〟をしたことがないカモ一家が、大都会ニューヨーク、そしてカリブ海のジャマイカを目指す冒険譚だ‥■「デューン 砂の惑星PART2」帝国、血族、特殊な力、宇宙戦争…。「スター・ウォーズ」シリーズの原点ともいえそうな米SF小説シリーズを、「ブレードランナー2049」などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、ティモシー・シャラメやゼンデイヤら人気俳優を起用して映画化した「DUNE/砂の惑星」(2021年)の続編。■「青春ジャック 止められるか、俺たちを2」「水のないプール」などで知られ、多くの人材を育てた若松孝二監督の実話に基づく「止められるか、俺たちを」(白石和彌監督)の続編。若松門下生の井上淳一監督が、自身も登場させ、映画の魅力に取りつかれた若者たちを活写した。■「ビニールハウス」韓国では、不動産価格の高騰や経済の低迷で住居を失い、農業施設のビニールハウスに暮らす低所得者層の人々もいるという。本作はこうした貧困や介護といった社会問題をベースに描かれたサスペンスだ‥■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)■番組SNSでは最新情報をお届け・X(旧Twitter) ■産経Podcast 公式ウェブサイト・https://sankeipodcast.com/■産経Podcastとは。新聞紙面では伝えきれない情報を、産経新聞社の記者陣が厳選。ニュース解説、ドキュメンタリー、歴史、エンタメ、インタビューなどオリジナル音声コンテンツをお楽しみください。 ■アンケートフォームはこちら(リンク)
    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 6分
    「マイホームヒーロー」「ゴールド・ボーイ」「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」「DOGMAN ドッグマン」

    「マイホームヒーロー」「ゴールド・ボーイ」「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」「DOGMAN ドッグマン」

    ■サムネ画像は:映画「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」©2023映画「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」製作委員会■産経新聞の映画担当記者が試写会で見た4作品をレビューします。■「映画 マイホームヒーロー」連続ドラマ化された人気コミック「マイホームヒーロー」のその後を描いた〝完結編〟だ。鳥栖哲雄(佐々木蔵之介)が娘の零花(齋藤飛鳥)の彼氏を殺し、罪を隠すため死体を山中に埋めてから7年。土砂崩れで死体が発見され、父親の罪を知らずに刑事になった零花が事件の真相を追い始める。殺人犯の父親と刑事となった娘の〝対決〟の行方は…■「ゴールド・ボーイ」会社を乗っ取るため人を殺した昇(岡田将生)の犯行を、朝陽(羽村仁成)ら3人の子供たちが目撃。家庭環境に恵まれない3人は、昇から大金を脅し取って人生を変えようと… 中国で人気を集めた紫金陳の小説とそのドラマ化作品を、金子修介監督が沖縄に舞台を置き換えて映画化した■「PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~」徳島の高専に通う主人公が、2人の仲間と全国eスポーツ大会に出場するまでを描く青春映画。eスポーツを題材にした劇映画は、これが初だという。奥平大兼と鈴鹿央士という若手の実力派が主演で顔合わせ。ポスターなどは明るい雰囲気を前面に押し出すが、主人公らが抱える問題が、eスポーツを通じて解決されるわけではない。だが、最後は見た人の心に希望の光がともる...■「DOGMAN ドッグマン」人に裏切られ続け、犬と心を通わせるようになった男が主人公のバイオレンス・アクション。リュック・ベッソン監督が放つ久々の快作だ。父親の虐待で、犬の群れの中で育てられたダグラス(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)。愛情を知らない彼は、犬たちと強い絆で結ばれる。やがて、犬たちと生きていくため、犯罪に手を染め始め…■ナビゲーター 德重翠(木村きょうや声優・ナレータープロ養成塾)■「シネマプレビュー」では、産経新聞文化部の映画担当記者が試写を見た感想を率直にレビューします。メジャーな作品から、上映館数の少ない玄人好みの作品まで、幅広くセレクト。単館上映の作品は観るのをためらいがちですが、記者による踏み込んだ感想で「観に行きたくなる」こと必至。新聞社としての信頼と自信を持って魅力をお伝えします。■番組のフォロー、評価をお願いします!■産経Podcast おすすめの番組①『戦後史開封:ゴジラ編』1954年に劇場公開された初代「ゴジラ」。映画のアイデアは、日本を騒然とさせたビキニ環礁の水爆実験から生まれた‥。ゴジラ誕生の舞台裏をラジオドラマ風にお届けするドキュメンタリー番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)②『ラーメン官僚と山口えりこの〝ずるっとラーメントーク〟』これまでに実食したラーメンは18,000杯以上の、現職の国家公務員で〝ラーメン官僚〟こと「かずあっきぃ」さんと、飲食トレンドリサーチャーの山口えりこさんの実用的なラーメン談義をお届けする番組。・Spotifyで聴く(リンク)・ApplePodcastで聴く(リンク)・Amazon Musicで聴く(リンク)■番組SNSでは最新情報をお届け・X(旧Twitter) ■産経Podcast 公式

    • 6分

カスタマーレビュー

3.9/5
58件の評価

58件の評価

yymmr

よく聞いてます

毎週楽しみにしています。CMで流れていない映画の紹介もしてくれるので、観てみたいと思う作品も沢山あり、映画館に足を運ぶ機会が以前より増えました。ナレーションの方の声も心地よく、間も良くてとても聞きやすいです。

いまたのわか

いつも楽しみ

映画が好きですが、毎週新しいロードショーが増えるので何を見ようか迷います。聞きやすい声で映画の特徴をナレーションして頂けて助かります

ノラミケ

聞きやすく綺麗な声です

ナレーションの方の声が好きです!

テレビ番組/映画のトップPodcast

OH! CINEMA PARADISE
J-WAVE
聴くと映画が観たくなる! CINEMORE
CINEMORE
町山智浩の『アメリカ流れ者』
TBS RADIO
映画ラジオ【寝ずの映画番】
【映画批評ラジオ】ジャガモンド斉藤/大島育宙
もっと、光る君へ NHKラジオ「ラジオ深夜便」
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
レッツゴー映画ばなし
レッツゴー映画ばなし

その他のおすすめ

レッツゴー映画ばなし
レッツゴー映画ばなし
町山智浩の『アメリカ流れ者』
TBS RADIO
聴くと映画が観たくなる! CINEMORE
CINEMORE
週刊文春Podcast
「週刊文春」編集部
アフター6ジャンクション 2
TBS RADIO
荻上チキ・Session~発信型ニュース・プロジェクト
TBS RADIO