文化放送報道スペシャル~被災地の真実「復興仮設商店街の明暗‪」‬ 文化放送報道特別番組「日常が失われた日~3.11被災地メディアの戦い」

    • News

東日本大震災の後、地域経済復興の足掛かりとして、そして日常を取り戻す第一歩として各地に生まれた復興仮設商店街。岩手 宮城 福島の被災三県には50~60のこうした仮設商店街があるが、売り上げなどでは明暗がはっきりわかれている。

その両方を取材しているうちに、背景には住居や雇用など、復興の遅れがあることが浮き彫りになってきた。商店主らの生の声を取材し、被災地の真実に迫った文化放送報道特別番組のディレクターズカット版。




[更新 1月6日][不定期更新]

[TIME 36:32]

東日本大震災の後、地域経済復興の足掛かりとして、そして日常を取り戻す第一歩として各地に生まれた復興仮設商店街。岩手 宮城 福島の被災三県には50~60のこうした仮設商店街があるが、売り上げなどでは明暗がはっきりわかれている。

その両方を取材しているうちに、背景には住居や雇用など、復興の遅れがあることが浮き彫りになってきた。商店主らの生の声を取材し、被災地の真実に迫った文化放送報道特別番組のディレクターズカット版。




[更新 1月6日][不定期更新]

[TIME 36:32]

Top Podcasts In News