62本のエピソード

「ALL STAR SAAS PODCAST」は、ALL STAR SAAS FUNDのパートナーである楠田司(@tsukasa_sherpa)と神前達哉(@tatsuyakozaki)がSaaS企業で活躍するタレントをゲストに迎え、SaaSビジネスの魅力や事業成長のポイントをお話する番組です。

Twitterでハッシュタグ #allstarsaas をつけて投稿いただき、みなさまからの感想・質問・フィードバック、取り上げて欲しいテーマを教えていただけると嬉しいです!

ALL STAR SAAS PODCAST ALL STAR SAAS FUND

    • ビジネス
    • 4.6 • 27件の評価

「ALL STAR SAAS PODCAST」は、ALL STAR SAAS FUNDのパートナーである楠田司(@tsukasa_sherpa)と神前達哉(@tatsuyakozaki)がSaaS企業で活躍するタレントをゲストに迎え、SaaSビジネスの魅力や事業成長のポイントをお話する番組です。

Twitterでハッシュタグ #allstarsaas をつけて投稿いただき、みなさまからの感想・質問・フィードバック、取り上げて欲しいテーマを教えていただけると嬉しいです!

    62_スタートアップ人事と戦略〜カミナシ HRマネージャー 松岡 広樹〜

    62_スタートアップ人事と戦略〜カミナシ HRマネージャー 松岡 広樹〜

    今回のPodcastではカミナシの人事マネージャーである松岡広樹さんをゲストにお招きしスタートアップの人事戦略の描き方をテーマにお話を伺いました。急成長を求められるスタートアップにおけるHRの期待役割をどう定義するのか、経営との対話やよくある落とし穴についてGREE、supershipなど松岡さんの経験をベースにしたインサイトに富むディスカッションができました。

    ハイライト


    松岡さんのご経歴、関西テレビへの入社経緯やなぜGREEに入社されたのか
    カミナシへの入社経緯や決め手
    松岡さん流の「良いスタートアップ」の見極め方
    これまでの人事経験の中で、感じたHRの重要性
    スタートアップにおけるHRは期待役割をどのように捉えているか
    よくあるスタートアップHRのアンチパターンの解説
    アンチパターンを回避するために取るべきアクション。特に中長期的戦略を描くためのコツ。
    松岡さんの今後のキャリアビジョン
    【逆質問】レジリエンスの高いSaaS企業の特徴とは?

    松岡 広樹|Hiroki Matsuoka
    カミナシ HR マネージャー

    2010年に関西テレビ放送株式会社に新卒入社。人事部で新卒採用を担当し、人事の魅力に気づく。人事としてさらなる挑戦機会を求め2012年にグリー株式会社に入社。5年間の在籍期間で採用、HRBP、評価・報酬、海外人事などを幅広く経験。その後、2017年にSupeship holdings株式会社に入社し、人事責任者をつとめる。2023年、カミナシに入社。「事業の健全な成長を人・組織を通して実現する」がキャリアのテーマ。

    • 54分
    61_元Salesforceトップセールスと語る営業原論 〜Micoworks VP of Sales 架谷 尚〜

    61_元Salesforceトップセールスと語る営業原論 〜Micoworks VP of Sales 架谷 尚〜

    2023年12月にシリーズBラウンドで35億円の資金調達を発表し、急成長を実現しているMicoworks。今回のPodcastでは急成長のキーパーソンの1人であるVP of Salesの架谷さんをゲストにお迎えしました。博報堂、そしてセールスフォース・ジャパンで常に年間トップセールスを達成してきた架谷さんが、なぜMicoworksに参画したのか。そして日本のSaaSスタートアップの可能性をどのように見ているのかについて、ディスカッションしました。




    架谷さんの自己紹介
    どうして様々な選択肢がある中でMicoworksに転職を決めたのか?
    営業目線で見るMicoworksの強みについて
    普段の架谷さんの1日。トップセールスであり続けるために意識しているポイントとは?
    成果を出すセールスに共通しているポイントとは?
    インプットや自己研鑽で行なっていること
    SaaSスタートアップの可能



    架谷 尚 セールス統括本部 本部長 VP of Sales

    株式会社博報堂に新入社員代表として入社し、ナショナルクライアント担当を歴任。広告ビジネス全般に従事し、マネージャーとしてアカウントチームを牽引。その後、株式会社セールスフォース・ジャパンに入社し、常に年間トップセールス (売上No.1)。Marketing Cloud のエンタープライズ営業としてセールスチームを牽引した後、2022年Micoworks株式会社に入社。

    • 23分
    60_戦略コンサル・事業会社副社長からMicoworksへ。COOとして1年間、組織をどう率いてきたか

    60_戦略コンサル・事業会社副社長からMicoworksへ。COOとして1年間、組織をどう率いてきたか

    2023年12月にシリーズBラウンドで35億円の資金調達を発表し急成長を実現しているMicoworks。今回のPodcastでは急成長のキーマンの1人である八重樫さんをゲストにお迎えしました。公認会計士試験合格、戦略コンサル、事業会社副社長という輝かしいキャリアの八重樫さんが、COOとしてなぜジョインを決めたのか。そしてCOOとして1年間をどのように過ごしたのか、またこのフェーズでの戦略構築のポイントなどをディスカッションしました。


    八重樫さんのご経歴と自己紹介
    MicoworksでCOOとして、どのような具体的な業務に従事しているか
    様々な選択肢がある中でMicoworksへの参画を決めた理由
    転職を決意されてから、入社までにどのような準備をされたのか
    入社から半年で実施された業務
    どのようなスケジュールで日々過ごしているのか。
    インプットや自己研鑽で行なっていることCOOというキャリア
    八重樫さんにとってCOOの役割をどのように定義しているか。逆にしないと決めていること
    戦略立案のポイント



    八重樫 健 / Ken Yaegashi Micoworks COO
    アクセンチュア株式会社にて、経営戦略立案、M&A、新規事業立上、全社デジタル化支援等を経験した後に、Supershipホールディングスを立ち上げ。同社経営戦略の立案、事業推進、10社超のM&Aの戦略立案・実行、PMI・事業グロースまでを一貫して推進し、経営戦略・マーケティング・人事領域を管掌する役員として成長を牽引。2022年Micoworks株式会社に入社。

    • 36分
    59_ARR10億から100億へのGTM戦略〜SmartHR 執行役員 佐々木 昂太 〜

    59_ARR10億から100億へのGTM戦略〜SmartHR 執行役員 佐々木 昂太 〜

    ARR10億円以降、急成長を継続していくには何が重要なのか。これらを大きく阻む課題を大きく3つのカテゴリー(エンプラシフト、マルチプロダクト化、組織ケイパビリティ)に分けてSmartHR 執行役員の佐々木さんとディスカッションしました。



    ハイライト


    SmartHRに入社した背景
    コンサル企業からスタートアップ
    SmartHRでの価値を見出し、賭ける決断
    アメリカ留学の決意と計量経済学の学び
    PMMとはプロダクト成功全体に責任を持つ役割
    マルチプロダクト化の困難さ
    エンプラとSMBの違いと乗り越え方
    組織/カルチャーの変化



    佐々木 昂太

    株式会社SmartHR 執行役員 エンタープライズ事業本部 本部長 UCLA 数学科卒業後、コンサルティングファームに入社し、DXを基軸とした事業戦略~組織・業務改革、アナリティクス等のプロジェクトに従事。
    2018年にSmartHR 経営企画として入社。PMM組織の立ち上げから新規/既存プロダクトのグロース、プリセールス組織の立ち上げを経て、VP of Product Marketingに就任。2024年よりエンタープライズ事業本部の責任者を担う。

    • 53分
    58_エンタープライズセールス組織は、いかにつくりあげるべきか──成功させるための「採用」「育成」の新アプローチ

    58_エンタープライズセールス組織は、いかにつくりあげるべきか──成功させるための「採用」「育成」の新アプローチ

    「エンタープライズセールスの採用と育成における、最適解が見つからない」

    スタートアップ経営者やセールス組織の責任者と関わる中、上記の悩みを聞かないことはありません。スタートアップはもちろん、メガベンチャーですら苦戦するエンタープライズセールスの採用・組織戦略。

    属人的とされ、かつ経験者が圧倒的に少ない採用市場において、今こそ、有識者からエンタープライズセールス組織の構築について、今一度、学び直す必要があるのではないでしょうか。

    今回、Podcastのゲストとして、新卒未経験からワークスアプリケーションズでエンタープライズセールスとして経験を積んだ後、株式会社プレイドにてセールス組織の立ち上げ、直近は株式会社RightTouch 代表取締役としてご活躍する野村さんをゲストにお迎えしました。

    エンタープライズセールスとして20年以上経験のある野村さんから、まずはエンタープライズセールスとは何かという定義付けを。そして採用から育成方法まで、採用活動の「当たり前」を見直し、採用活動をアップデートできる学びの詰まったエピソードをお話しいただきます。エンタープライズセールスの採用に関わる方はもちろん、今後セールス組織づくりを強化する部門責任者の方にもオススメです。

    ハイライト


    採用活動においてよくある失敗、陥りやすい失敗
    エンタープライズセールスに求められるスキルとマインド
    ポテンシャル人材採用における見極めポイント
    ポテンシャル人材の育成で大切なこと
    ひとりめエンタープライズセールスとして採用すべき人材
    初期のオンボーディングで「立ち上がりの速さ」をつくるために



    株式会社RightTouch 代表取締役 野村 修平(@VC_II_1009)

    北海道大学大学院卒業後、大手企業向けERPパッケージソフトウェア開発のITベンチャー企業ワークスアプリケーションズに新卒入社。新規開拓法人営業チームのマネージャー、Vice Presidentを歴任。その後同社の柱となる既存顧客専任の営業(カスタマーセールス)チームを立ち上げたのち、アメリカ事業の立ち上げを牽引。帰国後、2018年12月よりSaaS型の顧客体験プラットフォーム『KARTE』を主力プロダクトとするプレイドに入社し、エンタープライズセールスの立ち上げを担う。2021年12月に社内起業で大手企業向けのコンパウンドスタートアップとしてRightTouchを立ち上げ、現在は同社代表取締役としてビジネス・採用全般をリード。

    同社は今、各ポジションで積極採用中です。



    SAAS TALENT NETWORKは、将来SaaSスタートアップでCxOやVPとして活躍を目指す人材のためのコミュニティです。ご登録いただいた方には、業界最先端の取り組みをしているSaaS企業からの実践的な情報や、非公開ハイクラス求人など優先的に配信します。

    SaaS業界でキャリアアップを目指している方、SaaS業界でよりプロフェッショナル人材を目指したいと思っている方はぜひご参加ください。

    • 45分
    57_IVRy(アイブリー)の急成長の裏側━━新世代SaaSの経営哲学

    57_IVRy(アイブリー)の急成長の裏側━━新世代SaaSの経営哲学

    SaaSは当たり前のことを愚直に積み上げていくビジネスですが、だからこそ難しさもあります。国内外のSaaS企業の成功事例、試行錯誤が経験知として蓄積され、形式知としてすでに昇華されはじめている今、アーリーフェーズのSaaS経営者たちは何を意識し事業拡大に取り組めば良いのでしょうか。

    今回はIVRy CEOの奥西さんのインタビューを通じ、SaaSの一定の成功モデルが確立されはじめたかに見える今、どのような戦略を描き、事業拡大を目指しているのかをインタビューしました。どのような想いで起業し仮説検証を進めていたのか、重要なマインドセットとは何か?有能な人材を惹きつける組織づくりはどのような点に工夫されているのかなど、奥西さんの経営哲学にも焦点を当てながら、事業戦略の解説、そして組織づくりへのこだわりについて貴重な教訓を学べるエピソードです。

    ハイライト


    奥西さんの自己紹介
    IVRyの紹介(事業解説)
    IVRに着目した背景
    奥西さんにとってのPMFとは?
    仮説検証を進める上でのマインドセット
    新世代SaaSとしての矜持
    今の取り組むべきイシューをどのように定められているか?
    SaaSに競争優位性・MOATの議論
    優秀な人材をアトラクトし続けられているポイント



    奥西 亮賀(おくにし りょうが)
    代表取締役CEO
    1991年生まれ。2015年、同志社大学大学院理工学研究科情報工学専攻(博士課程・前期)修了。同年、株式会社リクルートホールディングス(現:株式会社リクルート)に新卒入社。保険事業のUI/UXディレクタ~プロダクトマネージャー、EC事業のプロダクトマネージャーとして、新規事業の立ち上げ~グロース戦略の策定および実行を担当。その後、2019年3月に株式会社IVRy(旧Peoplytics)を創業し、2020年11月電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を正式リリース。2021年12月には同社初となる約3億円の資金調達、2023年3月にはシリーズBで13.1億円の資金調達を実施。

    • 42分

カスタマーレビュー

4.6/5
27件の評価

27件の評価

ghkofs

いつも勉強になっています🙂

若手SaaS企業一般社員ですが、とても勉強になります!

ビジネスのトップPodcast

ラジオNIKKEI
kodansha
PitPa, Inc.
Egg FORWARD × Chronicle
日本経済新聞社 マネーのまなび
Wondery

その他のおすすめ

前田ヒロ Startup Podcast
Off Topic
Egg FORWARD × Chronicle
LayerX
kaminashi, Inc.
iwashi