13本のエピソード

今、知りたい“公共訴訟”を専門家にいろいろ聞いて、一緒に考えてみませんか? 法律に詳しくない人でも気軽に聞けて、楽しく学べる Podcast!

CALL4 Podcast CALL4

    • ニュース
    • 5.0 • 12件の評価

今、知りたい“公共訴訟”を専門家にいろいろ聞いて、一緒に考えてみませんか? 法律に詳しくない人でも気軽に聞けて、楽しく学べる Podcast!

    #13 裁判長の人事異動問題

    #13 裁判長の人事異動問題

    #13 裁判長の人事異動問題

    国を訴えた裁判で裁判長だった人物が、突然、国側の弁護士のトップに!?ーージャーナリストの安田純平さんが国にパスポートの再発給を求めている東京地裁の『ジャーナリストに渡航の自由を!訴訟』の裁判長だった人物が、今年9月1日付けで、法務省の訟務(しょうむ)局長に異動となって波紋を呼びました。訟務局長とは、国側の代理人として訴訟活動をおこなう訟務検事を束ねる立場です。このような直接の異動は初めてのことで、「明らかにアンフェアだ」として原告側弁護団は求釈明を申し立て、さらに多くの弁護士が共同声明を出して問題提起をしています。
    「本件が裁判に与える影響とは?」「そもそも人事交流はどうあるべきか?」……原告側弁護団長の岩井信弁護士に詳しく聞きました。

    【ケースページはこちら】
    https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000060

    【実際の求釈明申立書はこちら】
    https://www.call4.jp/file/pdf/202210/4f3c2a1e47b244269a5c09ee2b836de4.pdf

    【Podcastアンケートはこちら】
    https://forms.gle/m1vrPdPiSTpYqxpt9

    【目次】
    0 :00 オープニング
    1 :50 今回の裁判長の人事異動の問題点
    8 :42 『ジャーナリストに渡航の自由を!訴訟』とは?
    11:30 共同声明と求釈明申立とその反応
    17:28 裁判官の人事異動・交流について
    23:54 エンディング

    【知っておきたい!関連用語】
    〈訟務局〉
    国の利害に関係のある民事に関する争訟及び行政に関する争訟の処理に関する事務を行っている、法務省の内部部局。

    〈求釈明申立〉
    当事者がもう一方の当事者に質問の回答や証拠の提出を求めたい場合、裁判長から相手側に要請をしてもらうように求める行為。

    〈判検(はんけん)交流〉
    日本の裁判所と法務省、検察庁の間で一定の期間、裁判官が検察官に、検察官が裁判官になる人事交流制度。刑事分野の交流は2012年に廃止されたが、裁判官が訟務検事になる交流は今も残る。それに対して、日弁連などは、癒着や馴れ合いを招き公正を損ねるとして批判しています。

    • 24分
    #12 結婚の自由をすべての人に訴訟

    #12 結婚の自由をすべての人に訴訟

    法律上の性別が同じ2人はなぜ日本では結婚ができないの?ーー11月30日、婚姻の平等を求めた「結婚の自由をすべての人に」訴訟の東京地裁判決(一次訴訟)が言い渡されます。札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の各地で訴訟が提起されている本訴訟ですが、札幌の違憲判決、大阪の合憲判決に続く3つ目の判決となります。
    「婚姻の自由の意義ってなんだろう?」「これまでの判決って結局どういう判断だったの?」……わかっているようでわかっていない婚姻の自由に関する訴訟について、北條友里恵弁護士からわかりやすく解説してもらいました!

    【ケースページはこちら】
    https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000031

    【アンケートはこちら】
    https://forms.gle/m1vrPdPiSTpYqxpt9

    【目次】
    0:00  オープニング〜本ケースの概要
    1:44 婚姻の不平等はなぜ問題なのか
    5:56 札幌と大阪の判決について
    (11:28) 「けじすべ訴訟」と呼ぶ理由
    (13:17) 東京地裁判決への期待
    (16:22) 視聴者へのメッセージ〜エンディング
    【知っておきたい!関連用語】
    〈けじすべ訴訟〉
    「結婚の自由をすべての人に」訴訟の頭文字をとった呼び方。原告のなかには同性愛者以外の性的マイノリティ当事者も含まれており、婚姻の自由はすべての属性の人に保障されるべきものであることから、「同性婚訴訟」ではなく、けじすべ訴訟と呼んでいる。
    〈憲法14条〉
    法の下の平等について定めた条文。札幌地裁判決は、同姓愛者が婚姻の法的効果の一部すらの享受できていないことは、憲法14条に違反していると判示している。
    1項「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」
    〈憲法24条〉
    婚姻の自由について定めた条文。札幌地裁も大阪地裁も、異性愛者に限定した婚姻制度の在り方に対し、24条違反は認めていない。
    1項「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」
    2項「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。」
    〈付随的違憲審査制〉
    日本においては、憲法問題それ自体のみを判断する裁判所や訴訟制度はなく、民事・刑事の個別具体的な事案に対する判断を示すために必要な範囲で憲法判断を行う。

    • 18分
    #11「セックスワークにも給付金を」訴訟【高裁スタート!事前レクチャー編】

    #11「セックスワークにも給付金を」訴訟【高裁スタート!事前レクチャー編】

    #01でも取り上げた「セックスワークにも給付金を」訴訟の控訴審が12月8日に東京高裁で始まります。今回はこの訴訟の裁判傍聴ツアー企画に合わせて、原告代理人の平祐介弁護士と三宅千晶弁護士にお話を聞きました。平弁護士には地裁判決のポイントや控訴審に向けての弁護団の活動について、三宅弁護士には裁判傍聴の心構えについてお話しいただきました。裁判傍聴ツアーに参加する方も、そうでない方も必見(必聴?)の内容です。

    【ケースページはこちら】
    https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000064

    【アンケートはこちら】
    https://forms.gle/m1vrPdPiSTpYqxpt9

    【目次】
    0:00   オープニング
    1:55   事案の説明
    3:27   地裁判決のポイント
    8:55   弁護団の活動
    11:31 裁判傍聴の心構え
    18:52 社会全体として考えてもらいたいこと
    21:07 エンディング

    【知っておきたい!関連用語】
    〈セックスワーク〉:性的サービスを行う職業のこと。1980年代にアメリカで提唱された言葉。こうした職業が正面から「仕事」として扱われず、労働者としての権利があいまいになっているのではないかという問題提起を含む用語としても使われる。
    〈法の下の平等〉:日本国憲法14条1項で「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」と規定されている。この裁判では、セックスワーカーと他の事業者との間でコロナ給付金の給付の有無に差があることが法の下の平等に反するのではないかが問題となっている。
    〈風営法〉:正式名称を「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」という。善良な風俗の保持を目的とした法律で、風俗営業などについて営業時間や営業区域を制限したり、営業の許可・届出を定めたりしている。
    〈(裁判)傍聴〉:裁判を見に行くこと。日本国憲法でも裁判の公開が保障されており、原則として事件関係者かどうかにかかわらず、誰でも見ることができる。
    〈期日〉:裁判に関することが行われる時間のこと。口頭弁論期日、弁論準備手続期日、判決言渡期日、和解期日など、期日の中でもいろいろな種類がある。この裁判で12月8日に東京高裁で行われるのは、1回目の口頭弁論期日である。
    〈控訴審〉:日本では一つの事件について裁判所で審理を受けられるのは3回までであり(三審制)、そのうちの2回目の裁判のこと。「第二審」ともいう。例外もあるが、多くは各地の高等裁判所で審理が行われる。なお、3回目の裁判のことは「上告審」といい、最高裁判所で審理が行われる。

    • 24分
    #10 戸籍上も「俺」になりたい裁判【原告の声編ー前編ー】

    #10 戸籍上も「俺」になりたい裁判【原告の声編ー前編ー】

    トランスジェンダー当事者はみんな性別適合手術を望むのか。戸籍変更のためには手術が必要な日本で、当事者としてこれに異を唱えている鈴木げんさん。今回は、げんさんとそのパートナーの國井良子さん、さらにゲイ当事者として様々な発信をしている松岡宗嗣さん(一般社団法人fair代表理事)をお迎えして、トランス当事者にとって身体を変更することとはどういうことなのか、何を想い、何を感じて生活しているのか…をお話しいただきました。

    【ケースページはこちら】
    https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000075

    • 27分
    #09 「子どもと向き合う時間がほしい」児童相談所の労働環境改善を!訴訟

    #09 「子どもと向き合う時間がほしい」児童相談所の労働環境改善を!訴訟

    子どもの虐待事件が発生すると耳にする「児童相談所」。今、児童相談所で働く職員が、子どもたち一人ひとりと向き合う時間が取れないほど長時間労働を強いられており、全国的に問題となっています。今回は、このような環境の是正を訴えて訴訟を提起した原告の飯島章太さんと足立啓輔弁護士にお話を聞きました。

    • 24分
    #08 公安警察による市民運動の監視を許さない。市民の「もの言う」自由を守るための訴訟【原告の声編】

    #08 公安警察による市民運動の監視を許さない。市民の「もの言う」自由を守るための訴訟【原告の声編】

    前回の「解説編」に続き、今回は訴訟の原告である船田伸子さんにお話を聞きました。船田さんは、実際に公安警察に個人情報を収集され、勝手に事業者に情報を提供されていました。
    「なぜ虚偽の内容を含む個人情報が警察から事業者に提供されたのか」「そもそもどうして船田さんの情報が警察に収集されていたのか」ーー事件の問題点や裁判を通じて訴えたいことを語っていただきました。

    • 22分

カスタマーレビュー

5.0/5
12件の評価

12件の評価

ニュースのトップPodcast

ニッポン放送
ニッポン放送
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
SPINEAR
NHK WORLD-JAPAN
BBC World Service

その他のおすすめ

朝日新聞ポッドキャスト
朝日新聞ポッドキャスト
朝日新聞ポッドキャスト
伊藤穰一
Yuru Gengogaku Radio
TBS RADIO