15分

全員が「創り手」であるために。デザインとファシリテーションの交差点|CULTIBASE Radio|Facilitation #28 CULTIBASE Radio

    • ビジネス

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioファシリテーションの28回目では、株式会社MIMIGURIのFacilitatorである渡邉貴大と、同社のFacilitatorである猫田耳子が、「全員が『創り手』であるために。デザインとファシリテーションの交差点」をテーマにディスカッションしました。(後編はコチラ)


MIMIGURIのファシリテーションドメインに所属する猫田耳子をゲストに迎え、猫田のファシリテーション観や芸風に迫っていく。
猫田は、10年弱、紙媒体のグラフィックデザインを主に扱う、デザイナーであった。その後ブランディングを扱う会社で、ロゴの開発やWEBデザインの開発も行ってきた。当時は、ファシリテーターではなく、デザイナーとしての自分にアイデンティティがあった。
その後、MIMIGURIの前身のミミクリデザインにジョイン。プロセスを通して生み出す、アウトプット部分のクリエイティブを生み出すことに、主な採用の期待があった。しかし、猫田自身は、プロセス部分に伴走しながら、共につくりたい気持ちもあった。
デザイナー時代は、初期のヒアリングだけでクライアントと関わり、仕様を元にデザイナーがアウトプットするプロセスに違和感があった。
価値観を共有して、共につくっていくプロセスを作りたいと考えた猫田。「猫田がつくった」ではなく、「クライアントがつくったのであり、猫田はクリエイティブを形にするところで手を動かしただけ」という状態にしたかったのだと言う。
つまり、関わった人たち全員の手触り感があり、自分も含めみんなで生み出したクリエイティブであることが重要だと考えている。
次回は、今回の内容を踏まえて、どんなファシリテーター観が醸成されたかに迫っていく。



【関連コンテンツ 】
今回のゲスト・猫田耳子が先日登壇したライブイベント「個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか?」のアーカイブ動画が公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

▼個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか? -「常識を考え直すワークショップ」の事例から考える

https://www.cultibase.jp/videos/9044

◇   ◇   ◇

人と組織のポテンシャルを引き出す知見をさらに深く豊かに探究していきたいという方は、会員制オンラインプログラム「CULTIBASE Lab」がオススメです。CULTIBASE Labでは、組織の創造性を最大限に高めるファシリテーションとマネジメントの最新知見を学べる探究型学習コミュニティとして、会員限定の動画コンテンツに加え、CULTIBASEを中心的に扱う各領域の専門家をお招きした特別講座など、厳選した学習コンテンツをお届けします。

▼「CULTIBASE Lab」の詳細・お申し込みはこちら

https://cultibase.jp/lab

CULTIBASE Radioは、人やチームの創造性を高める知見を音声でお届けします。 CULTIBASE Radioファシリテーションの28回目では、株式会社MIMIGURIのFacilitatorである渡邉貴大と、同社のFacilitatorである猫田耳子が、「全員が『創り手』であるために。デザインとファシリテーションの交差点」をテーマにディスカッションしました。(後編はコチラ)


MIMIGURIのファシリテーションドメインに所属する猫田耳子をゲストに迎え、猫田のファシリテーション観や芸風に迫っていく。
猫田は、10年弱、紙媒体のグラフィックデザインを主に扱う、デザイナーであった。その後ブランディングを扱う会社で、ロゴの開発やWEBデザインの開発も行ってきた。当時は、ファシリテーターではなく、デザイナーとしての自分にアイデンティティがあった。
その後、MIMIGURIの前身のミミクリデザインにジョイン。プロセスを通して生み出す、アウトプット部分のクリエイティブを生み出すことに、主な採用の期待があった。しかし、猫田自身は、プロセス部分に伴走しながら、共につくりたい気持ちもあった。
デザイナー時代は、初期のヒアリングだけでクライアントと関わり、仕様を元にデザイナーがアウトプットするプロセスに違和感があった。
価値観を共有して、共につくっていくプロセスを作りたいと考えた猫田。「猫田がつくった」ではなく、「クライアントがつくったのであり、猫田はクリエイティブを形にするところで手を動かしただけ」という状態にしたかったのだと言う。
つまり、関わった人たち全員の手触り感があり、自分も含めみんなで生み出したクリエイティブであることが重要だと考えている。
次回は、今回の内容を踏まえて、どんなファシリテーター観が醸成されたかに迫っていく。



【関連コンテンツ 】
今回のゲスト・猫田耳子が先日登壇したライブイベント「個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか?」のアーカイブ動画が公開中です。CULTIBASE Lab会員限定となりますが、現在10日間の無料キャンペーンも実施中です。関心のある方はぜひこの機会に入会をご検討ください。

▼個人の“らしさ”が共生する組織をいかにつくるか? -「常識を考え直すワークショップ」の事例から考える

https://www.cultibase.jp/videos/9044

◇   ◇   ◇

人と組織のポテンシャルを引き出す知見をさらに深く豊かに探究していきたいという方は、会員制オンラインプログラム「CULTIBASE Lab」がオススメです。CULTIBASE Labでは、組織の創造性を最大限に高めるファシリテーションとマネジメントの最新知見を学べる探究型学習コミュニティとして、会員限定の動画コンテンツに加え、CULTIBASEを中心的に扱う各領域の専門家をお招きした特別講座など、厳選した学習コンテンツをお届けします。

▼「CULTIBASE Lab」の詳細・お申し込みはこちら

https://cultibase.jp/lab

15分

ビジネスのトップPodcast

聴く講談社現代新書
kodansha
ハイパー起業ラジオ
尾原和啓 / けんすう
経営中毒 〜だれにも言えない社長の孤独〜
Egg FORWARD × Chronicle
元証券マンしんさんのちょっと気になる今日の経済ニュース
元証券マン 投資アドバイザー しんさん
海外ではたらく私たち20’s
BIAS
レイニー先生の今日から役立つ英会話
PitPa, Inc.