4本のエピソード

「oar night radio」は出版レーベルoar pressの番組です。出版物の紹介や、企画関連のトーク、アーティストの展示案内など、不定期に配信されます。
-
"oar press"
The oars used to row boats are essential helps to go forward.
 Once the boats rowed out and join the stream, oars may seem to become unnecessary.
 Even if so, they are indispensable to keep rowing and sometimes to change their directions.
oar press mainly works as an alternative independent publishing label based in Tokyo, creating artists books and supporting various art projects and peoples related to art.

oar night radio oar press

    • アート

「oar night radio」は出版レーベルoar pressの番組です。出版物の紹介や、企画関連のトーク、アーティストの展示案内など、不定期に配信されます。
-
"oar press"
The oars used to row boats are essential helps to go forward.
 Once the boats rowed out and join the stream, oars may seem to become unnecessary.
 Even if so, they are indispensable to keep rowing and sometimes to change their directions.
oar press mainly works as an alternative independent publishing label based in Tokyo, creating artists books and supporting various art projects and peoples related to art.

    oar night radio #4 展覧会トークアーカイブ「シグナルと制作」(静かの海@駒込倉庫)

    oar night radio #4 展覧会トークアーカイブ「シグナルと制作」(静かの海@駒込倉庫)

    oar night radio #4
    展覧会トークアーカイブ「シグナルと制作」
    収録日:2023年12月17日18:00-19:30
    会場:駒込倉庫(水上愛美、若林菜穂「静かの海」展会場)
    *本収録は駒込倉庫で開催されたトークイベントを会場で録音したものとなります。
    -
    【話し手】
    榎本耕一
    富田正宣
    本山ゆかり
    水上愛美
    若林菜穂
    -
    絵画のなかで描かれる記号性や物語、絵画と世界との関係をそれぞれの領域で追求する作家3名を招いてクロストークをおこないます
    -
    榎本耕一(えのもと・こういち)
    1977年大阪府生まれ。金沢市立美術工芸大学卒業後、同大学大学院博士前期課程中退。古今東西のモチーフをサンプリング、融合させながら、古代から現代までの物語を過密な情報と共に絵画へと昇華する。2020年以降の近作ではこれまでに習得してきた技法を操りながら、特に現代の都市と人々に焦点を当てた作品を制作している。近年の主な個展に「Against the day」Nonaka-Hill (ロサンゼルス /2022)、「あいまいのしるし」金沢アートグミ(石川 /2021)、「NEW LIFE !!」TARO NASU(東京 / 2020)、「わたくしは鳥に抱き竦められて生きている」soda(東京 /2020)、「ストーン」TARO NASU(東京 /2017)、「超能力日本」HAPS(京都 /2015)など。
    -
    富田正宣(とみた・まさのり)
    1989年熊本県生まれ。2013年に東京藝術大学絵画科油画専攻卒業。身の回りの些細なモチーフや風景を収集し、その記録や感覚、物語を抽出するようにして、主に複雑な色彩と豊かなマチエールの絵画を制作する。具象にも抽象にも捉えうる油彩画は、作家が知覚する現象や世界の姿を包摂する。近年の主な展覧会に、個展「lamella」 HIGH ARTS PARIS(パリ /2023)、「LE BISCUIT À SOUPE」HIGH ART ARLES(アルル /2022)、個展「ユーセン」KAYOKOYUKI(東京 /2022)、「LA CONSTITUANTE」Parliament( パリ /2021)、「Emerging Japanese Painters」 SHOP Taka Ishii Gallery( 香港 /2021)、「Studio Exhibition」大野智史スタジオ(山梨 /2018)など。
    -
    本山ゆかり(もとやま・ゆかり)
    1992年愛知県生まれ。2017年京都市立芸術大学大学院油画専攻修了。線や支持体、地と図など、絵画や鑑賞行為に関わる諸要素を分解・再構築する過程、あるいは記号とその受容との間に絵画表現を希求する。複数の異なる色の布を繋ぎ合わせ支持体とする「Ghost in the Cloth」、数字をモチーフとした「Plate」のシリーズ等で知られる。近年の主な展覧会に、個展「この世、受け皿」Yutaka Kikutake Gallery (東京 /2022)、「VOCA 展」上野の森美術館(東京 /2022)、「現代美術のポジション 2021-2022」名古屋市美術館(愛知 /2022)、個展「コインはふたつあるから鳴る」文化フォーラム春日井(愛知 /2021)など。
    -
    【話に出てきた本・テキスト・作品】
    ・トマス・ピンチョン著、佐藤良明訳『重力の虹』2014年9月発行 (新潮社)
    ・テッド・チャン、浅倉久志・他訳『あなたの人生の物語』2003年9月(ハヤカワ文庫)
    ・カート・ヴォネガット・ジュニア、伊藤典夫訳『スローターハウス5』1978年12月 (早川書房・ハヤカワ文庫)
    ・ゆでたまご『キン肉マン』1979年-(集英社)
    ・林田球『ドロヘドロ』2000-2018年(小学館)
    ・庵野秀明『新世紀エヴァンゲリオン』1995-1996年
    ・河合隼雄『影の現象学』1987年12月 (講談社学術文庫)
    ・笹井宏之『えーえんとくちから』2010年12月(PARCO出版)
    -
    【話に出てくる展覧会】
    ・特別展「やまと絵 ー受け継が

    • 1 時間59分
    oar night radio #3 展覧会トークアーカイブ「心をたどる、描くこと」(静かの海@駒込倉庫)

    oar night radio #3 展覧会トークアーカイブ「心をたどる、描くこと」(静かの海@駒込倉庫)

    oar night radio #3
    展覧会トークアーカイブ「心をたどる、描くこと」
    収録日:2023年12月10日18:00-19:30
    会場:駒込倉庫(水上愛美、若林菜穂「静かの海」展会場)
    *本収録は駒込倉庫で開催されたトークイベントを会場で録音したものとなります。
    -
    【話し手】
    下西風澄
    水上愛美
    若林菜穂
    -
    3000年前の古代ギリシアから現代までの哲学を中心に、認知科学やAI、文学などさまざまな側面から、人類が生み出してきた「心」という存在を紐解く、『生成と消滅の精神史 終わらない心を生きる』を上梓した下西風澄氏を迎え、人類の心と表象について出展作家二人の作品を紐解きながらお話を伺います。
    -
    下西風澄(しもにし・かぜと)
    1986 年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学。哲学に関する執筆活動を行っている。
    著書に『生成と消滅の精神史 終わらない心を生きる』(文藝春秋)、絵本『10 才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)など。 執筆に「生まれ消える心─傷・データ・過去」(『新潮』2023.5)、「演技する精神へ─個・ネット・場」(『文學界』2023.6)、「ぼくは言語」(『群像』2023.8)、「詩篇 風さえ私をよけるのに」(『GATEWAY』)ほか。kazeto.jp
    -
    【話に出てきた本・テキスト】
    ・下西風澄『生成と消滅の精神史 終わらない心を生きる』2022年12月発行 (文藝春秋)
    ・ウラジミール・ナボコフ著、富士川義之訳『青白い炎』2014年6月発行(岩波書店)
    ・アンドレ・ブルトン『溶ける魚』1924年発行
    -
    【話に出てくる展覧会】
    ・新津保建秀「消え入りそうなほど 細かくて 微妙な」2023年4月19日〜5月20日@ミヅマアートギャラリー (東京)

    -
    水上愛美、若林菜穂「静かの海」2023年11月25日〜12月17日12:00-18:00(月火水休)
    駒込倉庫
    東京都豊島区駒込2-14−2

    -
    oar press (https://oarpress.com)


    ----------

    • 1 時間57分
    oar night radio #2 若林菜穂個展の後のおしゃべり「エフェメラ」

    oar night radio #2 若林菜穂個展の後のおしゃべり「エフェメラ」

    oar night radio #2
    若林菜穂個展の後のおしゃべり「エフェメラ」
    収録日:2023年3月7日
    会場:25時
    -
    【話し手】
    若林菜穂
    木下理子 (25時)
    見目はる香 (oar press)
    -
    【話に出てきた本・テキスト】
    ・ジェームズ・リー・バイヤース『Letters to / Briefe an Joseph Beuys』2000年2月発行 (Hatje Cantz Verlag)
    ・「旅」と書かれたアルバム
    ・木下理子『25時のピクニック』2022年4月〜9月連載 (oar press web site)
    -
    【話に出てくる展覧会】
    ・若林菜穂「paradoxical sleep」2022年12月25日〜27日@25時 (東京)
    ・木曽ペインティングス「千年のすみか」2021年10月23日〜11月7日@木祖村 (長野)
    ・「清里現代美術館アーカイブブック エフェメラ展 」2023年2月2日〜3月5日@tata bookshop/gallery (東京)
    ・木下理子「粒子」2023年3月14日〜3月26日@gallery MARUNI - AKIYA (東京)
    -
    【開催中】
木下理子「粒子」
2023年3月14日〜3月26日
12:00-18:00(会期中無休)
    gallery MARUNI - AKIYA
〒156-0044 東京都世田谷区赤堤2-50-14 

    -
    oar press (https://oarpress.com)

    • 36分
    oar night radio #1 若林菜穂個展「paradoxical sleep」の後のおしゃべり

    oar night radio #1 若林菜穂個展「paradoxical sleep」の後のおしゃべり

    oar night radio #1

    若林菜穂個展「paradoxical sleep」の後のおしゃべり 
    収録日:2022年12月30日 
    会場:25時 
    - 
    【話し手】
    若林菜穂
    木下理子 (25時)
    見目はる香 (oar press)
    -
    【話に出てきた本・テキスト】
    ・若林菜穂『日々草』2022年1月発行 (oar press)
    ・笹井宏之『えーえんとくちから』2010年12月発行 (PARCO出版)
    ・池上嘉彦『記号論への招待』1984年3月発行 (岩波書店)
    ・宮地尚子『環状島=トラウマの地政学』2018年7月発行 (みすず書房)
    ・木下理子『25時のピクニック』2022年4月〜9月連載 (oar press web site)
    ・上野千鶴子『脱アイデンティティ』2005年12月 (勁草書房) *本書はラジオには登場しませんが、若林さんが個展に向けて制作中に影響を受けた本として紹介致します。
    -  
    【話に出てくる展覧会】
    ・若林菜穂「paradoxical sleep」2022年12月25日〜27日@25時 (東京)
    ・若林菜穂「wink」2020年12月18日〜2021年1月11日@四谷未確認スタジオ (東京)
    ・「Slide,Flip, and Turn / スライドフリップアンドターン -7人のアーティストブック展-」2018年11月5日〜30日@武蔵野美術大学美術館図書館 (東京)
    ・木下理子「LAND」2022年12月10日〜13日@Gallery&Space TATSUMI
        
    -
    oar press (https://oarpress.com)

    • 51分

アートのトップPodcast

KNOWフードラジオ
TTとゆと
土井善晴とクリス智子が料理を哲学するポッドキャスト
J-WAVE
これって教養ですか?
shueisha vox
好書好日 本好きの昼休み
朝日新聞ポッドキャスト
味な副音声 ~voice of food~
SPINEAR
広瀬すずの「よはくじかん」
TOKYO FM