10本のエピソード

芸術に関するトークや対話、そして文化関係の話題を中心にお送りします。
アートラジオは極小規模のラジオ局でした。電波の届く範囲が限られているので、これからはオンラインでもお送りしていきます。
探求的な話やここでしか聞けない話題、そして気軽な対談まで、音声だけではなく動画や文章まで、幅広く発信していきます。

アートラジオ (藝術の話‪)‬ Art Radio Online JP

    • アート
    • 5.0 • 1件の評価

芸術に関するトークや対話、そして文化関係の話題を中心にお送りします。
アートラジオは極小規模のラジオ局でした。電波の届く範囲が限られているので、これからはオンラインでもお送りしていきます。
探求的な話やここでしか聞けない話題、そして気軽な対談まで、音声だけではなく動画や文章まで、幅広く発信していきます。

    アートラジオ(藝術の話) − Minoru Sato -m/s x S.Okamotoのトークシリーズ第5話「スタンリー・ブラウンを読み解きつつ」

    アートラジオ(藝術の話) − Minoru Sato -m/s x S.Okamotoのトークシリーズ第5話「スタンリー・ブラウンを読み解きつつ」

    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato -m/s x S.Okamotoのトークシリーズ シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』第5話「スタンリー・ブラウン/stanley brouwnを読み解きつつ」

    アートラジオでは管理人の佐藤実(アーティスト、元美術館学芸員)とDIC川村記念美術館の現役学芸員・S.Okamotoによる気の向くまま芸術の話をする学芸対談シリーズのシーズン1の第5話をお贈りします。

    第5話「スタンリー・ブラウン/stanley brouwnを読み解きつつ」

    公表される情報が限られているために語られることが少なかったスタンリー・ブラウン。展覧会『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』では日本でも比較的知られているカード・インデックス・キャビネットの作品や、本邦初公開となる自身が認める最初期の作品が展示されました。限られた情報と作品から読み解きつつトークを行いました。
    ここでしか聞くことができない大変貴重な話を満載。どうぞお楽しみください。

    • 49分
    アートラジオ(藝術の話) - 美術作家・菊地良博氏によるアルゼンチン発実験音楽バンドReynolsの楽曲紹介編

    アートラジオ(藝術の話) - 美術作家・菊地良博氏によるアルゼンチン発実験音楽バンドReynolsの楽曲紹介編

    アルゼンチンの実験音楽バンドReynols(レイノルズ)。結成30周年を迎えた今年(2022年)はその活動の軌跡をまとめた本も出版されました。
    その本の中でも紹介されているレイノルズのAnla Courtisと親交を持つ美術作家の菊地良博さんが、レイノルズのいくつかの作品をピックアップし番組で語っていただきました。聞き手は映像作家の佐藤貴宏さんとアートラジオの管理人の佐藤実。非常に実験的な試みを続けているレイノルズの作品を気さくな会話にてご紹介しています。ぜひお聞きください。

    • 30分
    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato -m/s x S.Okamotoの学芸対談シリーズ シーズン1第4話「ギルバート&ジョージの作品を中心に」

    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato -m/s x S.Okamotoの学芸対談シリーズ シーズン1第4話「ギルバート&ジョージの作品を中心に」

    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato -m/s x S.Okamotoの学芸対談シリーズ
    シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』
    第4話「ギルバート&ジョージの作品を中心に」

    アートラジオでは管理人の佐藤実(アーティスト、元美術館学芸員)とDIC川村記念美術館の現役学芸員・S.Okamotoによる気の向くまま芸術の話をする学芸対談シリーズのシーズン1の第4話をお贈りします。

    第4話「ギルバート&ジョージの作品を中心に」

    60年代末から70年代のギルバート&ジョージの作品については、日本ではあまり多く紹介されてきていませんでした。展覧会『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』では彼らの活動の初期にあたるその時期にスポットが当てられています。「態度が形になるとき 作品―概念―過程―状況―情報」展(1969)での話を始め、展示やカタログにて紹介された作品解説以上に初期の彼らの作品を深掘りしています。ここでしか聞くことができない大変貴重な話を満載。どうぞお楽しみください。

    • 48分
    アートラジオ(藝術の話)− 佐藤実xS.Okamotoの学芸対談シリーズ シーズン1・第3話「 資料を調査する」

    アートラジオ(藝術の話)− 佐藤実xS.Okamotoの学芸対談シリーズ シーズン1・第3話「 資料を調査する」

    アートラジオ(藝術の話)− 佐藤実xS.Okamotoの学芸対談シリーズ
    シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』
    シーズン1・第3話「 資料を調査する」
    アートラジオの管理人・佐藤実(アーティスト、元美術館学芸員)とDIC川村記念美術館の現役学芸員・S.Okamotoによる気の向くまま芸術の話をする学芸対談シリーズのシーズン1の第3話。
    シーズン1は展覧会『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70 年代美術』について特集。
    第3話では、展覧会を組み立てる上でコロナ禍での資料調査について具体的に語っています。友人同士の気軽な会話ですが、学芸員の仕事を垣間見る貴重な話。展覧会はどのように組み立てられるのか?資料はどうやって調べるのか?そんな素朴な疑問、普段知ることのない学芸員の仕事の話について楽しく語ります。専門的な関心のある人にとってはもちろんのこと、そうでない方にとってもここでしか聞くことができない大変貴重な話を満載。
    どうぞお楽しみください。

    • 16分
    アルゼンチンの超絶実験音楽バンドReynolsの30周年記念展覧会&ドキュメンタリー映画上映会・仙台公演

    アルゼンチンの超絶実験音楽バンドReynolsの30周年記念展覧会&ドキュメンタリー映画上映会・仙台公演

     アルゼンチンの実験音楽バンドとして90年代初頭より活動を始めたレイノルズ。結成30周年を迎えた今年2022年は英国音楽誌WIREの表紙を飾りました。その特異な存在が国際的な注目を浴びているまさにその中で展覧会&ドキュメンタリー映画上映会が日本を縦断する形で4月に開催されました。
     レイノルズは音楽学校をやっていたAnla CourtisとRoberto Conlazoの二人に、ドラマーでボーカルを担当するバンドのリーダーでダウン症を患っているMiguel Tomasinを加えた3人組の実験音楽/サイケデリックバンド。これまでに150(?)タイトルを超えると言われる膨大な数のリリースがあり、2018年には6枚組CDとDVDによるボックスセットをリリースしています。
     インストラクション・コンポジションや実験音楽のワークショップも行いこれまでに複数回来日しているAnla Courtisと10年以上長く親交を持つ美術作家の菊地良博さん。そして以前からレイノルズの活動に関心を寄せている映像作家の佐藤貴宏さん。仙台公演を企画したお二人を迎えて、特異で謎多きバンド・レイノルズを大解剖します。

    • 57分
    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato-m/s x S. Okamotoのトークシリーズ シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』

    アートラジオ(藝術の話)− Minoru Sato-m/s x S. Okamotoのトークシリーズ シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』

    シーズン1『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術』

    第2話: ブルース・ナウマン作品を中心に

    アートラジオでは管理人のMinoru Sato-m/s(アーティスト、元美術館学芸員)とDIC川村記念美術館の現役学芸員・S. Okamotoによる気の向くまま芸術の話をするトークシリーズをスタートします。

    シーズン1は2021年10月から2022年5月にかけてDIC川村記念記念美術館、愛知県美術館、兵庫県立美術館を巡回する展覧会『ミニマル/コンセプチュアル ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70 年代美術』を大特集。

    『ミニマル/コンセプチュアル』展はDIC川村記念美術館が立ち上げとなって開催された展覧会。同館での企画を担当したのがOkamoto氏です。展覧会に関係するさまざまな話、そして担当学芸員でしか語れないような貴重な話を友人同士の気軽な会話としてお贈りします。

    • 38分

カスタマーレビュー

5.0/5
1件の評価

1件の評価

アートのトップPodcast

kodansha
バタやん(KODANSHA)
SPINEAR
大島育宙/高野水登
朝日新聞ポッドキャスト
SPINEAR