200 episodes

事業承継に直面する企業は今後10年で約4割。そして、準備を怠れば、あの有名企業のように、業績低下、人材流出、資金不足など、会社の存立が危うくなります。そうならないために「失敗しない事業承継」と2代目社長が成功する「後継社長専用の経営法」を知っておくことが重要です。この番組では「事業承継コンサルタント」高橋秀仁が、自らも事業承継で苦労した経験と、中小企業診断士の正しい理論と会社を経営している現役社長としての実践を通じて、2代目3代目社長の応援ために、事業承継を先に経験した先輩経営者から事業承継の秘訣をインタビューし、その極意を経営コンサルタントして、誰でも活用できる方法として解説しています。これから、事業承継を控える方、事業承継後の経営に悩んでいる方におすすめです。事業承継コンサルタント「アシスト2代目」  http://asisst-2daime.com/日本事業承継コーチング協会  https://www.jsc-kyokai.com/

9割がもめる社長交代 ~二代目社長が成功する極意‪~‬ 高橋秀仁

    • Careers

事業承継に直面する企業は今後10年で約4割。そして、準備を怠れば、あの有名企業のように、業績低下、人材流出、資金不足など、会社の存立が危うくなります。そうならないために「失敗しない事業承継」と2代目社長が成功する「後継社長専用の経営法」を知っておくことが重要です。この番組では「事業承継コンサルタント」高橋秀仁が、自らも事業承継で苦労した経験と、中小企業診断士の正しい理論と会社を経営している現役社長としての実践を通じて、2代目3代目社長の応援ために、事業承継を先に経験した先輩経営者から事業承継の秘訣をインタビューし、その極意を経営コンサルタントして、誰でも活用できる方法として解説しています。これから、事業承継を控える方、事業承継後の経営に悩んでいる方におすすめです。事業承継コンサルタント「アシスト2代目」  http://asisst-2daime.com/日本事業承継コーチング協会  https://www.jsc-kyokai.com/

    第199回 商家の家訓から学ぶ事業承継 ~高島屋~

    第199回 商家の家訓から学ぶ事業承継 ~高島屋~

    日本には長く続いている会社が多くあります。

    その会社の家訓を学ぶことで、会社永続の秘訣や事業承継のポイントを学ぶことができます。

    今回は高島屋さん。

    関西を中心としたデパートです。

    江戸時代に創業し、初代から2代目へ経営を引き継ぎながら、古着屋から百貨店に成長し事業を発展させています。

    その中で経営者として会社を守るべき家訓を知り、時代と共に成長するための経営手法の変化について解説しています。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime199.mp3

    • 13 min
    第198回 「自分らしく」会社をリニューアルできたのは、先代や自社の過去が今の会社を支えていると理解した後継社長の聡明さ:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュ

    第198回 「自分らしく」会社をリニューアルできたのは、先代や自社の過去が今の会社を支えていると理解した後継社長の聡明さ:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュ

    茨木市常総市にある、老舗和菓子店「ゆたかや」の3代目の中山社長。

    急遽後継者になってから会社を引き継ぎ、新しいことにチャレンジする

    波乱の後継社長について、解説します。

    1.東京に修行後に「ゆたかや」に戻り、新しい商品を作るも、低い値付けに葛藤する後継者時代。

    2.社長となり店舗リニューアルを機に、専門店として高付加価値の商品を増やしたことで顧客が離れるかと心配したものの、ほとんどの顧客は長く買いに来てくれた。そこは、先代の力に支えられた。

    3.新店舗を出すにあたり、もともとの甘味屋のエッセンスを残す店作りにした。自社の歴史を今風に活用する。後継社長ならではの、長く会社が続く方法のひとつです。

    ぜひお聴き下さい。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime198.mp3

    • 10 min
    第197回 後継社長の新たなチャレンジへの不安と期待。そして、会社としての原点回帰:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュー【後編】

    第197回 後継社長の新たなチャレンジへの不安と期待。そして、会社としての原点回帰:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュー【後編】

    店舗リニューアルを境に、33歳で会社を引き継いだ中山社長。

    自分の思い描いていた「和菓子の専門店」を実現し、新たな船出と期待していた。

    しかし、顧客は新商品を買ってくれるだろうか。

    価格が高くなっているので、顧客は離れるのでないか。

    そんな不安が、オープンが近づくにつれて大きくなります。

    しかし、リニューアルすると多くの顧客が自分の和菓子を気に入ってくれ、リピートしてくれた。

    その理由は先代のある行動にあったと、あとで分かった。


    さらに、2号店をオープンするにあたって、中山社長がこめた想いとは。

    会社を引き継いでよかったと思えるようになる、後継者・後継社長はぜひお聞き下さい。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime197.mp3

    • 19 min
    第196回 「俺の作る和菓子はもっと高い値段で売りたい」和菓子屋3代目の苦悩した後継者時代:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュー【前編】

    第196回 「俺の作る和菓子はもっと高い値段で売りたい」和菓子屋3代目の苦悩した後継者時代:有限会社ゆたかや製菓 代表取締役 中山忠男氏 インタビュー【前編】

    子供のころは継ぐつもりはなかったところ、急遽引き継ぐことになった中山社長。

    学校卒業後、東京で6年修行することで、

    流行を取り入れた和菓子を専門店で販売することが

    今後の店の方向性と感じます。

    しかし、「ゆたかや」に戻ると昔ながらの

    安くて美味しい仕事ばかり。忙しいのはいいが、

    このままでは時代の流れに乗り遅れると不安を感じます。

    現状の仕事の状況と時代を感じての将来に悩みます。

    多くの後継者にお聞き頂きたい内容です。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime196.mp3

    • 18 min
    第195回 後継者・後継社長のための若手人材の採用ポイント

    第195回 後継者・後継社長のための若手人材の採用ポイント

    中小企業は慢性的に人手不足です。若手人材となれば

    さらに不足しており、採用に悩みます。


    後継者・後継社長にとって、同世代や若手の人材は

    これから長く働いてもらい、共に会社を発展していくための

    仲間であり、同士です。


    厳しい環境でも、若手人材を採用できている

    後継者・後継社長はいらっしゃいます。


    そのような貴重な若手人材を

    採用するための3つのポイントです。


    当インタビューに出演された後継社長のHPを

    参照しながら、分かりやすく解説しています。


    ぜひお聴き下さい。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime195.mp3

    • 11 min
    第194回 自分が社長になるときに、不退転の覚悟を決められた理由とは:株式会社白鳥プロパン 代表取締役 白鳥五大氏 インタビュー【解説編】

    第194回 自分が社長になるときに、不退転の覚悟を決められた理由とは:株式会社白鳥プロパン 代表取締役 白鳥五大氏 インタビュー【解説編】

    将来は後継社長ではなく、それを支えるナンバー2として

    自社の将来を見ていたからこそ、客観的に見えていた白鳥社長。

    後継者時代には、必要以上に焦ることもなく、自社の事業の将来性と

    現時点での優位性を把握することができた。

    そこから、

    理念を実践することや事業の収益性を高めることを

    様々な人脈や仲間を通じて学びます。

    経営者としての「あり方」を学ぶことについて

    解説しています。




    アシスト2代目(株式会社高橋)

    後継者・後継社長の方

    http://asisst-2daime.com/


    事業承継コーチング協会

    士業・コンサル・FPの方

    https://www.jsc-kyokai.com/





    nidaime194.mp3

    • 10 min

Top Podcasts In Careers

Listeners Also Subscribed To