476本のエピソード

経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。

町田徹の経済ニュースふかぼり‪!‬ ラジオNIKKEI

    • ビジネス
    • 3.0 • 548件の評価

経済ジャーナリスト・町田徹とフリーアナウンサー・杉浦舞が気になるニュースを掘り下げる情報番組。企業の問題に鋭く切り込むジャーナリスト・町田徹が、毎週気になるニュース、気になる企業を徹底解剖。社会をゆがめる元凶はどこにあるのか、その企業が抱える問題の本質は何か・・・。時に冷徹に、時に熱く、語りかけます。

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.8.5放送分)

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.8.5放送分)

    2022年8月5日送分。
     
    「最低賃金の引き上げ。これで『貧者のジレンマ』から脱却できるのか?」
     
    夕方のニュースでもお伝えしましたが、今週月曜日、厚生労働大臣の諮問機関である中央最低賃金審議会の小委員会は、今年度の最低賃金の目安を全国平均で時給961円にすると決めました。
    前の年度からの上げ幅が31円と過去最大に達することで、労働側からは歓迎の声が聞かれる一方で、化石燃料や穀物などの輸入物価が高騰する中だけに、経営側からは収益の大きな圧迫材料になるという悲鳴も聞かれます。
    しかし、客観的にみると、日本の平均賃金は、現時点でデータが開示されているOECD加盟の先進35カ国の中で、25位。先進国の中でかなりの下位です。
     エコノミストの中には、「このように低賃金を温存しているから、生産性の低い仕事の効率化が進まない。その結果、労働者の付加価値の高い仕事への転換が遅れて、いつまでたっても賃金が上がらない『貧者のジレンマ』、もしくは『賢者のサイクル』に陥っている」といった指摘もあります。
    時間はかけなければなりませんが、悪循環を抜け出すためには、最低でも10倍以上の賃上げが必要だという見方も存在するのです。
     
    今日はそんな見方を紹介し、賃金と経営の在り方を考えてみたいと思います。

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.8.5放送分)

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.8.5放送分)

    2022年8月5日送分。
     
     今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。

     
    〈第10位〉水曜日、OPECプラスが「9月から日量10万バレルの少量増産」に合意。 
    〈第9位〉地元の同意を受けて、福島第1原子力発電所の廃炉に必要な処理水放出設備の建設がスタート。 
    〈第8位〉冬の電力のひっ迫を回避へ。節電ポイント制度がスタート。
    〈第7位〉水曜日、カンボジアのプノンペンでASEAN(東南アジア諸国連合)関連外相会議が開幕。
    〈第6位〉水曜日、ウクライナ産の穀物を積んだ貨物船「ラゾニ号」に対する検査官の臨検が無事完了。 
    〈第5位〉ロシア政府がサハリン2の事業運営を現行のバミューダ法人からロシア法人へ移管することを正式に決定。   
    〈第4位〉最低賃金の目安、全国平均で時給961円に。  
    〈第3位〉月曜日、国連本部で7年ぶりのNPT(核拡散防止条約・再検討会議)が開幕。 
    〈第2位〉アメリカのペロシ下院議長が台湾を訪問。
    〈第1位〉昨日、新型コロナウイルスの1日あたりの感染者が、全国で23万8,735人に。



    5時35分からの経済ニュースふかぼりもお楽しみに。
     

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.7.29放送分)

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.7.29放送分)

    2022年7月29日送分。
     
    「IMFが回復シナリオの破綻を指摘。国際社会は恐慌の回避に舵を切れるのか」
     
    「国際通貨制度の番人」と呼ばれるIMF(国際通貨基金)が火曜日、今年の世界経済の見通しを下方修正して実質成長率が3.2%にとどまるだろうと発表しました。
     IMFが成長見通しを下方修正するのは、今年に入って、1月、4月に続き、3回連続のことです。この見通しによれば、コロナ危機からの回復期待に沸き、6.1%の高成長を遂げた去年と比べ、世界経済は非常に大幅な減速になります。
    さらに、来年=2023年は2.9%と、もう一段、スローダウンして好況・不況の分かれ目とされる3%を割り込むと予想しているのです。
     
    ここで見逃せないのは、新型コロナウイルス危機をリーマンショックのような経済危機にはしないという暗黙の了解のもと国際社会が進めてきた経済の回復シナリオが脆くも崩壊しつつあることを意味している点でしょう。
     背景には、ロシア軍のウクライナ侵攻が加速させる形になった歴史的なインフレ、それに対応するためのアメリカやヨーロッパの利上げ、さらには中国がロックダウンを繰り返していることなどがありますが、いずれにせよ、期待されていた回復シナリオがとん挫し、逆に急速に停滞感を強めているわけです。当然ですが、日本もこうした影響を免れません。
     
    そして、何より気掛かりなのは、こういう危機の入り口で不可欠な国際的な政策協調を推進する土壌が今の国際社会にはまったくないということです。今日は、最新の世界経済見通しと、その深刻さ、国際社会の危うい対処能力について考えてみたいと思います。

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.7.29放送分)

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.7.29放送分)

    2022年7月29日送分。
     
     今週、経済ジャーナリスト 町田徹が選んだニュースはこちらでした。

     
    〈第10位〉影響は、3091万人とソフトバンクのケースを上回り過去最大に。昨日、KDDIが通信障害の報告書を総務省に提出。 
    〈第9位〉「中国との関係は親密なものに戻ることはなく、厳しい姿勢を維持する」 
    〈第8位〉ローカル鉄道は、存続と廃止の基準を設置。都市部はダイナミックプライシング導入も。鉄道の経営構造改革へ、国土交通省が2つの方針を明確化。 
    〈第7位〉昨日、東京都が国内で2例目となる「サル痘」感染者の確認を発表。
    〈第6位〉アメリカが先月に続く2度目の大幅利上げを決定。 
    〈第5位〉世界経済、コロナ危機からの脱却に暗雲。 
    〈第4位〉今朝、アメリカと中国の首脳が電話会談。
    〈第3位〉ロシア、国際宇宙ステーションから離脱へ 
    〈第2位〉南部ヘルソン州の奪還を目指すウクライナ軍が「勢い」 
    〈第1位〉昨日の新型コロナの新規感染者、全国で過去最多の23万人超え。



    5時35分からの経済ニュースふかぼりもお楽しみに。
     

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.7.22放送分)

    町田徹の経済ニュースふかぼり!(2022.7.22放送分)

    2022年7月22日送分。
     
    街で、リクルートスーツ姿の学生さんを見かけること、多いですよね。
    最近は、就職活動のスタートがどんどん早まっていて、この時期は、海外留学生などを除いて、来年春に卒業予定の学生さんは一段落しており、むしろ3年生以下の方が「インターンシップ」などの形で、企業と接触することが増えているそうです。
    そこで、今日は、頑張る就活生へのエールとして、「町田徹のニュースカウントダウン」「経済ニュースふかぼり」ともいつものスタイルを変えて、就活特番をお送りしようと思います。タイトルは、
    「三菱商事の人事担当者に現役大学生が聞く。今、就活戦線は?」
    「三菱商事」といえば、学生の就職先ランキングで、常に上位に入る、会社です。その三菱商事の人事担当者をゲストに迎え、さらに、この番組の学生スタッフ、大学3年生の羽深未奈乃さんにもスタジオに入ってもらい、現役の就活生が一番知りたいことをズバズバ、きいてもらおうと思っています。
     
    最新の採用動向はもちろん、DXや、コロナ禍などで、企業が求める人間像は変わったのか?など就活生はもちろん、転職やステップアップを考えている方、そして、ビジネスや投資のヒントになる情報も沢山出てきます。どうぞお楽しみに。この時間はパート2をお送りします。

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.7.22放送分)

    町田徹の経済ニュースカウントダウン!(2022.7.22放送分)

    2022年7月22日送分。
     
    街で、リクルートスーツ姿の学生さんを見かけること、多いですよね。
    最近は、就職活動のスタートがどんどん早まっていて、この時期は、海外留学生などを除いて、来年春に卒業予定の学生さんは一段落しており、むしろ3年生以下の方が「インターンシップ」などの形で、企業と接触することが増えているそうです。
    そこで、今日は、頑張る就活生へのエールとして、「町田徹のニュースカウントダウン」「経済ニュースふかぼり」ともいつものスタイルを変えて、就活特番をお送りしようと思います。タイトルは、
    「三菱商事の人事担当者に現役大学生が聞く。今、就活戦線は?」
    「三菱商事」といえば、学生の就職先ランキングで、常に上位に入る、会社です。その三菱商事の人事担当者をゲストに迎え、さらに、この番組の学生スタッフ、大学3年生の羽深未奈乃さんにもスタジオに入ってもらい、現役の就活生が一番知りたいことをズバズバ、きいてもらおうと思っています。
     
    最新の採用動向はもちろん、DXや、コロナ禍などで、企業が求める人間像は変わったのか?など就活生はもちろん、転職やステップアップを考えている方、そして、ビジネスや投資のヒントになる情報も沢山出てきます。どうぞお楽しみに。この時間はパート1をお送りします。



    5時35分からの経済ニュースふかぼりもお楽しみに。
     

カスタマーレビュー

3.0/5
548件の評価

548件の評価

JMX-shima

1/21の番組が途中で切れてしまいます。

最後まで聞きたいので対処願います。

きりゆか

分かりやすい!

毎週楽しみにしております!いつもありがとうございます。

ただ先週金曜日の放送がカウントダウンも深掘りのほうも途中で切れてしまい聴けません。対応をお願い致します。

暑くなりましたので、お身体ご自愛ください。
どうぞ宜しくお願いします。

hiro.o

特定業種に対して厳しい批評

日本半導体業界に対して恨みがあるかのようなタイトルをよく付けており、偏ってるなぁと思う。そういう偏りが気持ち悪いが他のニュース番組と併せて聴く事で聞く側でバランス感覚が磨けるので聞いている。

ビジネスのトップPodcast

PitPa, Inc.
日本経済新聞社 マネーのまなび
文化放送PodcastQR
廣瀬真一/オガワブンゴ
ラジオNIKKEI
Egg FORWARD × Chronicle

その他のおすすめ

ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI
ニッポン放送
飯田浩司
ニッポン放送
日本経済新聞社 マネーのまなび

ラジオNIKKEIのその他の作品

ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI
ラジオNIKKEI