15本のエピソード

アクセンチュア ソングがお届けする「未来を実行(execute)する人のためのポッドキャスト〈exe(エグゼ)〉」。
デザイン・DX・サステナビリティ・カーボンニュートラル・メタバースetc…
ビジネスで話題のテーマを毎月1つピックアップして、専門家やデザイナーとともに議論しながら理解を深めるトーク番組です。
ぜひお楽しみください!

音楽   :ermhoi(エルムホイ)http://ermhoi.com/
編集・制作:サウンズネクスト https://www.medicomm.co.jp/
企画・協力:黒鳥社 https://blkswn.tokyo/

【アクセンチュア ソング】
https://www.accenture.com/jp-ja/about/accenture-song-index

exe 未来を実行する人のためのポッドキャス‪ト‬ Accenture

    • ビジネス
    • 4.3 • 16件の評価

アクセンチュア ソングがお届けする「未来を実行(execute)する人のためのポッドキャスト〈exe(エグゼ)〉」。
デザイン・DX・サステナビリティ・カーボンニュートラル・メタバースetc…
ビジネスで話題のテーマを毎月1つピックアップして、専門家やデザイナーとともに議論しながら理解を深めるトーク番組です。
ぜひお楽しみください!

音楽   :ermhoi(エルムホイ)http://ermhoi.com/
編集・制作:サウンズネクスト https://www.medicomm.co.jp/
企画・協力:黒鳥社 https://blkswn.tokyo/

【アクセンチュア ソング】
https://www.accenture.com/jp-ja/about/accenture-song-index

    地方創生、教育etc...日本のスポーツビジネスの可能性|スポーツビジネスの未来 3/3|exe(エグゼ) Episode5

    地方創生、教育etc...日本のスポーツビジネスの可能性|スポーツビジネスの未来 3/3|exe(エグゼ) Episode5

    市場規模が伸び悩み、過渡期にあると言われる日本のスポーツビジネス。今後、大型スポーツイベントの予定がしばらくない中でさらに衰退してしまうのではないか、という危機感もあるようです。
    第3話では、スポーツビジネスを活性化していくためにやらなければいけないこと、そして、スポーツのもつ可能性についてディスカッションします。
    ・スポーツエコシステム推進協議会の役割 
    ・文化としてどう根付かせるか
    ・スポーツが地方創生にできること
    ・教育コンテンツとしてのスポーツ
    ・東北をスポーツの力で盛り上げる
    ・スポーツビジネスの専門家とテックの専門家の人材交流
    ・Slackに中田浩二!?
    etc...
    【出演】
    伏見慎剛(ふしみ・しんご)さん|株式会社メルカリ執行役員NFT担当兼メルコイン取締役
    2008年早稲田大学を卒業後、リクルートに入社。2012年より、創業期の株式会社Origamiに参画し、ビジネス全般を担当し、戦略的提携や資金調達等にも従事。2020年3月、同社のメルカリグループ参画により、メルカリグループに参画。2020年7月から株式会社メルペイ執行役員。2021年4月より株式会社メルカリ執行役員NFT担当、同タイミングにて株式会社メルコインを設立し取締役に就任。
    大柏大(おおかしわ・ふとし)さん|アクセンチュア ストラテジー&コンサルティング プリンシパル
    メディア・エンタテインメント業界、デジタル産業をはじめ、多くの業界/産業で成長戦略、新規事業戦略等を手掛ける。大手企業のスポーツスポンサーシップアクティベーションに於けるデジタル戦略・アリーナ構想立案、動画配信プラットフォームなど、事業戦略立案/実行支援に従事。
    伊藤優希(いとう・ゆうき)さん|アクセンチュア ソング
    業務コンサルタントとしてキャリアをスタートし、2016年にアクセンチュア・インタラクティブ(現ソング)に参画。主にサービスデザインを専門として、製造・小売・金融・官公庁など多様な業界向けに、ユーザー起点での顧客体験や従業員体験の設計、新規事業の企画・開発を推進。
    アクセンチュア ソング
    音楽   :ermhoi
    編集・制作:サウンズネクスト
    企画・協力:黒鳥社

    • 21分
    NFT、ファントークン、ふるさと納税......デジタルテクノロジーに期待されること|スポーツビジネスの未来 2/3|exe(エグゼ) Episode5

    NFT、ファントークン、ふるさと納税......デジタルテクノロジーに期待されること|スポーツビジネスの未来 2/3|exe(エグゼ) Episode5

    パンデミックにより離れてしまったファン層をどう呼び戻すのか。これまでにファンにするのが難しかったスポーツに関心の薄い層をどのように取り込んでいくのか。その鍵は、NFTを中心としたデジタル施策とオフラインの掛け合わせにあるようです。
    第2話では、引き続きメルカリ執行役員NFT担当の伏見さんとアクセンチュアの大柏さんをお招きし、具体的なメルカリのNFTサービスの話を軸に、Web3.0時代におけるスポーツビジネスの在り方、新しいマネタイズの方法を探っていきます。
    ・スポーツ×NFTに期待されること
    ・「パ・リーグ Exciting Moments β」サービスとは?
    ・ノーヒットノーランの試合では開始10分で全コンテンツが完売
    ・重要なのは新しい顧客層の獲得
    ・ルールメイキングが大変
    ・モメンタムをどう捉えるか
    ・リアルとデジタルの掛け合わせ方
    ・ファントークン、ファンタジースポーツ、ふるさと納税!?
    ・ファンダムエコノミーの可能性
    ・実感するスポーツの力
    etc...
    【出演】
    伏見慎剛(ふしみ・しんご)さん|株式会社メルカリ執行役員NFT担当兼メルコイン取締役
    2008年早稲田大学を卒業後、リクルートに入社。2012年より、創業期の株式会社Origamiに参画し、ビジネス全般を担当し、戦略的提携や資金調達等にも従事。2020年3月、同社のメルカリグループ参画により、メルカリグループに参画。2020年7月から株式会社メルペイ執行役員。2021年4月より株式会社メルカリ執行役員NFT担当、同タイミングにて株式会社メルコインを設立し取締役に就任。
    大柏大(おおかしわ・ふとし)さん|アクセンチュア ストラテジー&コンサルティング プリンシパル
    メディア・エンタテインメント業界、デジタル産業をはじめ、多くの業界/産業で成長戦略、新規事業戦略等を手掛ける。大手企業のスポーツスポンサーシップアクティベーションに於けるデジタル戦略・アリーナ構想立案、動画配信プラットフォームなど、事業戦略立案/実行支援に従事。
    伊藤優希(いとう・ゆうき)さん|アクセンチュア ソング
    業務コンサルタントとしてキャリアをスタートし、2016年にアクセンチュア・インタラクティブ(現ソング)に参画。主にサービスデザインを専門として、製造・小売・金融・官公庁など多様な業界向けに、ユーザー起点での顧客体験や従業員体験の設計、新規事業の企画・開発を推進。
    アクセンチュア ソング
    音楽   :ermhoi
    編集・制作:サウンズネクスト
    企画・協力:黒鳥社

    • 35分
    市場規模50兆円!?世界で拡大し続けるスポーツビジネス|スポーツビジネスの未来 1/3|exe(エグゼ) Episode5

    市場規模50兆円!?世界で拡大し続けるスポーツビジネス|スポーツビジネスの未来 1/3|exe(エグゼ) Episode5

    世界のスポーツ産業市場規模は右肩上がりの状況で、とくに北米スポーツ市場は約50兆円といわれています。コロナ禍でチケット収入が減ったのにも関わらず、拡大し続けるスポーツビジネス。その要因はどこにあるのでしょうか。そして、日本でもスポーツビジネスは拡大していくのでしょうか。
    Episode5では、ゲストにプロ野球のパシフィックリーグマーケティングとともに「パ・リーグ Exciting Moments β」サービスを立ち上げたメルカリ執行役員NFT担当の伏見慎剛さん、デジタル戦略やアリーナ構想の立案など、スポーツビジネスに幅広く携わってきたアクセンチュアの大柏大さんをお招きし、ビジネス視点でスポーツの新たな価値を模索します。
    第1話では世界のスポーツ市場、スポーツとWeb3、日本の課題などスポーツビジネスの概要からディスカッションをはじめます。
    ・プロスポーツの4つのマネタイズ(放映権、スポンサーシップ、チケット、グッズ販売)
    ・とにかくマネタイズのアメリカ、ファン優先のヨーロッパ
    ・日本のスポーツ市場は今が過渡期
    ・コロナ禍で激減したチケット収入
    ・メルカリのNFT戦略。参考にしたのは「NBA Topshot」
    ・日本では難しいスポーツベッティング
    ・キーになるのはスポンサーシップ収入
    ・メルカリが鹿島アントラーズをスポンサードする理由
    ・たびたび問題となるチケットのリセール(二次流通)
    etc..
    【出演】
    伏見慎剛(ふしみ・しんご)さん|株式会社メルカリ執行役員NFT担当兼メルコイン取締役
    2008年早稲田大学を卒業後、リクルートに入社。2012年より、創業期の株式会社Origamiに参画し、ビジネス全般を担当し、戦略的提携や資金調達等にも従事。2020年3月、同社のメルカリグループ参画により、メルカリグループに参画。2020年7月から株式会社メルペイ執行役員。2021年4月より株式会社メルカリ執行役員NFT担当、同タイミングにて株式会社メルコインを設立し取締役に就任。
    大柏大(おおかしわ・ふとし)さん|アクセンチュア ストラテジー&コンサルティング プリンシパル
    メディア・エンタテインメント業界、デジタル産業をはじめ、多くの業界/産業で成長戦略、新規事業戦略等を手掛ける。大手企業のスポーツスポンサーシップアクティベーションに於けるデジタル戦略・アリーナ構想立案、動画配信プラットフォームなど、事業戦略立案/実行支援に従事。
    伊藤優希(いとう・ゆうき)さん|アクセンチュア ソング
    業務コンサルタントとしてキャリアをスタートし、2016年にアクセンチュア・インタラクティブ(現ソング)に参画。主にサービスデザインを専門として、製造・小売・金融・官公庁など多様な業界向けに、ユーザー起点での顧客体験や従業員体験の設計、新規事業の企画・開発を推進。
    アクセンチュア ソング
    音楽   :ermhoi
    編集・制作:サウンズネクスト
    企画・協力:黒鳥社

    • 35分
    仲間と共に変わっていく| B Corpから考えるサステナビリティ3/3|exe(エグゼ) Episode4

    仲間と共に変わっていく| B Corpから考えるサステナビリティ3/3|exe(エグゼ) Episode4

    バリューブックスの鳥居希さんとAllbirdsの蓑輪光浩さんをお迎えして、サステナビリティをどうビジネスに織り込んでいくのか、そのヒントを「社会をよくする会社」を認証する世界標準の制度「B Corp」から学ぶEpisode4。
     
    ビジネスをより長く、遠くまで持続させるためには、様々な背景や事情をもった人材と共に働き、同じ課題を抱える仲間たちと協力し、全てのステークホルダーのベネフィットを実現することが不可欠です。コミュニティでありムーブメントでもある「B Corp」は、会社が社会への責任を果たしていく上でどのような可能性をもっているのでしょうか。
     
    第3話では、「B Corp」認証におけるメリットとチャレンジを挙げながら、他の認証制度とは何が異なるのか、また「B Corp」がどのような社会的インパクトをもちうるのか考えます。
     
    ・認証制度であり、コミュニティであり、ムーブメント
    ・世界で5,000社、日本で11社
    ・「B Corpを取らない理由がない」Allbirds創業者の言葉
    ・自分たちは本当にサステナブルなのか
    ・若い世代に対する求心力が違う
    ・もっとB Corpのロゴを輝かせたい
    ・長い旅には仲間が必要
    ・苦労対効果、あるいは有意義な苦労
    ・SDGsのジョーカーは17番の「パートナーシップ」
    ・B Corpが署名する「相互依存宣言」(B Corp Declaration of Interdependence)



    鳥居さんが監訳を務めた『B Corpハンドブック よいビジネスの計測・実践・改善』(バリューブックス・パブリッシング)は2022年6月25日より全国書店・およびECサイトにて販売開始。
    https://publishing.valuebooks.jp/b-corp-handbook
    B Corporationグローバルサイト https://www.bcorporation.net
     
    【出演】
    鳥居希(とりい のぞみ)さん|株式会社バリューブックス 取締役
    慶應義塾大学文学部 仏文学専攻卒業。モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社に15年間勤務。2015年、古本の買取・販売を行う株式会社バリューブックス(長野県上田市)入社。現在は同社にて、グローバルエコノミーを全ての人、コミュニティ、地球のためのものへと変えていくB Corporation™️の認証取得に向けて取り組む。
     
    蓑輪光浩(みのわ みつひろ)さん|オールバーズ合同会社 マーケティングディレクター
    1997年NIKE JAPAN入社。ワールドカップ、箱根駅伝、NIKEiDをはじめとしたマーケティングに携わる。2008年にNIKE EUROPE赴任。2011年よりユニクロにて、錦織圭らトップアスリート契約、PR広告戦略、商品開発に携わる。2016年よりレッドブルに入社しフィールド・マーケティングを統括。2018年にビル&メリンダ・ゲイツ財団 東京オリンピック プロジェクトマネージャー就任。2019年より現職。
     
    齋藤陽介(さいとう ようすけ)|アクセンチュア ソング
    2021年よりビジネスデザイナーとしてアクセンチュアソングに参画。これまでにも、総合広告代理店やNPOにおいて、ビジョン策定・事業開発・顧客体験設計等、多方面から企業のサステイナビリティ推進に関わってきた。ロンドン芸術大学イノベーションマネジメント修士過程修了(2016年)。
     
     
    音楽   :ermhoi
    編集・制作:サウンズネクスト 
    企画・協力:黒鳥社 
     

    • 23分
    完璧なビジネスなんて存在しない| B Corpから考えるサステナビリティ2/3|exe(エグゼ) Episode4

    完璧なビジネスなんて存在しない| B Corpから考えるサステナビリティ2/3|exe(エグゼ) Episode4

    社会をよくするための力としてビジネスを用いる。Episode4では、社会的な責任を果たしている営利企業を認証する「B Corp™️」から、サステナビリティをビジネスに織り込んでいくためのヒントを学びます。
     
    「B Corp」認証制度には、企業が自らのビジネスを計測し、具体的な行動として実行していくために「B インパクトアセスメント(BIA)」と呼ばれる評価ツールが用意されています。、このアセスメントは5つの領域において会社が社会的責任を果たすためにできていること、改善が必要なことを計測し、結果として包括的な成果が明らかになるというものです。200ものチェック項目があるBIAですが、取り組むにあたって大事なことは「完璧を目指さない」こと。
     
    第2話では、引き続きバリューブックスの鳥居希さんとAllbirdsの蓑輪光浩さんと共に、BIAを通して企業が自分たちの現状を把握し、継続して改善していくポイントを、それぞれのご経験を交えながらディスカッションします。
     
    ·丸の内に出店したAllbirdsの戦略
    ·買収されても会社のミッションを継承するために
    ·評価できるのは実行したことだけ
    ·初めから「完璧を目指さない」
    ·アセスメントが自社の現状を教えてくれる
    ·3年に1度、全社をあげて祝う一大イベント
    ·「環境」+「DEI」=サステナブル
    ·困っていることからはじまる
    ·寄付総額が6億円に到達。バリューブックスの「チャリボン」
    ·B Corpはプライドでありモチベーション
    ·なぜ「公平性」を重視するべきなのか
    ·アップデートする「BIA」で企業の代謝もあげていく
    ·サプライヤーの意識も変わった
     
    鳥居さんが監訳を務めた『B Corpハンドブック よいビジネスの計測·実践·改善』(バリューブックス·パブリッシング)は2022年6月25日より全国書店·およびECサイトにて販売開始。
    https://publishing.valuebooks.jp/b-corp-handbook
    B Corporationグローバルサイト https://www.bcorporation.net
     
    【出演】
    鳥居希(とりい のぞみ)さん|株式会社バリューブックス 取締役
    慶應義塾大学文学部 仏文学専攻卒業。モルガン·スタンレーMUFG証券株式会社に15年間勤務。2015年、古本の買取·販売を行う株式会社バリューブックス(長野県上田市)入社。現在は同社にて、グローバルエコノミーを全ての人、コミュニティ、地球のためのものへと変えていくB Corporation™️の認証取得に向けて取り組む。
     
    蓑輪光浩(みのわ みつひろ)さん|オールバーズ合同会社 マーケティングディレクター
    1997年NIKE JAPAN入社。ワールドカップ、箱根駅伝、NIKEiDをはじめとしたマーケティングに携わる。2008年にNIKE EUROPE赴任。2011年よりユニクロにて、錦織圭らトップアスリート契約、PR広告戦略、商品開発に携わる。2016年よりレッドブルに入社しフィールド·マーケティングを統括。2018年にビル&メリンダ·ゲイツ財団 東京オリンピック プロジェクトマネージャー就任。2019年より現職。
     
    齋藤陽介(さいとう ようすけ)|アクセンチュア ソング
    2021年よりビジネスデザイナーとしてアクセンチュアソングに参画。これまでにも、総合広告代理店やNPOにおいて、ビジョン策定·事業開発·顧客体験設計等、多方面から企業のサステイナビリティ推進に関わってきた。ロンドン芸術大学イノベーションマネジメント修士過程修了(2016年)。
    音楽   :e

    • 34分
    ビジネスは社会を良くできる| B Corp™️から考えるサステナビリティ1/3|exe(エグゼ) Episode4

    ビジネスは社会を良くできる| B Corp™️から考えるサステナビリティ1/3|exe(エグゼ) Episode4

    SDGsやESG投資など、自社の利益を確保するだけでなく、社会問題を解決し地球と人々の未来を考えることがいま企業に求められています。とはいえ、既存事業との兼ね合いやコスト·手間から、サステナビリティへの実践·転換の難しさを感じることもしばしばです。Episode4では、サステナビリティをビジネスにどう織り込んでいくのか、なぜ改革が必要なのか、そのヒントを探るべく、「社会をよくする会社」を認証する「B Corp™️」について学んでいきます。
     
    今回ゲストにお迎えするのは、「B Corp」に関する日本初のガイドブック『B Corpハンドブック よいビジネスの計測·実践·改善』の監訳を務めたバリューブックスの鳥居希さん。そしてサンフランシスコのB Corp認証シューズメーカー、Allbirds(オールバーズ)の蓑輪光浩さん。第1回ではサステナビリティを事業に組み込むため、企業がすぐに取り込めること、始めるべきことを探っていきます。
     
    ·アクセンチュアが実践するサステナビリティ支援
    ·社会をよくするため、ビジネスの力を活用する
    ·「D&I」にエクイティ(公平性)を足した「DEI」
    ·B Corpとバリューブックスの出会いとあゆみ
    ·Allbirdsのパーパス「ビジネスの力で気候変動を逆転させる」
    ·企業秘密ではなくオープンソースに
    ·ダイエットするにはカロリーを知ることから
    ·良い商品ありきのサステナブルなストーリー
    ·ショップ店員が学びの起点
    ·環境問題と人権は繋がっている
    ·若い世代が羽ばたける国であるために
     
    ●「B Corp™️」とは?
    「B Corporation™️」の略で、アメリカの非営利団体「B Lab™️」が行っている営利企業の認証制度であり、ムーブメントです。「B」は「Benefit」を意味しており、株主だけでなく社会や環境、従業員、顧客といったすべてのステークホルダーに対する利益を表しています。
    すでに79カ国で約5,000社が取得している国際的な制度。
     
    ●鳥居さんが監訳を務めた『B Corpハンドブック よいビジネスの計測·実践·改善』(バリューブックス·パブリッシング)は2022年6月25日より全国書店·およびECサイトにて販売開始。
    https://publishing.valuebooks.jp/b-corp-handbook
     
    B Corporationグローバルサイト https://www.bcorporation.net
     
     
    【出演】
    鳥居希(とりい のぞみ)さん|株式会社バリューブックス 取締役
    慶應義塾大学文学部 仏文学専攻卒業。モルガン·スタンレーMUFG証券株式会社に15年間勤務。2015年、古本の買取·販売を行う株式会社バリューブックス(長野県上田市)入社。現在は同社にて、グローバルエコノミーを全ての人、コミュニティ、地球のためのものへと変えていくB Corporation™️の認証取得に向けて取り組む。
     
    蓑輪光浩(みのわ みつひろ)さん|オールバーズ合同会社 マーケティングディレクター
    1997年NIKE JAPAN入社。ワールドカップ、箱根駅伝、NIKEiDをはじめとしたマーケティングに携わる。2008年にNIKE EUROPE赴任。2011年よりユニクロにて、錦織圭らトップアスリート契約、PR広告戦略、商品開発に携わる。2016年よりレッドブルに入社しフィールド·マーケティングを統括。2018年にビル&メリンダ·ゲイツ財団 東京オリンピック プロジェクトマネージャー就任。2019年より現職。
     
    齋藤陽介(さいとう ようすけ)|アクセンチュア ソング
    2021年よりビジネスデザイナーとし

    • 30分

カスタマーレビュー

4.3/5
16件の評価

16件の評価

ビジネスのトップPodcast

PitPa, Inc.
日本経済新聞社 マネーのまなび
文化放送PodcastQR
Lindsay McMahon
Morgan Stanley
Nikkei Business Publications, Inc.

その他のおすすめ

佐久間裕美子+若林恵
COTEN inc.
SPINEAR
Chronicle
東京ポッド許可局
SPINEAR