35 episodes

バンコク週報では読者様にとりより一層の有用な情報をお届けすべく、タイ経済の今後をみすえ、「自動車産業」および「サステナビリティー」に関する記事の比重を今後高めてまいります。「総合紙」から「准・専門紙」への転換を図ることに加え、読者様との距離を縮め読者様とともに紙面を作り上げていく「読者参加型の編集体制」を整えてまいります。

『バンコク週報』 タイのビジネスニュース、自動車産業、環境関連記事な‪ど‬ バンコク週報

    • Society & Culture

バンコク週報では読者様にとりより一層の有用な情報をお届けすべく、タイ経済の今後をみすえ、「自動車産業」および「サステナビリティー」に関する記事の比重を今後高めてまいります。「総合紙」から「准・専門紙」への転換を図ることに加え、読者様との距離を縮め読者様とともに紙面を作り上げていく「読者参加型の編集体制」を整えてまいります。

    児童ポルノ容疑で27歳男を逮捕 PCに証拠動画も犯行否認

    児童ポルノ容疑で27歳男を逮捕 PCに証拠動画も犯行否認

    タイ警察当局はこのほど、SNSで言葉巧みに少女たちに接触して裸の写真などを送らせ、それを材料に脅迫して少女たちにわいせつな行為をさせるなどした容疑で27歳の男をバンコクの北隣パトゥムタニ県で逮捕したと発表した。容疑者はある通信会社のコールセンターのオペレーターという。脅された少女の中には自殺した者もいるようだが、容疑者は取り調べに対し、容疑を全面的に否認している。ただ、警察が押収した容疑者のノートパソコンとスマートフォンには少女らの裸やさまざまなコスチュームを着た写真や動画が保存されていたという。

    保護対象の野生動物売買の容疑で4人逮捕 6都県で家宅捜索

    保護対象の野生動物売買の容疑で4人逮捕 6都県で家宅捜索

    警察庁の天然資源環境犯罪制圧部門によれば、警察は6月23日、パトゥムタニ、ノンタブリ、アユタヤ、スパンブリの中部5県とバンコクの6か所を家宅捜索し、保護対象の野生動物を売買した疑いで男3人、女1人を逮捕した。報道によれば、そのうちの1人はスパンブリ県のトラ園のオーナーとのこと。容疑者らは取り調べに対し、複数のインドシナトラを販売目的で入手したことなどを自供している。なお、今年4月にも警察がおとり捜査を実施したことから、ノンタブリ県バーンヤイ郡に販売目的でトラの子ども1頭を持って現れた者など3人が保護対象の野生動物の売買容疑で逮捕されている。

    26歳の夫が教師の妻を昼食時の教室で刺殺 タイ東北部

    26歳の夫が教師の妻を昼食時の教室で刺殺 タイ東北部

    東北部スリン県プラサート郡で6月23日、学校の2階の教室内で昼食時間中に男(26)が女性教師(29)を刺殺したあと、逃走しようとして2階のバルコニーから飛び降り両足を骨折。病院に搬送されるという事件が起きた。男と女性教師は夫婦で、男は不仲だった妻との関係修復を望んでいたが、妻が応じなかったことから、自暴自棄になって凶行に及んだものとみられている。

    タイ人の国内旅行が大幅増の見通し 行先は「2番目に行きたいところ」

    タイ人の国内旅行が大幅増の見通し 行先は「2番目に行きたいところ」

    TMBタナチャート銀行のリサーチ部門によれば、今年はタイ人の国内旅行が前年比162%増の1880万回程度に増加し、これによってもたらされる観光収入は7200億バーツあまりにのぼる見通しだ。これは7月初めから新型コロナ対策の制限措置がさらに緩和されることが最大の要因という。同部門の担当者は、「タイ国民はエネルギー価格の上昇を懸念しているが、長期間行動が制限されていたことからどこかに出かけたいという強い欲求がある。また、密になるのを避けるなどの理由から最も行きたいところではなく、2番目に行きたいところに出かけることが考えられる。このような場所は料金も比較的安く、旅行しやすい」と指摘している。

    大麻合法化 バンコク都知事が学生への影響を懸念

    大麻合法化 バンコク都知事が学生への影響を懸念

    チャチャート都知事は6月23日、バンコク都ディンデン区にある都庁運営の学校を視察し、「学生を大麻に近づけないようにする必要があり、それには学校周辺の商店などの協力が欠かせない」と訴えた。都知事は学校の近くにある商店を見て回り、一部の店で大麻草が売られているのを確認したが、店側は学生を店内に入れないなど今のところ協力的な姿勢を見せているという。

    大麻の大量摂取で9人が病院で治療受ける 保健省発表

    大麻の大量摂取で9人が病院で治療受ける 保健省発表

    保健省医療サービス局の報告によれば、6月9日の大麻合法化に伴い、これまでに9人が大麻を大量に摂取して具合が悪くなったため、同局が管轄するバンコク都内の3病院で治療を受けた。大量摂取は、大麻草を材料に使った料理を食べたり、大麻草を嗜好目的で吸ったりしたことによるもので、症状は前者が吐き気など、後者が動悸・不整脈などとなっている。

Top Podcasts In Society & Culture

iHeartPodcasts
This American Life
New York Times Opinion
Crooked Media
WNYC Studios
Emma Chamberlain and Ramble

You Might Also Like

FMノースウェーブ(北海道)
TRIPLEONE
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
SPINEAR
NewsPicks
日本経済新聞社/Voicy