27 episodes

「気候変動を日常会話に」を目標に、意識も知識も敷居も低い「3低」でどなたでも何かをしながら気軽に聞けるような、そして「なにそれ?」と思った方が質問できるような、道ばたや公園、職場や学校、食卓で話をするような感覚で聞くだけじゃなく参加してもらえるようなポッドキャストを目指しています。

気候変動の向こう‪側‬ 気候変動の向こう側

    • Science

「気候変動を日常会話に」を目標に、意識も知識も敷居も低い「3低」でどなたでも何かをしながら気軽に聞けるような、そして「なにそれ?」と思った方が質問できるような、道ばたや公園、職場や学校、食卓で話をするような感覚で聞くだけじゃなく参加してもらえるようなポッドキャストを目指しています。

    気候ポッド 第27回 ~ 大気汚染の話をしよう|後編|「脱石炭」じゃなく「脱化石燃料」へ

    気候ポッド 第27回 ~ 大気汚染の話をしよう|後編|「脱石炭」じゃなく「脱化石燃料」へ

    Climate Pod_Episode_027_Air Pollution_02.mp3〓 Apple Pod: https://apple.co/3znxKxk〓 Spotify: https://spoti.fi/3iwUO6D
    今回のエピソードでも、前回に引き続き大気汚染について日常会話しています。以下に主な会話の流れを挙げておきます。
    2:30~ 大気汚染の主な原因になっている化石燃料について化石燃料の由来から産業革命、大気汚染による年間700~800万人もの死者(早死に)に至るまで、化石燃料のあれこれについて軽く触れています。
    6:10~ 大気汚染の環境正義問題公害物質を発生させる大気汚染施設が人種的マイノリティや貧困層、低所得層の多い地域に偏って建設されている不公正、いわゆる環境正義問題について。
    8:40~ 「脱石炭」じゃなくて「脱化石燃料」を・ 化石燃料による不公正をなくすためには「脱化石燃料」が必要なのに、なぜ日本では「脱石炭」になってしまっているのか。・ 石炭と比較して二酸化炭素排出量が少ない(石炭の約半分~60%)という理由だけで、環境正義問題を一切無視したまま天然ガスを石炭から再エネへの「ブリッジ」として扱っているためではないか。・ 化石燃料から排出されるのはCO2だけではないのだけど、大気汚染が深刻な公害問題として認識されていない&環境正義を掲げる環境団体ですら環境正義の概念を理解していない日本では、CO2以外の公害物質を問題視しない傾向にあるのではないか。・ 日本では「脱石炭」というキャッチフレーズが盛んだけど(政府や自治体、企業、メディア、環境団体や活動家までも含め)、アメリカでは「脱天然ガス(脱フラッキング)」も叫ばれて久しい(先の民主党の大統領予備選では環境団体や他候補がバイデンにフラッキング禁止を明言するよう迫った。バイデンは今もフラッキングには反対していない)し、「脱石炭」ではなく「脱化石燃料」という声が圧倒的。「脱化石燃料」の理由のひとつは、あたりまえだけど、マイノリティに偏っている不公正(環境正義問題)をなくすため。日本の流れだけが不自然。・日本で化石燃料の環境正義問題が認識されない理由のひとつとして、燃焼時以外、つまり採掘から精製に至る過程の環境汚染や健康被害をまったく経験することがないため、発電時の問題しか見えていないからではないか。フラッキングの不公正を直接経験すれば、「二酸化炭素排出量が少ないから当面は石炭の代わりに天然ガスで」なんていう環境正義の概念に反する考えは浮かばないはず。・ 化石燃料を輸入することで、環境正義問題(環境破壊や健康被害)を他国の環境弱者コミュニティに輸出しているという認識がまったくない。・ アメリカでは、二酸化炭素は「公害物質(大気汚染物質)」に指定されているため、環境保護庁による規制が必要。日本では?・ 化石燃料の環境正義問題(生態系や環境、人の命や健康)を重視しない限り、「温暖化の原因になっている二酸化炭素さえ排出しなければいいんでしょ?」になってしまうし、実際にそうなっているようにしか見えない。・ 「脱石炭」では石油と天然ガスの寿命を延ばすことになり、採掘から精製に至るまでの不公正も、燃焼時の公害もなくならない。・ 石油と天然ガスがプラスチックの原料って知ってますか?プラの99%は石油ガス由来ですよ。海洋プラごみをなくして海の生き物を守らなくていい

    • 44 min
    気候ポッド 第26回 ~ 大気汚染の話をしよう|前編|大気汚染と気候変動は表裏一体って知ってる?

    気候ポッド 第26回 ~ 大気汚染の話をしよう|前編|大気汚染と気候変動は表裏一体って知ってる?

    Climate Pod_Episode_026_Air Pollution_01.mp3〓 Apple Pod: https://apple.co/34BA19J〓 Spotify: https://spoti.fi/2TE8gvj
    気候変動、脱炭素、脱石炭、ネットゼロ(実質ゼロ)という言葉をよく見聞きしますが、なぜか脱化石燃料や、気候変動とセットのはずの大気汚染という言葉って、あまり見聞きしなくないですか?
    1年に数回、WHO(世界保健機関)などが「大気汚染による死者は800万人」のような報告を発表したことがニュースになっても、大騒ぎになることもなく、一時的な話題として消化されて終わっているように感じます。
    今回と次回のエピソードでは、とんでもなく人が死んでいるわりにガン無視されている大気汚染について話しています。
    大気汚染ってなに?
    ・大気汚染物質の排出源:工場、自動車、発電所、農業など・大気汚染物質の種類:ばい煙(硫黄酸化物、ばいじんなど)、粉じん、自動車排出ガス、揮発性有機化合物(VOC)など・直径が2.5㎛以下の物質をPM2.5、10㎛以下のものをPM10と呼びます
    大気汚染による被害
    ・ 大気汚染は肥満、食事、喫煙に次いで4番めに死亡リスクが高い・ 毎年約800万人が早死に(全死者数の15%)・ 世界人口の9割が汚染された大気を呼吸している・ 日本の15都市中、14都市でWHOの基準値を超える汚染・ 日本でも1日約150人、1年で4~6万人が早死に
    大気汚染と気候変動
    化石燃料や火力発電所といえば、煙突からモクモクと立ち上る煙が頭に浮かぶと思うのですが、なぜか日本ではメディアも環境団体も活動家も、目に見えない二酸化炭素しか思い浮かばないようです。気候変動の公正の問題を解決したいと訴える立場にいるのならなおのこと、大気汚染や水質汚染などによる有色人種や低所得層(グローバルサウス)への偏った健康被害が真っ先に浮かぶはずなんですよね。
    ましてや、日本のエネルギー自給率は9.6%、化石燃料への依存度は87.4%(2017年度)です。化石燃料は100%近く海外からの輸入に依存しています(原油99.7%/液化天然ガス97.5%/石炭99.3%)。
    化石燃料から公害物質が発生するのは、燃焼時だけではありません。採掘や製油、輸送の過程で起こる大気汚染物質の排出や水質汚染によって、健康被害が発生します。つまり、化石燃料を輸入することで、日本はそれらの問題を輸入元の国々の弱者に「輸出」しているといえます。
    気候変動と大気汚染はコインの表と裏の関係で、どちらか一方を解決すればいい問題ではないことは明白というか、両方いっぺんに解決すべき問題なんです。しかも、両方を平行して解決できるんです。「脱石炭」ではなく、「脱化石燃料」を目指せば、ですけど。
    あ、日本は官民・環境活動家総出演で「脱石炭」の大合唱で、脱化石燃料にも脱環境正義問題にも興味がないんでしたっけ。
    なので、「石炭」や「二酸化炭素」に限定した「脱・削減」という言葉のマジックには、くれぐれも注意しましょう。じゃないと、孫の代まで汚い空気を吸わされることになります。
    大気汚染と新型コロナ
    大気汚染にさらされた人は、新型コロナウイルスに対して脆弱(ぜいじゃく)と研究結果でいわれています。大都市部での感染者の多さと、大気汚染が無関係とは言い切れません。新型コロナ対策として都市封鎖(ロックダウン)を行なえば、新型コロナによる死者だけでなく、大気汚染によって早

    • 25 min
    気候ポッド 第25回 ~ フェアトレードって本当にフェアなん?|後編|もっとフェアにするにはどうすれば?

    気候ポッド 第25回 ~ フェアトレードって本当にフェアなん?|後編|もっとフェアにするにはどうすれば?

    Climate Pod_Episode_025_Fair Trade_02.mp3〓 Spotify: https://spoti.fi/3ugGiST
    さて、前回に引き続き、今回もテーマは「フェアトレードってほんまにフェアなん?」です。
    前編はこちらから:
    気候ポッド 第24回 ~ フェアトレードって本当にフェアなん?〓 Apple Pod: https://apple.co/3uRp67w〓 Spotify: https://spoti.fi/2S1E0tu
    市場経済至上主義のいまあるシステムの中で、「100%フェア」はまずあり得ません。いまのように製品を安価で提供しないと誰も買えない(富裕層以外は総貧困時代のいまは特に)場合、企業はサプライチェーン(商品の「原料調達」に始まり「製造」「在庫管理」「物流」「販売」等を通じて消費者の手元に届くまでの一連の流れ)のどこかで搾取をしないと、利益を出せなくなります。
    じゃあ、いったいどうすれば、「よりアンフェアじゃないトレード」にしていけるのでしょうか?
    規制を強化して生活水準を上げる
    まずひとつめ。環境や人権、アニマルライツなど、サプライチェーンに存在する不公正をなくすために規制を強化すればいいんです。
    民間の環境NGOや人権NGOにできることには限界があります。国がサプライチェーンにまで厳しく規制をかければ、一部だけじゃなく、すべての製品がよりアンフェアじゃなくなっていきます。
    ふたつめ。生活水準を上げる。
    規制を厳しくすると、開発途上国の生産者を筆頭に、サプライチェーンの健全化に費用もかかります。あたりまえですよね。生活賃金を払って、環境に配慮して(この言い方嫌いだけどしょうがない)ってなれば、経費もかさみます。すると、製品の価格も上がります。いまは買えている人が買えなくなります。じゃあどうするのか。全体として生活水準を上げればいいんです。
    いまは総貧困・低所得時代です。サプライチェーンの末端から消費者まで、すべての人が生活賃金を得られれば、よりアンフェアじゃない製品を選べるようになります。
    もっともっと進んで考えると、ユニバーサル・ベーシックインカムを導入すれば、不公正を一気に減らせます。
    サプライチェーンの情報公開を義務化
    フェアトレード商品といっても、アンフェアじゃなさ加減には違いがあります。商品棚にいくつものフェアトレード品が並んでいるときに、「よりアンフェアじゃないのはどれ?」って思ったことはありませんか?
    フェアトレードラベルが普及している間(本当はすべての商品がフェアトレードされるべきなので、フェアトレードラベルが存在していること自体がおかしい)は、QRコードやアプリなどで、商品のサプライチェーンの情報をチェックできるようなシステムがあれば、よりアンフェアじゃない生産者がより恩恵を受けられるようになると思います。
    遠くない将来に、すべての製品で同じことができるようになれば、アンフェアな企業を淘汰できます。そうなれば、「どれがよりアンフェアじゃないの?」って消費者が売り場で頭を悩ませる必要もなくなります。
    気候変動時代のフェアトレード
    気候変動が進めば、原料によっては収穫高が減ったり、生産可能地域が移動したりして、生産者と労働者が安定した生活ができる賃金を得にくくなっていきます。
    コーヒー、チョコレート、ワインなどは、気候変動の影響をもろに受けて将来的に生産量が激減するといわれています。生産

    • 36 min
    気候ポッド 第24回 ~ フェアトレードって本当にフェアなん?|前編

    気候ポッド 第24回 ~ フェアトレードって本当にフェアなん?|前編

    Climate Pod_Episode_024_Fair Trade_01.mp3〓 Apple Pod: https://apple.co/3uRp67w〓 Spotify: https://spoti.fi/2S1E0tu
    今回&次回のテーマは、チョコレートやコーヒーなどのお高い商品で見かける「フェアトレード」。訳すと「公平・公正な貿易」。言葉どおりに受け止めると、サプライチェーン(商品の「原料調達」に始まり「製造」「在庫管理」「物流」「販売」等を通じて消費者の手元に届くまでの一連の流れ)に搾取や不公正が存在しない商品というイメージです。だって「フェア」って言ってるし。貿易ということは、今のシステムのあり方からするに、開発途上国の労働者からの搾取がないという意味なんだろうなって。
    フェアトレードってなんなん?
    で、フェアトレードってなんなん?と思って調べてみると、簡単なようでなんだかわかりにくい制度という印象です。
    フェアトレード・ジャパンによると、フェアトレードは、「公正な貿易の実現によって、世界から貧困がなくなり、生産者が持続可能な生活を実現し、自ら未来を切り開いていける世界」というビジョンを持ち、「途上国の生産者が貧困に打ち勝ち、自らの力で生活を改善していけるよう、フェアトレード・ラベル運動を通して、 企業・市民・行政の意識を改革し、フェアトレードの理念を広め、より公正な貿易構造を根付かせること」を使命としているそうです。
    フェアトレード・ジャパンのYouTubeチャンネルに、わかりやすい動画があります

    フェアトレードの対象になっている産品(国際フェアトレード認証対象産品)には、コーヒー、生鮮果物、カカオ、スパイス・ハーブ、蜂蜜、ナッツ、オイルシード・油性果実、加工果物・野菜、サトウキビ糖、茶、野菜、穀類の食品と、繊維、花、スポーツボール、金があり、生産者やトレーダーはフェアトレード基準(生産的・社会的・環境的基準)を守って生産・売買を行わなければ、認証ラベル(最終製品に国際フェアトレード認証ラベル)を貼ることはできません。
    個別の産品レベルではなく、すべての産品がフェアとトレード基準を満たす事業主や団体は、World Fair Trade Organization(WFTO)の認証を受けることができます(認証ラベルは別途申請が必要だそう)。
    んで、これがいろいろややこしくさせていると思うのだけど、企業が独自の基準で自画自賛フェアトレードだと主張しているケースが少なくないようです。スターバックスやカーギルなどがその代表的な例です。正直、オリジナルのフェアトレード認証と比較してフェアなのかどうかさっぱりわかりません(たぶんフェアじゃない)。
    で、フェアトレードってホントにフェアなん?
    そもそも論をすると、資本主義社会では、企業は利益を追求するので、サプライチェーンの末端から流通ルート、自社組織にいたるまで、完璧にフェアなんてまずあり得ません。サプライチェーンの上流にいる先進国の企業の社員ですら生活賃金(最低賃金でも生活に困らない収入)が確保されているなんてことはまれ(というかあるのか?)でしょうし、そもそも非正規社員がいたらそれだけでひとでなし企業です。自国内ですらそんな状況だったら、サプライチェーンの端っこの人たちや環境にちゃんと配慮するとは思えないですよね。
    それはさておき、法的な根拠を伴わない(徹底しようとすれば国

    • 24 min
    気候ポッド 第23回 ~ ネットゼロが救うのは、気候でも弱者でもなく化石燃料と資本主義

    気候ポッド 第23回 ~ ネットゼロが救うのは、気候でも弱者でもなく化石燃料と資本主義

    Climate Pod_Episode_023_Net Zero.mp3〓 Apple Pod: https://apple.co/3tB2xm5〓 Spotify: https://spoti.fi/3xUtDYV
    今回のトピックは、気候危機対策に欠かせないまやかしのコンセプト『ネットゼロ(実質ゼロ or 正味ゼロ)』です。
    『ネットゼロ』ってなに?
    ネットゼロを式で表すと、『ネットゼロ=大気中に加わる炭素-大気中から除かれる炭素』です。簡単ですね(でもあんまりメタンや代替フロンは話題にならない)。発電や交通、製造などで排出される温炭素から、海や土壌、植物などに吸収される炭素を引いたときに、プラマイゼロになればネットゼロです。
    でも、パリ協定の努力目標になってる1.5℃以下を達成するにはそれじゃ絶対にゼロにできないので、自然だけじゃなく不自然な力(炭素回収・貯留技術)まで使ってゼロにしちゃおうというのが今のコンセプト。
    これだけ見るとできそうじゃない?でも悲しいかな、1.5℃以下達成に絶対必要な炭素回収・貯留技術は、今のところまだありません。うひょ。
    なんのために気候サミットで目標を再設定したの?
    アメリカの呼びかけでアースデイに開催された気候リーダーサミットは、アメリカが帰ってきて世界をリードするとアピールし、今秋に開催される予定のCOP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)に向けてモメンタムをつくるためのパフォーマンスです。それ以外の意味はまったくありません。
    ネットゼロは、化石燃料と資本主義を少しでも長く続けるためのいんちきワード。延命装置と言っていいでしょう。でも、いつまでもだまされている間に、炭素回収・貯留技術が大規模に実施できるようになったりすると、化石燃料をガンガン燃やしながら炭素を全部回収して、公害物質を出しまくって年間に数百万もの弱者が大気汚染で亡くなりながら「これがお望みのネットゼロですよ」って言われることになりかねません。
    ところで、参加各国が持ち寄ったアツい「野心的な新目標」ですが、あまりにもアツすぎて、目標を達成したら2.4℃も気温が上がっちゃいますよ。ぐへ。
    そのときグレタは…
    これまで主要な気候会議や世界経済フォーラムなどに参加して積極的に発言を行なってきた、ひとりぼっちではじめた気候ストライキを世界的なムーブメントにした、Fridays for Future設立者のグレタ・トゥンベリさんは、今回の気候リーダーサミットには参加せず(というか興味を示さず)に、同日に行なわれた米連邦下院の委員会で「化石燃料への税控除をやめろ」と発言していました。
    Why?グレタ、Why?と感じるかもしれませんが、彼女はサミットの1カ月近く前の4月1日に「もういつまでにとかどれくらいという数字にこだわるのをやめて、今すぐに排出量を減らさなきゃって認識を持たないとダメです。2030年とか2040年の話はいくらでもできるけど、今なにをやるかが問題なんです」というメッセージを発信しました。
    彼女は、気候サミットにも、各国が掲げるであろう新目標にも関心がありませんでした。その証拠に、彼女は気候サミットについても、各国の目標についても、一度もツイートしていません。ガン無視です。だって、元々の削減目標自体がパリ協定の1.5℃も2℃も満たさないもので、2030年の削減目標も、2050年のネットゼロも、具体策がなにもない絵に描いた餅だったんですから。1.5℃をあきらめ

    • 1 hr 21 min
    気候ポッド 第22回 ~ プラスチックの責任は誰にあると思ってる?

    気候ポッド 第22回 ~ プラスチックの責任は誰にあると思ってる?

    Climate Pod_Episode_022_Plastic.mp3〓 Apple Pod: https://apple.co/3xQf88q〓 Spotify: https://spoti.fi/3aXI4Bz
    今回のおしゃべりは、プラスチックについてです。
    ファストファッションのエピソード(『気候ポッド 第5回 ~ ファストファッション』)でも、衣類から出るプラスチックについて触れています。
    プラスチック部分を抜粋すると…
    ・ 衣類を洗濯することで毎年50万トン(ペットボトル500億本分)のマイクロファイバーが海に流入。・ ポリエステルは着てるだけで洗濯するよりも3倍のマイクロプラスチックを大気中にばらまいている(人間が歩くマイクロプラスチックばらまきマシーン化)。
    とまあこんな感じ。ろくでもないですね。
    罪悪感を持つ必要はありません。「選んでいる」と「選ばされている」には大きな違いがあります。大半の人は、プラスチックが使われていない衣類を選べない生活をしていますから。
    プラスチックが含まれる衣類を選択しているのは、消費者ではありません。製造販売している企業と、それを許している政府です。
    で、今回はプラスチックそのものやリサイクルについて、いったいなんでこんなにプラスチックに囲まれることになってしまったのかっていう話をしました。
    プラスチックってこんなモノまずはファストファッションのときと同じように、プラスチックにまつわるファクトを挙げてみましょう。
    ・ これまで(1950年から2015年まで)に生産されたプラスチック90億トンのうち、50%以上が直近18年間に集中。このままだと2025年までに380億トンの生産量に達する。これは、地球の海岸を100枚重ねのレジ袋で埋め尽くせる量。今の勢いで生産・消費が続くと、2050年までにプラスチックが石油生産に占める割合が20%まで増える。・ プラスチックの99%が石油・天然ガス・石炭由来・ これまでに生産したプラスチックの75%をリサイクルせずに捨てている・ 海に流れ込むマイクロプラスチックの28%がタイヤ・ 世界でリサイクルされているプラスチックは9%・ 日本でちゃんとリサイクルされているプラスチックは8%・ 年間のプラスチックごみの流出量が、このままだと2040年には倍増・ 日常生活で出たマイクロプラスチックが海を渡って違う大陸まで飛び(6日半飛べる)、マイクロプラスチックが地球を循環。・ ペットボトルの水にもマイクロプラスチック・ ビールからもマイクロプラスチック・ 水道水からもマイクロプラスチック・ 爽やかな潮風からもマイクロプラスチック・ 雨水からもマイクロプラスチック・ 海塩からもマイクロプラスチック・ 90%以上の食卓塩からもマイクロプラスチック・ ティーバッグから100億個以上のマイクロプラスチック粒子・ 魚介類からもマイクロプラスチック・ すべてのウミガメ種からもイルカやクジラ、アザラシからもマイクロプラスチック・ 人間の〓からもマイクロプラスチック・ 植物は根っこからマイクロプラスチックを取り込むことができる(野菜食べたらマイクロプラスチックも食べることに)・ ヒマラヤにも、アルプスにも、南極にも北極にも深海1万メートルのマリアナ海溝でもプラごみ・ 人は毎週約5グラム、クレジットカード1枚分のプラスチックを食べている・ オンラインで買えるプラスチック(ポリプロピレン製)の哺乳瓶に温めたミルクを入れて飲ませると、1リットルあた

    • 1 hr 13 min

Top Podcasts In Science

You Might Also Like