46 episodes

私たちの唯一のホーム、地球。
待ったなしの気候危機のなか、 次世代へバトンを渡すため、今を生 きる私たちに出来ることとは?
エメラルドプラクティシズでは、 難しいと思われがちな環境問題やアニマルライツについて発信。
エメラルドのようにキラキラと輝く未来へ、 TAOとゲストがナビゲート致します。

シーズン2からはco-hostに小野りりあんを迎えました。月2回更新。

Emerald Practices–エメラルド プラクティシ‪ズ‬ TAO & LILLIAN

    • Science
    • 4.8 • 12 Ratings

私たちの唯一のホーム、地球。
待ったなしの気候危機のなか、 次世代へバトンを渡すため、今を生 きる私たちに出来ることとは?
エメラルドプラクティシズでは、 難しいと思われがちな環境問題やアニマルライツについて発信。
エメラルドのようにキラキラと輝く未来へ、 TAOとゲストがナビゲート致します。

シーズン2からはco-hostに小野りりあんを迎えました。月2回更新。

    第45回【これからの時代に合った住まいづくり】東野唯史

    第45回【これからの時代に合った住まいづくり】東野唯史

    心地よい暮らしを支える、建物や道具。次々と新しいものを求めて加速してきた生産・消費・廃棄のあり方は限界を迎え、よりサステナブルなつくり方・使い方・住まい方が問われている。古材・古道具を新しい価値へとつなぐリサイクルショップ「ReBuilding Center JAPAN」の東野さんに、循環をつくり出す取り組みや今後の展開について、また、これからの時代に合った住まいづくりについて、お話しを伺った。



    ゲスト:東野唯史(ReBuilding Center JAPAN代表取締役)



    *特定空家法とリビルディングセンタージャパンを立ち上げたきっかけ

    *気候変動と日本の住まいの関係

    *省エネ建築法とは?政策の現状と今後の課題

    *エコハウスの魅力。「心地良い」より「不快に感じない」

    *古物、古材、木材の魅力と新しい価値への循環



    ■東野唯史 84年生まれ。名古屋市立大学芸術工学部卒。2014年より空間デザインユニットmedicala(メヂカラ)として妻の華南子と活動開始。全国で数ヶ月ごとに仮暮らしをしながら「いい空間」をつくりつづけてきました。2016年秋、建築建材のリサイクルショップReBuilding Center JAPANを長野県諏訪市に設立。ReBuild New Cultureを理念に掲げ、次の世代に繋いでいきたいモノと文化を掬いあげ、再構築し、楽しくたくましく生きていける、これからの景色をデザインしていきます。



    ■大江 結花(おおえ ゆいか) 1994年生まれ、埼玉県出身。2020年9月より、プロデューサーとしてEmerald Practicesに参加。会社員/350 Japanリードクルーとして、社内外で気候変動についての学び・対話の場づくりを手掛ける。3.5%のチカラで、気候変動回避のためのムーブメントを起こす、「社会を動かす3.5%」主催



    ■TAO 俳優 千葉県生まれ。カリフォルニア在住。14歳でファッションモデルを始め、2006年のパリコレクションより国内外に活動の場を広げる。2013年公開「ウルヴァリン:SAMURAI」でスクリーンデビュー。ハリウッドを中心に俳優業する傍ら、気候危機やアニマルライツの認識を高めるため2020年よりSNS上でEmerald Practices-エメラルド プラクティシズをローンチ。同年5月からポッドキャストの配信を始める。 Instagram: @taookamoto



    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice

    • 1 hr 2 min
    第44回【メディアが”希望”なワケ】名取由佳

    第44回【メディアが”希望”なワケ】名取由佳

    変化を起こす為にはまず「知る」ことが大事。メディアの気候変動報道をサポートするために立ち上がったMedia is Hope発起人の名取由佳さんに、これまでの道のりと今後の展望を伺った。



    ゲスト:名取由佳(気候アクティビスト・ソーシャルワーカー)



    *Media is Hopeの活動の原点

    *「感謝の気持ち」で変化を起こす!

    *こんな企画もできるかも?気候変動テーマの番組アイデア!

    *欧州滞在中のりりあんが出会った海外の活動家たち

    *Media is Hopeの活動をサポートする「ギフト」を贈ろう!



    Media is Hope クラウドファンディング (6/30まで)



    ■名取由佳 2019年に気候変動の実態を知り、一般企業からソーシャルワーカーに転身。仕事をしながら気候危機解決に向けての発信・啓蒙活動、必要なプロジェクトやキャンペーン活動を行う。Media is Hope共同代表・発起人・オーガナイザー



    ■小野 りりあん 気候正義活動家/モデル  89年八戸生まれ札幌育ち。スパイラルクラブ共同設立。Green TEA ~Team Environmental Activists共同設立。できるだけ飛行機に乗らず、環境活動家を尋ねる世界一周の旅の実践から、気候変動情報&アクションを発信。気候正義ムーブメントを広げるべく、さまざまなプロジェクトをオーガナイズしつつ、活動家の活動拠点&住宅を兼ねたactivists house the roots” 運営。Instagram:@_lillianono_ @green.tea.official @activistshouse



    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice

    • 38 min
    第43回【ウクライナ侵攻が及ぼす影響】佐久間裕美子

    第43回【ウクライナ侵攻が及ぼす影響】佐久間裕美子

    世界中に衝撃をもたらしたロシアのウクライナ侵攻。人々の命は言わずもがな、様々な分野に甚大な被害が及んでいるこの侵攻によって、気候変動問題はどんな影響を受けているのか。長年アメリカに住み、気候変動問題と政治問題を追っている、佐久間裕美子さんに話を伺った。



    ゲスト:佐久間裕美子(分筆家)



    *ウクライナ侵攻や国際情勢は、気候危機やその対策にどんな影響を与える?

    *軍事産業が生む温暖化への悪影響って?

    *怪我の功名?変化の訪れを感じる時

    *分断するアメリカ政治、どう関心を持ち続けるべき?

    *特権階級が始める運動の過去の反省と今後のあり方



    ■佐久間裕美子 文筆家。カルチャー、ファッション、政治、社会問題など幅広いジャンルで、インタビュー記事、ルポ、紀行文などを執筆する。著書に「Weの市民革命」(朝日出版社)「真面目にマリファナの話をしよう」(文藝春秋)、「My Little New York Times」(Numabooks)、「ピンヒールははかない」(幻冬舎)、「ヒップな生活革命」(朝日出版社)、翻訳書に「テロリストの息子」(朝日出版社)。2020年12月に「Weの市民革命」を刊行したのをきっかけに、読者とともに立ち上げたSakumag Collectiveを通じて勉強会(Sakumag Study)や出版・制作活動を行っています。慶應義塾大学卒業、イェール大学修士課程修了。1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。



    ■TAO 俳優 千葉県生まれ。カリフォルニア在住。14歳でファッションモデルを始め、2006年のパリコレクションより国内外に活動の場を広げる。2013年公開「ウルヴァリン:SAMURAI」でスクリーンデビュー。ハリウッドを中心に俳優業する傍ら、気候危機やアニマルライツの認識を高めるため2020年よりSNS上でEmerald Practices-エメラルド プラクティシズをローンチ。同年5月からポッドキャストの配信を始める。 Instagram: @taookamoto



    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice

    • 45 min
    第42回【気候危機とフェミニズムの関連性】クラーク志織

    第42回【気候危機とフェミニズムの関連性】クラーク志織

    ロンドンで暮らし、イラストレーター、ライターとして活動するクラーク志織さんに、気候危機やアニマルライツとフェミニズムの深い関係性について伺った。



    ゲスト:クラーク志織(イラストレーター)

    「クラーク志織のハロー!フェミニズム/ELLE ONLINE」



    * 気候変動の被害は女性の方が受けやすい?

    *トキシックマスキュリニティーって?

    *畜産業にみる女性搾取、家父長制の関係性

    *男性にも女性にもアンヘルシーな社会って?

    *弱い部分を見せる事のできる優しい社会にする為には?



    ■志織クラーク  イラストレーター。武蔵野美術大学を卒業後、2012年ロンドンへ移住。雑誌や広告でイラストレーターとして活動すると同時に、フェミニズムやSDGsについて考える連載をいくつかの媒体で執筆している。



    ■小野 りりあん 気候正義活動家/モデル  89年八戸生まれ札幌育ち。スパイラルクラブ共同設立。Green TEA ~Team Environmental Activists共同設立。できるだけ飛行機に乗らず、環境活動家を尋ねる世界一周の旅の実践から、気候変動情報&アクションを発信。気候正義ムーブメントを広げるべく、さまざまなプロジェクトをオーガナイズしつつ、活動家の活動拠点&住宅を兼ねたactivists house the roots” 運営。Instagram:@_lillianono_ @green.tea.official @activistshouse



    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice

    • 44 min
    第41回【解説!IPCC第6次評価報告書(WG2)】高橋潔

    第41回【解説!IPCC第6次評価報告書(WG2)】高橋潔

    2月28日に新しく報告された、IPCC第6次評価報告書の第2作業部会のポイントについて、第5次評価報告書・極端現象特別報告書で代表執筆者を担当された、国立環境研究所の高橋潔さんに注目点を伺った。



    ゲスト:高橋潔(国立環境研究所社会システム領域副領域長)



    *今回のレポート(WG2)は気候変動適応作が大きなメッセージ

    *生物多様性の大切さとその理由

    *他の社会問題との影響の指摘

    *適応ギャップ、適応の限界、悪適応って?

    *影響をさらに受ける、新しい世代へのコミュニケーションの大切さ



    ■高橋潔 1973年生まれ。山形県鶴岡市出身。博士(工学)。現在、国立環境研究所社会システム領域副領域長。大学の卒論で気候変化の作物収量影響の予測研究に取り組んで以降、気候政策の「統合評価モデル」の開発・応用の研究プロジェクトに継続して携わり、その中で農業、水資源、人間健康等の全球規模の気候影響予測研究に従事。2020年より研究課題「世界を対象としたネットゼロ排出達成のための気候緩和策及び持続可能な開発」の代表をつとめている。IPCC第4次評価報告書・第5次評価報告書・極端現象特別報告書では代表執筆者を担当。2児(18歳娘・13歳息子)の父。



    ■TAO 俳優 千葉県生まれ。カリフォルニア在住。14歳でファッションモデルを始め、2006年のパリコレクションより国内外に活動の場を広げる。2013年公開「ウルヴァリン:SAMURAI」でスクリーンデビュー。ハリウッドを中心に俳優業する傍ら、気候危機やアニマルライツの認識を高めるため2020年よりSNS上でEmerald Practices-エメラルド プラクティシズをローンチ。同年5月からポッドキャストの配信を始める。 Instagram: @taookamoto

    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice

    • 39 min
    第40回【事業や自治体ではじめるゼロウェイスト】坂野晶

    第40回【事業や自治体ではじめるゼロウェイスト】坂野晶

    日本初のゼロウェイスト宣言をした上勝町の政策に携わり、その後も循環型社会のモデル形成の為にパワフルに活動を続ける坂野晶さんに、個人の枠から一歩踏み出して出来るゼロウェイストについて伺った。



    ゲスト:坂野晶(一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン 代表理)



    *日本初ゼロウェイストタウンってどんなところ?

    *どうしてもリサイクルできない素材ってどんなものがある?

    *プラスチック汚染が地球の臨界点を超えた?!

    *各自治体が始めているゼロウェイストのユニークな工夫って?

    *事業や団体で参加できる、ゼロウェイスト認証って?



    番組SNS  Instagram:@emeraldpractices  Twitter:@emeraldpractice



    ■坂野晶 兵庫県西宮市生まれ、鳥好き。絶滅危惧種の世界最大のオウム「カカポ」をきっかけに環境問題に関心を持つ。大学で環境政策を専攻後、モンゴルのNGO、フィリピンの物流企業を経て、日本初の「ゼロ・ウェイスト宣言」を行った徳島県上勝町の廃棄物政策を担うNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーに参画。理事長として地域の廃棄物削減の取組推進と国内外におけるゼロ・ウェイスト普及に貢献する。2020年より一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパンにて循環型社会のモデル形成に取り組む。2019年世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)共同議長。



    ■小野 りりあん 気候正義活動家/モデル  89年八戸生まれ札幌育ち。スパイラルクラブ共同設立。Green TEA ~Team Environmental Activists共同設立。できるだけ飛行機に乗らず、環境活動家を尋ねる世界一周の旅の実践から、気候変動情報&アクションを発信。気候正義ムーブメントを広げるべく、さまざまなプロジェクトをオーガナイズしつつ、活動家の活動拠点&住宅を兼ねたactivists house the roots” 運営。Instagram:@_lillianono_ @green.tea.official @activistshouse

    • 41 min

Customer Reviews

4.8 out of 5
12 Ratings

12 Ratings

You Might Also Like

佐久間裕美子+若林恵
長谷川 潤
ELLE Japan
SPINEAR
北欧、暮らしの道具店
TBS RADIO