68エピソード

NY在住のジャーナリスト 佐久間裕美子(ゆみちゃん)とコンテンツ・メーカー「黒鳥社」の若林恵(わかさん)の盟友2人が、音楽、アート、政治、ビジネス、ライフスタイル、メディアまでカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくすトークセッション。月2回配信予定(毎月二週目と四週目の水曜日を予定)。
Jingle by tofubeats | 制作協力:ソングエクス・ジャズ

こんにちは未‪来‬ 佐久間裕美子+若林恵

    • 社会/文化
    • 4.3 • 308件の評価

NY在住のジャーナリスト 佐久間裕美子(ゆみちゃん)とコンテンツ・メーカー「黒鳥社」の若林恵(わかさん)の盟友2人が、音楽、アート、政治、ビジネス、ライフスタイル、メディアまでカテゴリーにとらわれず縦横無尽に語りつくすトークセッション。月2回配信予定(毎月二週目と四週目の水曜日を予定)。
Jingle by tofubeats | 制作協力:ソングエクス・ジャズ

    第68回 記者会見は誰のため!?

    第68回 記者会見は誰のため!?

    大坂なおみ選手の全仏オープンの記者会見拒否騒動。
    プロは記者会見に出るのも仕事のうちと言う人もいるけれど、
    スポーツに限らず、そもそも“記者会見”に意味なんてあるのだろうか...
    記者会見のあり方からスポンサーと選手の関係、
    ビジネスシーンの会食、ハリウッドのジャンケットまで
    あれやこれや話します。

    ・なかなか大変だった隔離生活
    ・大坂なおみ選手の全仏オープンでの記者会見拒否騒動
    ・英ガーディアンの記事「一番最初に質問する謎のおじさん」
    ・NBAアレン・アイバーソンのこと
    ・馴れ合いの記者会見システム
    ・スポンサーと選手の関係
    ・選手個人のスポンサーと大会スポンサーの立場の違い
    ・一番のステークホルダーは誰か
    ・ご飯に付き合うのも仕事のうち?
    ・会食とネットワーキングの違い
    ・ハリウッドのジャンケットも変だよね...
    etc...

    ※本編は2021年6月2日に「Zoom」を使用し収録しています。

    • 53分
    第67回 自動運転から抜け出そう

    第67回 自動運転から抜け出そう

    新型コロナの感染症対策、K-POPの日本語版のクオリティ、編集者の力の出しどころ...
    海外と日本の仕事を比べたとき、
    いろいろな工夫がされるというプロセスが抜けていたり、
    そもそも仕事に対する姿勢・マインドセットが違うように感じることが多くなってきた。
    世の中に蔓延る「自動運転的な思考や作業」についてあれやこれや考えます。

    ・ゆみちゃんは親中派!?
    ・成都はchillでおもしろい
    ・IZ*ONE解散に関する記事 
    ・K-POPの日本語版のクオリティ
    ・ビリー・アイリッシュの新譜は音がすごい
    ・100%の力を注ぐ場所
    ・自動運転な思考や作業から離れる
    ・違うものを作らなければ意味がない
    ・オリンピックは何のため?誰のため?
    ・米ワシントン・ポストのコラム「ぼったくり男爵」
    ・スポーツの経済効果は大きくない!?
    ・若い人たちの新感覚に期待!
    etc..

    ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年5月10日に収録)

    • 56分
    第66回 ゆみちゃんの帰国準備

    第66回 ゆみちゃんの帰国準備

    5月中旬に日本に帰国することになったゆみちゃん。
    帰国のために各種手続きを行っているけど、どうにもスムーズにいかないらしい。
    日本の水際対策の話から、数歩先をいく中国の音楽サービスまで
    あれやこれやお話しします。

    ・日本の水際対策はちゃんとしてる!?
    ・領事館職員との対話
    ・任意の専用書類を作るだけで200ドル
    ・2週間の隔離期間に何するの?
    ・陰性で出発、陽性で到着
    ・久しぶりの屋内での飲食@NY
    ・NYで9月に開催予定のフェス「ガバナーズ・ボール」
    ・4人に1人がワクチン拒否の現状
    ・ライブハウスの活路はマーチ!?
    ・先をいく中国の音楽サービス
    etc...

    ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年5月10日に収録)

    • 40分
    第65回 Asian Hateを考える(後編)

    第65回 Asian Hateを考える(後編)

    日本で生まれても北海道の人と沖縄の人では体験が全く違う。
    同じ国でも全然違うのに、それが違う国となったら、、、
    アジア系に対するヘイト・クライムをどう考えればいいのか。
    アジア人という括りに連帯感はもてるのか。
    前回に引き続き、「アジア」、そして「アジア人であること」
    についてあれやこれや考えます。

    ・「there is no such thing as Asia」は正しいのか
    ・アメリカは人種の坩堝?サラダボウル?
    ・イルハン・オマルはソマリア移民の代表でもあり、ミネソタ州の代表
    ・人はランダムに移り住むわけではない
    ・ホモジニアスな国家はもはや存在しない
    ・アジアとは仲良くしたほうがいい
    ・生活で感じる人種差別や偏見と、仕事場で感じるものとの違い
    ・レイシズムは諸悪の根源
    etc...

    ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年3月25日に収録)

    *番組の最後に森ビルのCMを公開しています。虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 1Fに店舗を構えていらっしゃる老舗呉服屋、丁子屋(ちょうじや) 6代目の小林絵里さんにインタビューを行なっています(本CMは2021年3月中旬に収録)。

    • 45分
    第64回 Asian Hateを考える(前編)

    第64回 Asian Hateを考える(前編)

    2021年3月16日に発生した米ジョージア州アトランタのアジア系市民殺害事件。
    白人男性が発砲を繰り返し8人を殺害した(被害者のうち6人は女性)。
    アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大と合わせるように東アジア系住民への暴力事件が急増している。
    アジア系に対するヘイト・クライムの問題から、「アジア」、そして「アジア人であること」について考えます。

    ・米ジョージア州アトランタのアジア系市民殺害事件
    ・実感のない「アジア人」という意識
    ・#StopAsianHate
    ・WIREDアフリカ特集で持ち帰ってきた言葉「there is no such thing as Africa」
    ・内部アイデンティティと外から見たアイデンティティの違い
    ・Jennifer HoのNPRのポットキャスト 
    ・アジア人に対するモデルマイノリティの俗説(model minority myth)
    ・民主党議員タミー・ダックワースの姿勢
    ・アメリカの国内問題なのか、外交問題になりうるのか。
    ・出自を聞く意味ってある!?
    ・「アジア人」としてくくることの意味
    ・コーチェラはハイスクールのカフェテリアと一緒
    ・留学直後に優しくしてくれたアジア人のこと
    ・岡倉天心『東洋の思想』
    ・国家と民族の話は切り離さないといけない
    etc...

    ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年3月25日に収録)

    • 1 時間24分
    第63回 現実とフィクションの境界線

    第63回 現実とフィクションの境界線

    まだまだニュースの多いアメリカ。
    「ジョージ・フロイド警察活動の正義法案」が下院でとおり、民主党が選挙改革法案を提出するなど、
    トランプ以降の具体的な動きが活発化する一方で、
    3月4日に第19代大統領にトランプが就任するという仰天シナリオを信じている人がまだいたりと、
    現実世界とフィクション、バーチャル空間での活動の境界があいまいになったがゆえに起こるニュースも増えている。
    冗談だと思っていたことが現実を変えてしまったり、集団で行う悪戯が状況を一変させてしまったり、
    現実とフィクションの境界について考えます。

    ・「ジョージ・フロイド警察活動の正義法案」
    ・Qアノンのルーツはイタリアの極左グループ!? 
    ・3月4日に第19代大統領にトランプが就任するという仰天シナリオ
    ・必読!俳優・高知東生のインタビュー
    ・メタルの名曲「Angel of Death」
    ・どこからがフィクションなのかの境界線
    ・ピザゲート陰謀論
    ・故ラッシュ・リンボーが選挙に与えた影響
    ・昭和27年から設置されていた灰皿の撤去
    ・「未知との遭遇」と陰謀論
    ・カルトの歴史
    ・「自分だけが知っている」は怖い
    etc...

    ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年3月4日に収録)
    ※43:20あたりに「フラワーチャイルド」と発言しておりますが、正しくは「神の子供たち」です。訂正いたします。

    • 53分

カスタマーレビュー

4.3/5
308件の評価

308件の評価

ventric.xxx

音質よくなったかな?

前よりも聴きやすくなった気がします。

女性のトーンも偉そうな雰囲気から、柔らかい雰囲気になって交換が持てます。

男性の方はタバコ吸いすぎなのと、まだ偉そうかな・・・

話してる内容がとても気になる内容ばかりなので、耳でも聴けるコンテンツにもっともっと進化されていかれることに期待してます!

(お二人が出版されてる本や記事はちょいちょい読んでます)

roadman2005

うーん🤔

Podcast awardsノミネートということで聴いたけど米議会乱入事件を「おもしろい」と評するお二人の感想に引いてしまった。どのような感想を述べようが自由だが死者が出た暴力行為を面白く感じる人たちとは分かり合えないな〜。

yubitani

更新楽しみにしています

若林さんのヘッズです。

第52回の虎ノ門横丁のとんかつ屋のオーナーの話が面白かったです。

社会/文化のトップPodcast

他のリスナーはこちらのサブスクリプションにも登録しています