59本のエピソード

ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。


番組への感想などは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。


沢辺ゆり
日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

美濃部遊
小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

ドイツのメディアか‪ら‬ Yuri Sawabe & Yu Minobe

    • ニュース
    • 4.8 • 77件の評価

ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します。


番組への感想などは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。


沢辺ゆり
日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

美濃部遊
小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    57. 命の順位をつける?「トリアージ」法をめぐる議論

    57. 命の順位をつける?「トリアージ」法をめぐる議論

    新型コロナウイルスによるパンデミックが、今ドイツである議論を引き起こしています。それは「トリアージ」をめぐるもの。日本でも「医療崩壊」という言葉が現実味を持って受け止められた今回のパンデミック。それを受けてドイツでなされている議論をご紹介します。



    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。

    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。



    沢辺ゆり
    日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

    美濃部遊
    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    • 51分
    56. W杯のジレンマ:カタール大会がウクライナ戦争抜きに語れない理由

    56. W杯のジレンマ:カタール大会がウクライナ戦争抜きに語れない理由

    今日、FIFA男子サッカーワールドカップ・カタール大会が始まります。ドイツでは今回のワールドカップは史上最も手放しで応援できない大会となっています。外国人労働者の人権問題、LGBTQの権利の抑圧、そして収賄が大きなテーマになっているわけですが、今回の大会は、それだけには止まらない根深い問題を浮き彫りにしています。



    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。



    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。

    沢辺ゆり
    日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

    美濃部遊
    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    • 1 時間9分
    55. "職人"が足りない!深刻化するドイツの人材不足

    55. "職人"が足りない!深刻化するドイツの人材不足

    ドイツでは、数年前から専門人材の不足が大きな問題となっています。ドイツの職業教育の特徴であるデュアル・システムから、どの分野での人材不足が特に深刻化しているか、そして政府の対応まで、解説いただきます。



    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。

    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。

    沢辺ゆり 日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。

    美濃部遊 小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    • 1 時間7分
    54. 危機の時代:ドイツ市民生活の今

    54. 危機の時代:ドイツ市民生活の今

    今年の冬、暖房は例年より2℃低い19℃にーー現在、ドイツはまさに「危機の時代」と呼べる状況にあります。ウクライナ戦争によってエネルギー危機とインフレに見舞われているドイツの市民生活の実態、さらにはこの危機をめぐるドイツ政府やEUの対応について、報告いただきます。



    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。  



    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。  



    沢辺ゆり
    日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 

    美濃部遊
    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    • 1 時間14分
    53. 自分の死は誰のものか:尊厳死・安楽死をめぐる議論

    53. 自分の死は誰のものか:尊厳死・安楽死をめぐる議論

    自らの死を決定したことが話題となったフランスの映画監督、ゴダール。時をほぼ同じくしてドイツでも、いわゆる尊厳死・安楽死の議論が動いていました。今回はその議論をご紹介します。

    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 
    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 

    沢辺ゆり
    日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 
    美濃部遊
    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。

    • 1 時間14分
    52. ゴルバチョフとドイツ

    52. ゴルバチョフとドイツ

    先日死去したソ連の元指導者ミハイル・ゴルバチョフ氏。ロシア国内よりも西側で人気があったと言われますが、ドイツにとっては他国にもまして重要な人物でした。なぜドイツにとってこれほどまでに重要な人物だったのか、解説いただきます。

    番組内でご紹介した本はこちら: "Gorbatschow. Der Weltveränderer"



    ドイツのメディアを通して世界の「今」を知る-「ドイツのメディアから」は、ドイツのメディア報道を紹介するポッドキャストです。ドイツや欧州を中心に、政治・経済・EU・気候変動などに関するニュースから、毎回一つのテーマを深堀り。長年ドイツに住み、日々ドイツメディアに触れ情報を得ている沢辺ゆりさんの解説を、大学院生の美濃部遊が聞き手となり配信します(隔週配信)。 

    番組への感想・メッセージは doitsu.media@gmail.com までメールでお寄せください。 



    沢辺ゆり
    日本の大学でドイツ文学の修士号取得後、二年間ドイツの大学に公費留学。その後も日本には帰らずドイツで就職し、ドイツの大学や日系企業に長年勤務。現在はフランクフルト在住。ドイツ在住は今年で31年となり人生の半分を超えたところ。1957年生まれ。 

    美濃部遊
    小学校のうち2年間をドイツ・ミュンヘンの現地校で過ごす。現在は東京の大学院で修士課程に在学中。学部在学中からオーディオ・メディアに関心を持ち、学業と並行してドイツのラジオ局から取材委託を受けるなどしている。1996年生まれ。



    [番組内で引用した音源]

    "Scorpions - Wind Of Change (Peters Pop-Show, 31.12.1991)‘“ by Scorpions via YouTube (https://www.youtube.com/watch?v=K2r9QjRpdJ0)

    • 1 時間20分

カスタマーレビュー

4.8/5
77件の評価

77件の評価

ys3127

とても丁寧な解説で面白いです。

なかなか日本の報道では深掘りされないテーマなどを扱っていただき、詳しく背景など解説してくれるので大変面白いです。
毎回楽しく、ドイツについて学ばさせてもらっています!

3Dgirl

話し方が気になるけど..

話し方(滑舌や言葉遣い)が気になるけど内容は面白いです

cika29

面白くて、話にひきこまれます

政治に疎い自分は途中でついていけずに脱落するかも…と思って聴き始めた第1回でしたが、今ではほぼ全ての回を聴き終えました。

起承転結がうまく構成されていて、引き込まれる語りです。難しいフレーズやじっくり噛み砕く必要がある場面は、話すスピードを落として一語ずつ話してくださるので、飲み込めます。
知らなかった知識、新しい視点が得られて、政治は身近なものだという感覚が具体的に身に付きました。
ドイツ視点での歴史も学べます。そうだったのか!と思う事柄が多くありました。

ひたすらもくもくと散歩をしながら聴くと、集中できるのでおすすめです。

ニュースのトップPodcast

ニッポン放送
ニッポン放送
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
SPINEAR
BBC World Service
日本経済新聞社/Voicy

その他のおすすめ

朝日新聞ポッドキャスト
COTEN inc.
kodansha
TBS RADIO
Chronicle
プレジデント社