64エピソード

国内265拠点、海外34拠点に散った約1800人の記者が日々重ねる取材の中から、とっておきの話題をお届け。報道機関が今まで伝えきれなかったことを、記者の肉声で伝えます。

2020年3月、イタリアで起きたコロナの感染爆発は広く知られています。ですが、ペット貸し借りがひそかに流行していたことはご存じですか。奔放な印象のイタリア人が、政府に従順だったのはなぜ?

朝日新聞ポッドキャスト( https://omny.fm/shows/asahi/playlists )は、他にも多彩な番組を用意しています。事件、政治、経済、国際……従来のニュースより一歩踏み込んだ報道をお聞きください。

(※「世界の現場から」を改題しました)

朝日新聞 ニュースの現場から 朝日新聞ポッドキャスト

    • ニュース解説
    • 3.3 • 135件の評価

国内265拠点、海外34拠点に散った約1800人の記者が日々重ねる取材の中から、とっておきの話題をお届け。報道機関が今まで伝えきれなかったことを、記者の肉声で伝えます。

2020年3月、イタリアで起きたコロナの感染爆発は広く知られています。ですが、ペット貸し借りがひそかに流行していたことはご存じですか。奔放な印象のイタリア人が、政府に従順だったのはなぜ?

朝日新聞ポッドキャスト( https://omny.fm/shows/asahi/playlists )は、他にも多彩な番組を用意しています。事件、政治、経済、国際……従来のニュースより一歩踏み込んだ報道をお聞きください。

(※「世界の現場から」を改題しました)

    #62 海外駐在員、コロナで悩む ひょっとして私はいらない?

    #62 海外駐在員、コロナで悩む ひょっとして私はいらない?

    (21分)コロナ禍で帰国を余儀なくされる海外駐在員が相次いでいます。日本からネットで現地スタッフとやりとり……ひょっとして自分、もういらない? 悩める駐在員と企業について、1900近くもの日系企業が進出するインドネシアから、朝日新聞ジャカルタ支局長の野上英文記者に実情を語ってもらいました。

    【関連記事】規制緩和したら医療崩壊が目前 ジャカルタ再び出勤禁止( https://www.asahi.com/articles/ASN9B35RWN99UHBI02Q.html )▽日系企業が望んだ新法 インドネシアで労働者が猛抗議( https://www.asahi.com/articles/ASN9B35RWN99UHBI02Q.html )▽更地が次々と棺で埋まる…ジャカルタで深刻な墓地不足( https://www.asahi.com/articles/ASNB13DFMN9YUHBI018.html )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年9月17日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 21分
    #61 母が感謝した「大坂なおみのプラットフォーム」 BLMは終わらない

    #61 母が感謝した「大坂なおみのプラットフォーム」 BLMは終わらない

    (26分)全米、さらには世界中で大きなうねりとなったBLM、「ブラック・ライブズ・マター」運動。訴える声は今なおやみません。アメリカの黒人に何が起きているのか。大統領選にどう影響するのか。朝日新聞ニューヨーク支局の藤原学思記者が報告します。

    【関連記事】「みんな違う、それがいい」NYで夢見るハタチのBLM( https://www.asahi.com/articles/ASNBF34Q3N8SUHBI02P.html )▽「大統領がなんとかしてくれる」 忘れ去られた男の希望( https://www.asahi.com/articles/ASNBF34RYN8TUHBI02W.html )▽大坂なおみの答えは「日本人で黒人」 ルーツ問う不平等( https://www.asahi.com/articles/ASN9P51V4N9JUHBI04Y.html )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年10月2日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 25分
    #60 「第二次南北戦争」はらむ米国 株価が隠す不都合な真実

    #60 「第二次南北戦争」はらむ米国 株価が隠す不都合な真実

    (30分)相次ぐ倒産、深刻な失業。コロナ禍が米経済に深刻な打撃を与えています。ところが、株価は高値を推移。このちぐはぐさ、南北戦争に匹敵するような国難の前兆かもしれません。いったい何が起きているのか、アメリカ総局で経済を担当する青山直篤記者に聞きました。

    【関連記事】連載「断層探訪 米国の足元」( https://www.asahi.com/rensai/list.html?id=1060 )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年10月13日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 29分
    #59 アメリカ大統領選、本当の戦いは開票日に始まる? トランプ氏の逆転シナリオ

    #59 アメリカ大統領選、本当の戦いは開票日に始まる? トランプ氏の逆転シナリオ

    (31分)11月3日に迫った米大統領選の投開票。ですが、「本当の選挙戦は開票日に始まる」と朝日新聞アメリカ総局の園田耕司記者は言います。苦戦するトランプ大統領が描く、逆転のシナリオとは。

    【関連記事】握手、抱擁…トランプ氏側近ら次々感染 マスクせず談笑( https://www.asahi.com/articles/ASNB35WZDNB3UHBI01B.html )▽米国人65%が「トランプ氏、真剣なら感染しなかった」( https://www.asahi.com/articles/ASNB532MWNB5UHBI008.html )▽政策を徹底比較…トランプ氏とバイデン氏、意外と共通点( https://www.asahi.com/articles/ASNB541F8N9NUHBI02B.html )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年10月14日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 31分
    #58 突然の敬語チェンジ、なぜ 岸田文雄氏の実像に迫る

    #58 突然の敬語チェンジ、なぜ 岸田文雄氏の実像に迫る

    (21分)岸田文雄・自民党前政調会長が朝日新聞ポッドキャスト#57で語った敗戦の弁について、政治部の前岸田番、西村圭史記者が読み解きます。ざっくばらんに話し始めたかと思いきや、まぜっ返したり、突然丁寧語になったり。番記者ならではの視点から、感じたことを話してもらいました。

    【関連記事】岸田氏、大宏池会構想実現に意欲 古賀誠名誉会長は欠席( https://www.asahi.com/articles/ASNB56QBVNB5UTFK00H.html )▽岸田氏、誓う「自己変革」 総裁選反省点は…戦略や知名度不足( https://www.asahi.com/articles/DA3S14634448.html )▽余裕見せる新政権の立役者 認めなかった「ポスト安倍」( https://www.asahi.com/articles/ASNB253MPN9YUTFK002.html )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年10月8日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 21分
    #57 岸田文雄氏出演 安倍氏禅譲のはしご、なぜ外された?

    #57 岸田文雄氏出演 安倍氏禅譲のはしご、なぜ外された?

    (43分)自民党前政調会長の岸田文雄さんが出演。菅義偉首相に敗れた総裁選を振り返ります。「禅譲」を期待していた安倍晋三前首相にはしごを外されたのはなぜ? グループ拡大のため、師匠に当たる古賀誠氏には泣いてもらう? 岸田番記者だった政治部・西村圭史記者とともに、聞きたいことを全部ぶつけました。

    【関連記事】岸田氏、大宏池会構想実現に意欲 古賀誠名誉会長は欠席( https://www.asahi.com/articles/ASNB56QBVNB5UTFK00H.html )▽岸田氏、誓う「自己変革」 総裁選反省点は…戦略や知名度不足( https://www.asahi.com/articles/DA3S14634448.html )▽余裕見せる新政権の立役者 認めなかった「ポスト安倍」( https://www.asahi.com/articles/ASNB253MPN9YUTFK002.html )

    朝日新聞ポッドキャスト( https://www.asahi.com/special/podcasts/ )では他にも様々な番組を配信しています。この番組は2020年10月8日に収録しました。

    See omnystudio.com/listener for privacy information.

    • 43分

カスタマーレビュー

3.3/5
135件の評価

135件の評価

あずAZ_z

面白いです

気軽にいろいろなトピックについて聞けて面白いです。実際に現場で取材されてる記者の声を数十分続けて聞くことはあまりないので、勉強になります。

asie18

TVやラジオのニュースより面白い

記者の方が熱心に語るのは内容が濃くて面白いです。ただ収録されてから2〜3ヶ月後に公開というのは、ポッドキャストのニュースとしては致命的に遅い。そして収録音声と、イントロや広告などの音声の、レベルがガタガタなため、急に音楽が大音量で流れてギョッとしたり、広告の後の会話が聞こえなかったりします。テクニカル面はこれから改善を期待。ホストの記者さんは上手に進行していますが、もう少し淡々と、もう少しシャープであってほしい。

斜陽新聞

報じる道は雑草だらけ

報道を行う当事者の想いが聴けます。ただ、信念も中立性もない自己満足だけの雑談番組デス。
総じて悪くもなく良くもなく、結果聞く価値があるとまでは…。偉そうな物言いが削れてくると聞きやすくなると思います。

ニュース解説のトップPodcast