15本のエピソード

Webやアプリのデザインの仕事に携わる長谷川恭久が、今活躍していらっしゃるプロの方を招いていろいろな話をしています。

Automagic Podcast Automagic Podcast

    • アート
    • 4.5 • 119件の評価

Webやアプリのデザインの仕事に携わる長谷川恭久が、今活躍していらっしゃるプロの方を招いていろいろな話をしています。

    #324 デザインの仕事や業界に対して問う力

    #324 デザインの仕事や業界に対して問う力

    デザインの仕事を取り巻く様々な要素を考えなくて良いなら、あるべき論を語るだけです。結果、デザイン / デザイナーは常に正しいことをしているという偏った視点になることもあります。最善を尽くして働くなか、あえて「本当にこれで良いのか」と問う力は重要になります。
    テーマ「正しさに対する問い」なぜダメなデザインが生まれるのか「デザイン」に閉じ込めてしまうことの問題ダークパターンからどうしても抜け出せない状況とは『正しいコト』をするのは難しい誰も悪いことをしているとは思いたくないし、自分達は正しいことをしていると思いながら働いている問いが足りていないかもしれないA/B テストにある『闇』問うことがデザイナーにとって重要になる理由Zyro機械化・自動化でが難しい領域ポッドキャストしませんか?: Meety

    #323 一緒にコンテンツ配信してみませんか?(千貫りこさん)

    #323 一緒にコンテンツ配信してみませんか?(千貫りこさん)

    年末恒例のゲスト。デザイナーの千貫りこさん(@henyorico)とコンテンツ配信の面白さと難しさについて意見交換しました。彼女が 1 年間ポッドキャストをして気付いたことや、お互いコンテンツ作成・配信で気をつけていることを共有。来年からコンテンツ配信したい方向けのヒントが幾つか見つかるはず。
    Podcast番組「よかった探し」リモート講座で気をつけているコト受講者の集中力をどう維持するかハイペースでポッドキャストが続いている理由人気欲しい!ついつい対価を求めてしまう自然な口コミだけでは限界がある自分の世代から離れてみるポッドキャストしませんか?: MeetyAnchor - The easiest way to make a podcast個人でコンテンツ配信する最大のメリット質に対する捉え方の変化

    #322 見えていなかったものが見えることで対話が生まれる(川口貴史さん)

    #322 見えていなかったものが見えることで対話が生まれる(川口貴史さん)

    culture craft company でデザインリサーチをしている川口貴史さん(@takahitodd)がゲスト。社会とデザインを結びつけたリサーチ活動についてお伺いしました。Web サービスやアプリの文脈でしかリサーチに関わることがないので、いろいろ学びがありました。
    culture craft company良いモノを作れば人々に届くのか仕組みを知るためのデザインプロセスFit Lab 事務局|note10年, 20年という時間の長さで考える#295 デザイナーは決めるパートナー : Automagic Podcast問いを発見するたえのリサーチ対等な関係で会話ができる場作りポッドキャストしませんか?: Meety

    #321 デザイナーの声をステークホルダーに届けるためにできること

    #321 デザイナーの声をステークホルダーに届けるためにできること

    リスナーからの質問に答えました。デザインといっても人によって捉え方が様々。専門家ではないステークホルダーであれば違うのはなおさらですし、認識を揃えなければいつまでも平行線になります。ギャップを埋めるための確実な一歩を踏むためのヒントについて話しました。
    一人から始めるユーザーエクスペリエンスデザインの価値を伝えるための発想転換そもそもステークホルダーはデザインに対して何を期待しているか。\1 年という長めの視点でプランを立てる具体的に何が難しいのかその難しくしている要因は何か自分の中で描いているデザインが実行できた場合、どんな状態なのかそれがうまくいったことをどう計測するか影響範囲が狭いところから始めてみる小さなことでも目に見える活動にするポッドキャストしませんか?: Meetyステークホルダーにデザイナーの声を届けるためにはどうすれば良いか。そもそも専門家の意見よりも自分のやり方を試したい人たちも多い。デザイナーの声を届けるための信頼構築方法や自身のマインドなどについて、テーマにしてほしいです。#automagichttps://t.co/4rGNxIqptq
    — akamotosan (@akamotosan) October 29, 2021

    #320 自分たちならではのコンテンツの価値を提供したい(加藤 健路さん)

    #320 自分たちならではのコンテンツの価値を提供したい(加藤 健路さん)

    株式会社alma の創業者でプロダクトマネージャーをしている加藤 健路さん(kenjikatooo)がゲスト。Cocoda を通してコンテンツ配信の今昔について意見交換しました。Cocoda ならではの価値提供をしつつ、コンテンツ配信の『次』へ向かうための課題は何でしょうか。
    Cocodakenji|noteCocoda で情報発信することの意味チームとしてコンテンツ配信するときの注意点表面的なアウトプット以外もみせていきたいコンテンツを読むという行動の変化自己満足で終わっていないかプラットフォームやカスタマージャーニーに合わせたパッケージングブログ『だけ』では存在していないのと同じかも継続、持続の難しさテンプレート化をどこまで詳細化すべきかEditor.js今の時代にテキストで配信する意味Cocoda が目指す姿ポッドキャストしませんか?: Meety

    #319 前向きな姿勢がプロダクトを良くする(小木曽 槙一さん)

    #319 前向きな姿勢がプロダクトを良くする(小木曽 槙一さん)

    SmartHR  プロダクトデザイングループのメンバーであるである小木曽 槙一さん(@kgsi)がゲスト。 今年デザインシステムをリリースした SmartHR がどのように作り上げたのかという過程と、今後の課題をそれぞれの視点で意見交換しました。
    kgsi/curriculum-vitae: kgsiの職務経歴書SmartHR Design Systemデザインシステムのリリース後の課題成熟度に合わせて体制を変えていく3回くらい構築し直した経緯ZeroheightFrontifyわざわざ自家製システムを作った理由エンジニアを巻き込める体制Docbaseコンポーネントがあるだけでは意味がないニーズに合わせた粒度とは自走の限界点今後どうしていくかという中長期視点の必要性Meety: ポッドキャストしませんか?

カスタマーレビュー

4.5/5
119件の評価

119件の評価

bookslope

インスピレーションをもらっています

デザインについてインプットがほしいなと思った時に聴いたりしています。専門家としての意見やゲストとのトークなど、いつもいいインスピレーションをもらっています。ぜひ今後も続けてください。

Oyuki965

現場の生の声が聴ける

いつも仕事や家事をしながら楽しく聴いています。様々な場面で活躍されている方々から生の声が聴けるので、よくわかってなかった職種の方の仕事を知れたり、こういう考え方もあるんだなーと、いろんな気づきをいただいてます!長谷川さんの話し方もとてもわかりやすく、聴き入ってしまいます。

Harvey.W.S

内容はともかく

低音が効きすぎて聴きづらいです。

アートのトップPodcast

SPINEAR
朝日新聞ポッドキャスト
ELLE Japan
kodansha
VOGUE JAPAN
bayfm78

その他のおすすめ

Tatsuhiko Miyagawa
Off Topic
donguri.fm
backspace.fm
SPINEAR
佐久間裕美子+若林恵