34 min

明日も生きたい、明日が楽しみだなと思えるような日本の未来を創っていきたい|渡邉 このみ(alchemi株式会社代表)×福本英(株式会社ノックラーン代表取締役)|KnockLearn Visionary Studio #6 Z世代のビジョンに迫る”KnockLearn Visionary Studio”

    • Self-Improvement

2011年、映画『八日目の蝉』で子役デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少の5歳で受賞。

その後中学進学と同時に芸能活動を休業し、マレーシアへ単身留学。帰国後芸能活動を引退し、現在、多世代にわたる起業家コミュニティ事業を青山で起業し、alchemi株式会社代表に16歳で就任した渡邉さん。



幼少期から培ってきた経験から目の前にあることを一生懸命やることで、最善の未来に近づけることを行動原則として持ちながら、自ら手がける事業作り、そして明日に希望が持てる日本の未来の創造を推進しています。

今回は幼少期の芸能活動や小学校・中学校生活、起業に至るまでの活動について様々な角度から深掘りながら井上さんのビジョンを探っていきました!



▼クラウドファンディングページ

〜〜〜公開準備中〜〜〜

▼Twitter

https://twitter.com/konomiwtnb

▼Instagram

https://www.instagram.com/konomiwtnb/



(渡邉さんプロフィール)

2006年7月25日生。高校一年生(16歳)。

2011年、映画『八日目の蝉』に主人公の幼少期・薫役で出演し、子役としてデビュー。翌年、同映画での演技で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少の5歳で受賞した。主な出演作として、テレビドラマ『明日ママがいない』ボンビ役、連続テレビ小説『べっぴんさん』ヒロイン・坂東すみれ役幼少期、大河ドラマ『西郷どん』ヒロイン・岩山糸役幼少期など多数。

2019年にマレーシアへの単身留学を境に芸能活動を休業、日英中のトリリンガルとなる。帰国後は芸能活動を引退した。

そして現在、多世代にわたる起業家コミュニティ事業を青山で起業し、alchemi株式会社代表に16歳で就任。高校生起業家。

2011年、映画『八日目の蝉』で子役デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少の5歳で受賞。

その後中学進学と同時に芸能活動を休業し、マレーシアへ単身留学。帰国後芸能活動を引退し、現在、多世代にわたる起業家コミュニティ事業を青山で起業し、alchemi株式会社代表に16歳で就任した渡邉さん。



幼少期から培ってきた経験から目の前にあることを一生懸命やることで、最善の未来に近づけることを行動原則として持ちながら、自ら手がける事業作り、そして明日に希望が持てる日本の未来の創造を推進しています。

今回は幼少期の芸能活動や小学校・中学校生活、起業に至るまでの活動について様々な角度から深掘りながら井上さんのビジョンを探っていきました!



▼クラウドファンディングページ

〜〜〜公開準備中〜〜〜

▼Twitter

https://twitter.com/konomiwtnb

▼Instagram

https://www.instagram.com/konomiwtnb/



(渡邉さんプロフィール)

2006年7月25日生。高校一年生(16歳)。

2011年、映画『八日目の蝉』に主人公の幼少期・薫役で出演し、子役としてデビュー。翌年、同映画での演技で第35回日本アカデミー賞新人俳優賞を史上最年少の5歳で受賞した。主な出演作として、テレビドラマ『明日ママがいない』ボンビ役、連続テレビ小説『べっぴんさん』ヒロイン・坂東すみれ役幼少期、大河ドラマ『西郷どん』ヒロイン・岩山糸役幼少期など多数。

2019年にマレーシアへの単身留学を境に芸能活動を休業、日英中のトリリンガルとなる。帰国後は芸能活動を引退した。

そして現在、多世代にわたる起業家コミュニティ事業を青山で起業し、alchemi株式会社代表に16歳で就任。高校生起業家。

34 min