34エピソード

PLAZMAは、ビジネスにデータとテクノロジーを活用し、デジタルトランスフォーメーションを推進しているイノベーターのためのコミュニティメディアです。
PLAZMA is a community media that supports business transformation through digital technology and digital business models.
Powered by Arm Treasure Data

PLAZMA PLAZMA

    • ビジネス
    • 4.8、4件の評価

PLAZMAは、ビジネスにデータとテクノロジーを活用し、デジタルトランスフォーメーションを推進しているイノベーターのためのコミュニティメディアです。
PLAZMA is a community media that supports business transformation through digital technology and digital business models.
Powered by Arm Treasure Data

    PARTNERS07:組織はなぜ変化に抵抗するのか(ゲスト・大宮拓さん第2回)

    PARTNERS07:組織はなぜ変化に抵抗するのか(ゲスト・大宮拓さん第2回)

    組織は新しい取り組みに抵抗しがち/抵抗を受ける3つの理由/①目指す景色が伝わっていない/ピンとこない/直観的にイメージしにくいデータ活用/②メリットが理解されない/提案を聞き入れる準備はあるのか/③変化を嫌う/外圧が必然性を生む/「中期経営計画にDXと書かれたから」/担当者が評価される仕組みはあるか/行動は評価制度に規定される/非合理的抵抗/実績を出すことに勝る説得力はない/抵抗下で実績を出す3つのアプローチ/水面下で進める/闇研究/Googleの20%ルール/無料ツールから試していく/バズワードは思考停止ワード/トップダウンで治外法権をつくる/企画会議を通さず勝手に進める/ボトムアップとトップダウンの説明責任/途中経過を公開する/展示会やプレスリリースで既成事実化/効果的なインナーコミュニケーション手段/社外を使って社内を動かす


    PLAZMA PARTNERS 07 (2/2)
    Taku Omiya: Speee Inc.
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 16/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 32分
    PARTNERS06:企業がデジタルトランスフォーメーションに失敗する理由5選(ゲスト・大宮拓さん第1回)

    PARTNERS06:企業がデジタルトランスフォーメーションに失敗する理由5選(ゲスト・大宮拓さん第1回)

    デジタルマーケティングおよびデジタルトランスフォーメーションの推進をサポートし続けているSpeee株式会社。今回は株式会社Speee パーム事業部 事業責任者の大宮拓さんをお迎えし、これまでの経験からまとめられた「DXが失敗する理由5選」について詳しく伺います。聞き手であるArm Treasure Data若原の前職、働き方研究家時代の秘蔵ネタも飛び出し、前後編を通して社内調整に悩むDX担当者必聴の内容をお届けします。


    マーケティングにおけるデータ活用/DXがうまくいかない5つのポイント/①あいまいな目的/導入自体が目的に/一人歩きするキーワード/ふわっと始まるとふわっと終わってしまう/目的を整理し直す/想起とバズワード/②データ活用への過度な期待/課題はいきなり解決されない/職人芸にデータで勝つ/何年もかけて回すPDCA/アカウンタビリティ/社内を説得する方法/イノベーション疲れと社内コミュニケーション/③必要な体制がわからない/スキルセットの解像度/意識を変えるだけでは変わらない/採用すべき人材の条件/④データへの理解不足/構造化データ、非構造化データ/部署間の理解水準/「データ」という言葉の広さ/⑤推進者の不在/壁を突破していく人物が必要/担当者の思いや熱量/ジョブローテーションの功罪/ドキュメントの上手な残し方/誰も得しない「丸投げ」/正しい協業のあり方

    PLAZMA PARTNERS 06 (1/2)
    Taku Omiya: Speee Inc.
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 16/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 37分
    TALK27:魚たちの「パーソナライズ」もデータで実現できる?(ゲスト・山内將生さん第2回)

    TALK27:魚たちの「パーソナライズ」もデータで実現できる?(ゲスト・山内將生さん第2回)

    山内さんが語るすみだ水族館のエピソード。「居心地のよい場所」として水族館を捉え直し、生き物にとっての価値と来館者にとっての価値を再考していきます。水族館の意外な活用のしかたや、魚の行動をコントロールする秘密など、興味深いお話が満載。インタビュー後、若原はすみだ水族館の年間パスポートを買いました。

    「生活の場」としての水族館/暮らしのなかの学び/水族館でリモートワーク?/バーチャルバケーション/水族館で「働く」人/水族館体験のアップデート/飼育係と交流/給排水設備へのこだわり/水流で展示をデザイン/混雑に応じた魚量コントロール/水温、光、音/データ活用のターゲットは魚たち/生物を主語に/アルゼンチンの自然環境/ペンギンのための照明/プロジェクションマッピング/「野生に戻ったよう」/ペンギンの反応をデータ化/メタボ解消?/生き物にとっての最適解分析/社会課題への取り組み

    PLAZMA TALK 27 (2/2)
    Masao Yamaguchi: UDS Ltd.
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 15/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 25分
    TALK26:山内さんが思う「水族館のあり方」、教えてください!(ゲスト・山内將生さん第1回)

    TALK26:山内さんが思う「水族館のあり方」、教えてください!(ゲスト・山内將生さん第1回)

    今回のゲストはUDS株式会社 事業企画部 執行役員の山内將生さんは、すみだ水族館の元館長。水族館大国日本の最前線を穏やかな語り口で説明されます。誰しも知っている「気になっている」水族館の新しい魅力を開くトーク、聞き手はArm Treasure Dataの若原強です。

    水族館大国、日本/水族館の数は100以上/はじまりは上野動物園/研究とサーカス/ビルトイン型とテーマパーク型/10年サイクルのトレンド/景勝地から都心へ/「わざわざ」ではなく「ついでに」行く場所/年間パスポートで普段使い/並べられた椅子/魚は見ていない?/居心地のいい場所/水族館の再定義/クリエイターとのフラットな関係/音楽、アロマ、色温度/「飼育員もクリエイター」/ベルガモットの匂い/五感のセッション/「ペンギンのために歌う」/クリエイターとの共感形成/ペンギンのため、顧客のため/「特別ではない場所」

    PLAZMA TALK 26 (1/2)
    Masao Yamaguchi: UDS Ltd.
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 15/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 28分
    TALK25:教育におけるデータ活用の限界と可能性(ゲスト・杉森公一さん第3回)

    TALK25:教育におけるデータ活用の限界と可能性(ゲスト・杉森公一さん第3回)

    学びへの議論を経て、最後に杉森さんにお聞きするのはデータ活用について。データを活用することで、これからの教育現場にはどんな可能性が生まれるのでしょうか。ともすれば監視社会的に進みかねない状況のなかで、測定対象や分析はどう作用するのか。学び続けることの意義や、学びと働きのあいだの距離など、教育の現場にとどまらず、働き方や生き方への問いかけに満ちた対談、第3回です。

    教育情報分析、大学機関調査/「勘と経験と度胸」から、客観と確信へ/データには体温がない/超監視社会/授業中の生体データ?/何のためにデータを使うのか/人間のやるべき領域/データがないと空論になる/教育現場のデータ活用/フォーカスグループインタビュー/最適解をつくることは人間にしかできない/作りたいのは予測を覆すもの/大学卒業時の成績は中間的アウトカム/本当に知りたいのは20年後の未来/微分係数を最適化する/学びと成長の余白

    PLAZMA TALK 23 (3/3)
    Kimikazu Sugimori: Associate Professor, Kanazawa University
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 28/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/kanazawa-university-sugimori-03/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 18分
    TALK24:1.7万人の大学教員によって語られはじめた「学びの未来」(ゲスト・杉森公一さん第2回)

    TALK24:1.7万人の大学教員によって語られはじめた「学びの未来」(ゲスト・杉森公一さん第2回)

    数年前に杉森さんが行ったアクティブラーニング講義のエピソードを入り口に、教育のあり方と未来について深掘りしていきます。「セーターを編み直す」というメタファーを用いながら、これからの大学教育や生涯学習について語る杉森さん。穏やかな語り口の対話から、新しいアイディアが広がります。

    アクティブラーニング入門/聴覚障害と魔法のマイク/ダイバーシティとファシリテーション/反転すべきは自分たちのマインドセット/学び方改革/「ROBOT PROOF」/3つのリテラシー/1.7万人の大学教員が参加するFacebookコミュニティ/あらためて、対面の価値に気付く/コレクティブインパクト/大学制度の再編集は起こるか/relearnとunlearn/オンラインだけでは果たせない「知識反応」/リアルとのハイブリッド/境界が消えたときになにが起こるか/知識反応/大学は人材開発工場か/一貫教育・K12・K60/未来を生きる子どもたちが編み直す「セーター」/対話から生まれるアイディア

    PLAZMA TALK 24 (2/3)
    Kimikazu Sugimori: Associate Professor, Kanazawa University
    Tsuyoshi Wakahara: Evangelist, Arm Treasure Data
    Recording: 28/04/2020
    PLAZMA: https://plazma.red/kanazawa-university-sugimori-02/

    収録はオンラインにて行っています。一部背景に環境音が入っている箇所があります。ご了承ください。

    • 34分

カスタマーレビュー

4.8/5
4件の評価

4件の評価

ビジネスのトップPodcast